脱・SNSしたら生活にゆとりが生まれてストレスがなくなった!!

悩み

いまどきは、新しい出会いがあると、男女問わず、年代も問わず、何らかのSNSを通じてその後のつながりを作ろうとします。

リアルでの出会いでもそうなのですから、ネット上で出会った人とはほとんどがSNSだけの付き合いしかしないこともあります。

以前はオンラインゲームやSNSで知り合った仲間同士がリアルで顔を会わせるオフ会を楽しみにしてSNSの出会いを広げる人も多かったのですが、今ではそれが当たり前のツールになっています。

逆に何のSNSも使っていないことの方が珍しがられますが、Facebook、Instagram、Twitterなど、全てのSNSをやめたことで、有意義な生活を取り戻すことができたと感じている人も徐々に増えているようです。

SNSをやめようと思ったきっかけと、やめて困ったことがないのか、経験者の声を集めてみました。

スポンサーリンク

子供の入園をきっかけにSNSをやめた

ママになると独身の時みたいに友達と会う時間も少ないから、SNSを通じてみんなの近況を知ることができるのは良いと思っていたけど、独身の友達の自由な生活を見せられると、とても複雑な気持ちになる。

だったら見なきゃいいのに・・とわかっていても気になってしまう自分がイヤだった。

そんなことを考えている時に子供の入園の時期が迫ってきて、同じ幼稚園のママたちとのママ友付き合いのことを考えてSNSを思い切ってやめることにしました。

とくにLINEをしていると、グループに強制的に入らされてトラブルになると嫌なので、やっていなければ入ることもないので。

幸い、ガラケーとスマホを使っているから、人前ではガラケーを使ってカモフラージュしています。

「どうしてやらないの?」と聞かれても、「そういうの苦手だから」とのらりくらりと逃げていたら何も言われなくなりました。

ママ友トラブルの愚痴とか聞かされることもないし、独身の友達のキラキラした生活を見せられてイライラすることもないので、すっきりしました。

スポンサーリンク

転職をきっかけにSNSをやめた

職場ではLINEを使って連絡することが多くなったので、ほんとは嫌だったけど職場のグループLINEに入っていました。

24時間縛られているみたいで、とてもストレスに感じていました。

転職することになった時、次の職場ではプライべートを守ることに徹底したいと思っていたので、電話番号以外は一切教えないことにしました。

前の職場の人とのつながりもLINEでつながるのは嫌だったので、転職を境にしてスマホの番号も変えました。

心機一転するタイミングで、ウザいことは切った方が良いですね。

新しい連絡先を教えても良い人を選抜するのが少し難しいけど、一年以上連絡していない人はデータから消去してアナログのアドレス帳に書き写すようにしています。

結婚をきっかけにSNSをやめた

私が主人と知り合ったのは、mixiでした。
今みたいに色んなSNSがなかったころで、未成年がいなくて、招待制だったので、何となく安心して人と絡めました。

そこで知り合った人と遠距離恋愛して、3年の交際をして結婚しました。

主人との交際期間をmixiの日記で友達に報告したりしていたので、祝福されて結婚した時はずっと続けるつもりでした。

でも、結婚後に主人がハマったネトゲで知り合った女の子と他のSNSで交流しているのを知ってしまったので、その時からmixiも含めて全てのSNSを退会しました。

私がやめれば主人もやめてくれるだろうと甘い期待をしていました。
やめませんでしたけどね。
でも、主人がどんな人と交流しているのか、こっそりチェックするようなこともできなくなったので、やめてよかったです。

どんなの縛ろうとしても、今の時代は無理です。
気になって嫉妬して、モヤモヤとした毎日を送るくらいならやらない方が良いです。

SNSをやめてから、ヨガ教室やスイミングなどに通うようになって、リアルな友達が増えたのでやめて正解だと思ってます。

スポンサーリンク

失恋をきっかけにSNSをやめた

SNSを一日何度もチェックしてしまうのは、元カレの行動を知りたいからです。

別れる時に他に好きな人ができたわけじゃないと言われたけど、どうしても信用できなくてその後のことが気になって仕方なかったのです。

でも、いくら気にしていても、他の人と付き合っていることを確かめたとしても、もう戻ることはないのなら時間の無駄だと気持ちを断ち切ることにして、SNSを一度全てやめることを決めました。

決めてしまうと気分は清々しくて、余計なことにクヨクヨ悩む時間がなくなったのでプラスに働いたと実感します。

そのおかげなのか、元カレと別れて1か月もしないうちに新しい彼氏ができました。

まとめ

SNSにしがみついて生活している人はほとんどが自慢話の応酬でしょう。

見栄を張るために無理して生活するのもバカバカしいことです。

SNSが全て悪いわけじゃないけど、生活の中でSNSが大半を占めているのは、SNSに操られていると思います。

自慢話を見せつけ合うためなら、一度きれいにやめてみるのも一つのアイデアです。

精神衛生上、悪影響を及ぼしているなら今すぐにでもやめてみましょう。

脱・SNSを実行した人には、色んなきっかけや理由がありますが、SNSをしていないと生きていけないなんて錯覚をするほど依存する前に、気が付いて良かったのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました