復縁を望んでも無理だと諦めるまでの期間はどのくらい必要?

恋愛

未練を残して別れた人は、すぐに新しい恋を探し始めることなんて簡単にできませんよね。

本心では復縁を望んでいるけれど、復縁できるかどうかなんてわかりません。

復縁への努力を続けながら、並行して新しい恋を探すこともできますが、復縁への望みを捨てきれないと、新しい恋に全力で向かっていくことができない人もいるでしょう。

復縁への望みをきれいサッパリ諦めるまでには、どのくらいの期間が必要なのかまとめてみました。

別れてからずっと諦められずに、復縁を願い続けているのなら、潮時を見極めるポイントとして参考にしてみませんか?

無理に諦める必要はないので、あくまでも参考程度として考えてみてください。

スポンサーリンク

復縁を諦めるまでに必要な期間

別れて間もなくすぐに復縁するのは、腐れ縁カップルによくあるパターンです。

ケンカするたびにどちらかが売り言葉に買い言葉で「別れる」と口走ってしまい、離れたりくっついたりを繰り返すのです。

こういうパターンじゃないのなら、復縁までに時間をかけなければ上手くいきません。

別れた直後に連絡したり、「会って欲しい」と懇願すれば、相手はどんどん遠く離れようとします。

二人が復縁後に幸せになるためには、最短でも半年以上の時間を空ける必要があります。

半年未満で復縁しても、また同じことを繰り返す可能性が高いからです。

しかも、その半年は一切の連絡をとらずに音信不通状態にしなければ意味がありません。

半年間の音信不通状態から、徐々に連絡を取り合う関係となり、復縁を視野に入れるようになるためには、別れてから1年~2年ほどの期間は必要です。

人生は無限に続くわけじゃありませんから、2年以上もずっと復縁のために努力し続けるのはおすすめできません。

2年経った時に別れた恋人と再会できていないのなら、諦めるべきでしょう。

諦めた後に偶然の再会があったのなら、それはまた新しい恋が始まる時だと思えば良いのです。

スポンサーリンク

交際期間の長さがカギとなる

復縁を諦めるまでの期間は、交際期間の長さも関係します。

例えば交際数週間~半年未満のカップルが別れた場合は、復縁を望まない方が良いです。

半年未満の交際では、相手のことをよく知ることもできません。

恋愛感情が盛り上がり、短い期間でも濃密な交際をしたような印象を残したとしても、相手のことを理解するよりも自分の恋心の方が盛り上がった記憶が強く残ります。

その盛り上がりを求めて復縁したいと思っているだけです。
そんなの短い交際期間でも別れてしまったのは、長く付き合えない原因が双方にあるはずです。

その原因を理解して、同じ過ちを繰り返さないように努力するのは難しいのではないでしょうか。

数か月程度の短い交際期間で別れた二人がもう一度付き合うのは、復縁という認識を持たずに、初めて出会った二人が付き合う気持ちになった方が上手くいくはずです。

そのためには、やはり復縁までに最短でも半年~1年は時間を空ける必要があると思います。

復縁を早く諦めるためのポイント

まだ愛情があるからこそ復縁を望むわけですが、復縁は自分だけの気持ちで叶うことではありません。

相手の気持ちが復縁に向かないのなら、諦めるしかありません。

できることなら、早く諦めた方が自分自身もラクになれますよね。

復縁を早く諦めるためには、別れた恋人との音信不通期間に新しい恋人探しのための出会いの機会をどんどん増やすことです。

復縁できるかどうかもわからないのに、ひたすら別れた恋人のことを考え続けるのは重すぎます。

その重さは、音信不通から元恋人と連絡できるようになった時に相手を引かせる原因になってしまいます。

真面目に考え過ぎず、新しい恋を探しても誰にも責められるわけじゃないのです。

復縁を望むのは心の中だけにして、フリーになった自分を思い切り解放すれば早く諦められるはずですよ。

復縁をいつまでも諦められない原因

何年も復縁を諦められない人は、執念深いわけではありません。

ただ、新しいことが苦手なタイプではないでしょうか。

恋愛だけじゃなく、慣れ親しんだことから新しいことに変わるのが苦手な人は復縁をなかなか諦められません。

復縁を諦められない原因をしっかり突き止めてください。

ほんとうに別れた恋人と復縁したいのか、それとも新しい恋をするのが怖いだけなのか考えてみましょう。

新しい恋をして、また傷つくのが怖いというのは誰でも少なからずあります。

ですが、復縁してもまた傷つく可能性もあるのですから、踏ん切りをつけましょう。

スポンサーリンク

変化が怖い人へのアドバイス

別れを埋め止められない原因として、女性に多いのは「変化を怖がる」ことです。

新しいことに対して恐怖心を感じやすいので、【別れ=新たな恋】が怖くなるので、慣れ親しんだ恋人との別れを受け入れず、復縁を望むのです。

慣れていないことを新たに始めると、その経験が過去の記憶を上書きするような気がするのが怖いのではないでしょうか。

別れた恋人との出来事の記憶が消えるわけじゃないのに、それが怖く感じるので新しい恋を探すのもしり込みしてしまうのかも知れません。

恋愛だけじゃなく、日々生きていれば新しい経験が増えていくものです。
慣れ親しんだ日々よりも楽しい出来事に出会える可能性があるのに、そのチャンスを逃してしまうのは勿体ないことです。

変化を怖がらずに、新しい経験を重ねて人間としての厚みを増すことを考えてみてくださいね。

別れた元カノに未練があっても復縁を考えない男性もいるので、望みを持ち続けても無理なケースもあるので、人生の大切な時間をムダにしないようにしましょう。

まとめ

復縁を望んでも叶えられないかも知れません。

それでも復縁を望むのなら、焦らずに時間をかけてながらも、新しい恋も同時進行で探していきましょう。

復縁だけしか見えなくなると、執着心になってしまうので気持ちを分散できるようにしてくださいね。

関連記事:なぜあなたは復縁できないのか!その原因がわかれば道は開ける?

コメント

タイトルとURLをコピーしました