結婚できないのはあなたの近くにいるあの人が原因かも?

結婚・再婚

結婚するチャンスは何度もあったはずなのに、なぜか具体的な話になるとそれ以上の進展がなく終わってしまう。

そんなことを繰り返しているうちに、婚活しても年齢の壁が邪魔するようになってしまった・・・。

もう結婚は諦めた方がいいのかと投げやりになってしまいそうになるのはわかります。

でも、なぜ結婚のチャンスをつかめなかったのか、その原因をしっかり掘り下げてみてください。

意外にも、あなたのすぐ近くにいる人物が邪魔しているのかも知れませんよ。

ここでは、結婚の障害になりやすい人物について解説します。

スポンサーリンク

あなたの親

子供の結婚を喜ぶ親ばかりではありません。
娘の結婚に反対する父親、息子の結婚に反対する母親は山ほどいます。

ですが、反対していても最終的には祝福してくれるものです。

ところが、娘の結婚話を壊してしまう母親がいるのですよ。

しかも、かなりの割合でそういう母親が存在しています。
ところが表向きは娘を早く結婚させたがる様子を見せるので、娘の立場でも母親が邪魔していると感じないままチャンスを逃しているケースも多いのです。

このタイプの母親は、婚活も積極的に応援したりするのですが、結婚相手の候補を見つけると重箱の隅をつつくように欠点を探します。

彼氏を紹介した時は反対しなかったのに、相手の親のことで文句をつけるようになったりするケースもあります。

全面的に反対する様子を見せないので、邪魔されている実感がわかないのでしょう。

なぜ娘の結婚を邪魔してしまうのか、母親本人にもその理由がわからないので解決するのは難しく、気が付いた時には高齢の母親を独身の娘が老々介護なんてことにもなりかねません。

母親としては、娘の幸せを願うあまり、完璧を求め過ぎてしまうのかも知れません。
だから少しの欠点も許せなくなってしまうのではないでしょうか。

娘との距離感が近ければ近いほど、このタイプの母親が多い傾向があります。

あなたの親友(同性)

女同士の友達は、恋愛や結婚を素直に祝福できなくて、彼氏ができたことが理由で友情にヒビが入るなんてこともあります。

でも、そんな友達はホントの友達ではありませんよね。

ここで問題になるのは、心から信頼できる親友の存在です。

親友なら幸せを願い、祝福してくれるに違いないと思いたいでしょうが、親友だからこそ障害になることがあるのです。

親と同じように、親友だから他の人が言い難いこともハッキリ言ってくれるので、結婚に反対することもあります。
ですが、そこまで踏み込まなくても無意識のうちに親友の結婚を邪魔しているかも知れないのです。

これは男同士の親友にはほとんど見られないことで、女性特有だと思います。

女性は変化を嫌がる傾向が強く、親友との関係性を壊されることに危機感を持ってしまうことがあります。

女友達が恋愛の邪魔になる理由についてはこちらでも

ほんとうに親友同士であれば、何年会わなくても、遠くに離れてしまっても、親友であることに変わりはないはずです。

頭ではそう理解していても、変化してしまうことへの恐れから、親友の結婚話のあら探しをしてしまうのです。

親友に彼氏を紹介すると、いつも何か悪い点を指摘してくれるから不幸な恋愛をしなくて助かっていると思っているのなら、それが結婚できない原因かも知れませんよ。

スポンサーリンク

あなたの過去の恋人たち

婚活しなくてもすんなり結婚できると思っていた頃は、恋愛も今ほど難しく考えなかったはずです。

恋愛と結婚がリアルに結びつくようになると、「好き」の種類が変わってくるのです。

結婚を真剣に考えられる相手と出会ったけれど、昔のように胸が熱くなるような恋心を持てない・・。

それでついためらってしまうのなら、過去の恋人の存在というよりも、過去の恋愛が邪魔しています。

人は経験を重ねれば、刺激として感じにくくなるのは当たり前のことです。

大人になるまでに経験した恋と結婚相手に対する気持ちを比較して、熱量で負けていると思ってしまえばいつまでも踏み出せるはずありません。

運命の人に出会えば、胸が焦げるほどの熱い気持ちが湧いてくるはず!という思い込みが結婚の障害になってしまいますよ。

あなたの周りにいる既婚者たち

すでに結婚している友人や知人は、あなたが結婚する様子を見せない時には盛んに結婚させようとした人もいると思います。

「はやく結婚した方がイイよ」
「結婚っていいものよ」

このような言葉を聞かされたこともあるのではないでしょうか。

ところが、ホントに結婚すると知られた後には、はじめは祝福してくれたのに、徐々に結婚の闇をあなたに吹き込もうとする既婚者が出てきます。

既婚者は、結婚の愚痴を話すくせに、人には結婚を勧めるのですから意味不明ですよね。
仲間を作りたいののかも知れません。
「結婚した方がイイって言ってたのは何だったんですか?」とハッキリ突っ込んでしまいましょう。

既婚者の意味の分からない言葉に振り回されないように、聞き流す程度にしておいてください。

スポンサーリンク

仲間だと思っていた男友達

女友達は仲間を失いたくなくて友達の結婚を邪魔することもありますし、ほんとに友達のことを考えて忠告する親友もいます。

でも、男友達は滅多にそういうことは言わないものです。

ところが、結婚が決まった途端にただの友達だと思っていた男性から告白されたり、結婚を止められたという経験のある既婚女性はたくさんいます。

これは、友達のフリをしてあなたのそばにいたかっただけで、恋愛感情を秘かに抱いていたからです。
結婚という事実を前に、慌てて行動したのでしょうね。

心が動くこともあるかも知れませんが、それで結婚を台無しにしても構わない思って失敗しないように注意しなければいけません。

あなたを必要とする仕事仲間

職場の上司や同僚、後輩などから、結婚の報告をした後に色々言われて心が揺れたという女性も数多くいます。

同じ女性の上司からは、どれほど男女平等になっても結婚した後に仕事を続けるのは女性には不利だと聞かされるかも知れません。

あなたがその職場で必要な存在であればあるほど、素直に祝福されない可能性があるのです。

結婚した後も同じように仕事を続けるつもりでも、それが許されない状況になることも考えられるので、つい邪魔したくなる人も現れると覚悟しておきましょう。

ですが、どんなに必要とされたとしても、仕事仲間があなたの人生を背負ってくれるわけでもないので、自分の気持ちを強く持ち続けるようにしてください。

まとめ

結婚できるチャンスが一度もなかっただけじゃないのに結婚できないのは、あなただけに理由があるとは思えません。
あなたが気が付いていない壁があるのではないでしょうか。

結婚への道に立ち塞がる壁を乗り越えるためには、結婚話が具体的に決まるまでは、親や親友にも秘密にするくらいの慎重さが必要だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました