遠距離恋愛を終わらせるには!自然消滅が傷つかないベストな方法?

恋愛

遠距離恋愛の始まり方には2つのパターンがあります。

1つはもともとは近くにいた恋人が、進学や就職などで遠くに離れてしまい、遠距離恋愛になってしまうパターン。

そして2つ目は、インターネット上などで遠く離れたところにいる人と知り合って遠距離恋愛いなるパターンです。

始まり方には違いはありますが、遠距離恋愛の切なさや不安は共通していると思います。

そもそも、遠くに離れていて、なかなか会えない相手と恋愛するのは、強い気持ちがなければ成立しませんよね。

会えなくても、離れていても好きだから、切ない遠距離恋愛を始めたのでしょう。

しかし遠距離恋愛はやはり長続きさせるのは簡単なことではなく、半年、1年以上続くカップルは少ないのです。

短い交際期間の遠距離恋愛なら、メールや電話で別れを告げて終わらせることもできますが、何年も長く続いた遠距離恋愛の終わらせ方はどうでしょう。

後悔しないために、遠距離恋愛の終わらせ方について考えてみました。

スポンサーリンク

連絡少なくなっているケース

遠距離恋愛は、電話、LINE、Skype、メールなど、会えない代わりに様々なツールを使ってこまめな連絡をしないと不安な気持ちが大きくなります。

長く遠距離恋愛を続けていると、お互いに慣れてきて頻繁な連絡も減ってくるかも知れませんが、それでも近くにいて数日ごとに会える恋人同士ではないので連絡は大切な愛情表現です。

ですが、彼からの連絡が少なくなってきて、こちらから連絡しなければ1週間以上もコンタクトがないというような状態ではどうでしょう。

愛情もかなり冷めてしまった状態です。

長い遠距離恋愛の終わらせ方として、そのまま放置ではけじめがつかないし、気持ちの整理もつきません。

とはいえ、たぶんお互いに気持ちが冷めていると感じる状態なのに、わざわざ会いに行ってまで別れ話をするべきなのか・・。

その点は迷いますよね。

海外にいる相手だとか、国内でもよほそ遠方にいるわけじゃないのなら、できる限り顔を合わせて別れ話をするのがベストです。

「話したいことがあるから、会いに行く」と伝えて、その時点で相手が察してくれれば電話で伝えても良いと思いますが、相手がただ遠距離恋愛に慣れてしまって連絡をサボっていただけだとしたら、こちらの気持ちの変化には気が付いていないこともあります。

顔を見て話して、終わりを告げることが、最後のマナーだと思います。

スポンサーリンク

ほかに好きな人ができたケース

遠距離恋愛にはよくあることですが、近くにいる人のことを好きになってしまい、遠距離恋愛が終わるケースです。

もしも自分の気持ちが他の人に移ってしまった場合は、その事実を伝えることで、遠距離恋愛を終わらせるのが基本だと思います。

他に好きな人ができた理由として、近くにいる人のことを好きになったというのなら、それはどうしようもないことです。

「裏切られた」とか「嘘つきだ」とか責められるかも知れません。
でも、事実を隠して別れ話をしても、相手が納得できないと別れられなくなってしまいます。

傷つけることは避けたいという気持ちが、逆に相手の気持ちを宙ぶらりん状態にしてしまう恐れがあります。

ショックを受けても、その傷を癒やして次の恋愛に早く踏み出せるように、事実を伝えることが大切だと思います。

終わりが見えないことに疲れたケース

何年も遠距離恋愛を続けていると、このままの関係がいつまで続くのか不安になってしまいます。

お互いに結婚願望もなく、一緒に暮らす気持ちもなく、遠距離のまま自由な交際を続けることが理想ならそれもいいでしょう。

でも、結婚して子供も欲しいと考えているのなら、タイムリミットがあります。

彼氏がいつまでもダラダラとしているのなら、思い切って別れることも考えることもあるでしょう。

そのケースでは、直接会って気持ちを伝えましょう。

「このまま遠距離恋愛していても終わりがないなら、私はもう次のステップに進みたい」

「家庭を一緒に作れる人と恋愛したいから、そろそろ別れて欲しい」とハッキリ伝えるのです。

それで彼の気持ちがどっちに転ぶかはわかりません。

でも、このまま終わりのない遠距離恋愛を続けることに疲れたのなら、終わりのタイミングは自分で作るしかないでしょう。

スポンサーリンク

避けたい終わらせ方とは

遠距離恋愛の終わらせ方の悪い例を体験談を参考にまとめてみました。

フェードアウト

わざわざ辛い別れ話をしなくても、音信不通にしてしまえば遠距離だし・・会うこともないし。

フェードアウトする別れ方は、トラブルのもとになります。

連絡がなくても、何か事情があるのだろうと待ち続けている人もいるからです。

勝手に音信不通にして自然消滅で終わりにしたつもりで、新しい恋人を作ったりすると、後から大問題になってしまうことも。

数か月の音信不通で終らせたと思っていた相手が、ストーカーになってしまったということも聞きます。

別れ話を切り出すのは、たしかに気分は重くなりますが、音信不通にして逃げるのはやめましょう。

相手のせいにする

自分の気持ちが冷めて別れたいのに、相手に原因があるような別れ話をするのはダメです。

自分の気持ちがどうして冷めてしまったのか、別れたくなった理由をきちんと伝えなければ、相手の気持ちの整理がつかないままになってしまいます。

責められて、怒りや憎しみの感情が強く残れば、恨まれてしまうこともあるからです。

遠距離を理由にする

別れる理由が本当に遠距離というだけで、近くにいられたらまだ付き合い続けたいのならそのまま正直に伝えても構いません。

ですが、ほんとうは他に好きな人ができたとか、もう気持ちが冷めてしまったのに、遠くに離れていることだけが原因ののように伝えるのは誤解を生みます。

だったら、近くに住めば別れなくてもイイでしょ!と言われて困るのなら、遠距離を理由にするのはやめた方が良いでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

遠距離恋愛の終わらせ方は、あまり姑息なことを考えずに、正直な気持ちを伝えることが大切です。

別れることになっても、一度は本気で好きになった人なら、最後は感謝の気持ちを持って別れられるのがベストです。

憎しみ合わないように、辛くても逃げないことが良い終わらせ方ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました