男の本音!お節介でありがた迷惑だと思う彼女の言動とは!

恋愛

人が何を考えているのわからないのは不安ですよね。

でも、他人の心の中を透かして見ることはできません。

自分自身も、本音を全てさらけ出して生きているわけではありません。

本音と建て前を上手く使い分けるのが、人間関係を上手く築くコツです。

ですが、せめて恋人同士は心の中をさらけ出して付き合いたいと思ってしまいますよね。

そうは言いつつ、やはり本音を全て見せてしまえば、上手くいかないこともあるのです。

ここでは、男性が彼女に対して思う「お節介」や「ありがた迷惑」についてまとめてみました。

スポンサーリンク

聞いて欲しいだけなのに相談だと思い込む

彼女に仕事のことなど愚痴らないように気を付けている男性もいます。

仕事とプライベートをしっかり区別した方が気分を切り替えられると考えるからでしょうね。

ですが、やはり人に愚痴や弱音を言いたくなる時もあります。

かっこ悪いから言いたくないと強がっていても、ほんとに心を許せる恋人には、時には甘えてしまうこともあるはずです。

彼女だからこそ、そういう部分も見せてしまうのかも知れません。

弱い部分を見せてくれるのを嬉しく感じる女性もいるので、あまり強がって弱音を見せないようにガマンする必要もないでしょう。

ですが、ただ聞いて欲しかっただけなのに、彼女が勝手に「私に相談してくれた」「私を頼ってくれた」と思い込みむのはありがた迷惑な結果になりがちです。

解決策をアドバイスされて、ありがたいと思う反面、自分で何とかしようとしているのに・・とありがた迷惑に感じることもあります。

困った時の相談のほとんどは、愚痴を聞いて欲しいだけが多いと思いませんか?

ほんとうに助言を求めているのか、聞いて欲しいだけなのか、早合点せずによく考えないといけませんね。

「そういう時には○○した方がいいわよ」とか「私があなたの立場なら○○する」というような具体的なアドバイスは、恋人には求めていないことがあります。

まずは、ただ聞きながら、彼が彼女に意見や助言を求めているのか考えてみてください。

すっかり話し終えた後に、スッキリした顔をしているのなら、それだけで十分なのでしょう。

スポンサーリンク

友達の性格などを分析する

彼が友達との付き合いを大切にする人であれば、友達のことをあれこれ言うのはイヤなものです。

あからさまに彼の友達を悪く言うのはもちろんダメですが、悪口ではなく、性格分析をするようなこともやめた方がよさそうですよ。

「○○君は個性的だけど協調性に欠けるところがあるね」
「○○さんはやさしい人だけど、自分の意見をはっきり言えないタイプかもね」

このように、悪気はないけど、性格を勝手に分析してしまうと、彼はいい気分にはならないでしょう。

彼が友達と上手く付き合っていけるように、第三者から見て伝えているだけのつもりかも知れませんが、余計なお世話だと思われる可能性が高いです。

とにかく世話をやきたがる

彼女と長く付き合っていると、恋人というよりも母親みたいに見えてしまい、気持ちが冷めてしまうケースがあります。

母性本能の強い女性は、彼から頼られると放ってはいけないし、世話を焼くことに幸せを感じます。

ですが、彼女はあくまでも恋人であって、母親ではありません。

母親みたいに世話を焼き、母親みたいに口うるさく言われたりするのはありがた迷惑です。

スポンサーリンク

家族とのかかわり方に口を出す

彼女としては、彼の家族は自分の未来の家族になる可能性を考えることもあるでしょう。

もしかしたら、未来のお姑さんになるかも知れないとか想像してしまうこともあると思います。

そういう想像をしてしまうと、つい彼の家族について口出ししたくなるのもわかります。

ですが、家族にしかわからないこともあるので、結婚する前から家族関係に口出すのはやめましょう。

そのお節介が二人の関係を冷えさせてしまうかも知れません。

心配性過ぎて不安をあおる

女性は将来のことを考えて、危ない橋は渡らない慎重派が多いので、男性の冒険心に水を差す傾向があります。

転職や起業しようとする彼に対して、失敗した時のことばかり心配してネガティブな意見しか言わないとか・・。

これは女性と男性のバランスの問題なので、暴走するタイプの男性には、ブレーキをかける存在も必要だと思います。

しかし、ほどほどにしないとウザがられます。

「転ばぬ先の杖」ということわざがありますが、不安をあおるようなことばかり言うのではなく、もしも失敗した時に傷が深くならないように支えてあげる存在になりましょう。

二人で行動するのが当たり前

彼と一緒に行動することが恋人として当たり前という価値観の女性がいます。

付き合い始めた頃は、いつもベッタリ一緒にいるのが幸せだと思ったかも知れませんが、それがずっと続くのは重く感じてしまう男性もいます。

「彼は寂しがり屋だから一人にさせられない」
「一緒にいると安心できるって言われたから」

彼が喜んでくれると思い込んで、できる限り二人で一緒に行動しようとしているのなら、少し距離を置く時間も必要だと思います。

四六時中ずっと恋人とベッタリしているのは、窮屈に感じる人がいるのですよ。

スポンサーリンク

彼の好みに寄せすぎる

大好きな彼氏の理想の女性に少しでも近づこうとして、好みの女性像に寄せすぎてしまうのも、男性にはありがた迷惑に感じる人もいます。

純粋に自分のために変わろうとする彼女を可愛いと思う反面で、付き合う男によってコロコロと変わることに違和感を持ってしまうからではないでしょうか。

自分をしっかり持っていない女性という印象を与えてしまいますし、自分のために変わっていく彼女を見るのは、重く感じてしまうのです。

彼の好みを聞いても、それをコピーするようなことはしなくてもいいと思います。

まとめ

彼女の立場からは、「彼のため」とか「彼が喜んでくれるはず」というつもりの言動が、まさかありがた迷惑になるとは思っていないはず。

ですが、やり過ぎてしまえばお節介女だと思われるので、自分の言動がエスカレートしていないか、考えてみる機会も必要ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました