復縁したいなら今すぐにやめるべきこと!

恋愛

別れを受け入れたとしても、どうしても彼のことが忘れられないし、彼以外の人を好きになれるなんて考えられないほど強い未練を残していれば、復縁したいと思いますよね。

復縁するために、別れた後も色んな方法で彼の気持ちを自分に向けようとして頑張ってしまうのもわかります。

ですが、その復縁のための頑張りが逆効果になってしまうこともあるのです。

今回は、復縁するために今すぐにやめるべきことをご紹介します。

スポンサーリンク

復縁するために必要なのは沈黙

別れた後も彼に連絡していないと、自分の存在を忘れらてしまいそうで怖くなってしまうのはわかります。

ですが、未練を残している側から連絡しようとするのは、相手をどんどん遠ざけてしまいます。

復縁を成功させたいのなら、絶対に連絡してはいけないのです。

沈黙という手段が、復縁を引き寄せる最強の方法です。

復縁のための沈黙とは

復縁のために元カレと一切の連絡を絶つ沈黙は、中途半端な状態では効果がありません。

もしも元カレが同じ学校や職場で、別れた後も顔を会わせることがある場合は、この方法は使えません。

別の方法で復縁を引き寄せる必要があります。

別れた後に元カレと会う機会を自分から作らなければ、もう二度と会うこともなくなるかも知れない・・・。
そのようなケースでは、沈黙はとても効果を発揮します。

沈黙の具体的な方法

復縁するためにあえて沈黙という手段をとる場合は、自分の存在を確認できないほどの徹底した沈黙をつくることがポイントです。

極端な表現をすれば、生存確認すらできないほどの沈黙です。

メールアドレスを変える必要はありませんが、メールが届いても返信は絶対にしません。

電話の着信があっても、かけ直すこともしません。

LINEなどのツールでメッセージが届いても、既読にならないようにします。

twitterなどのSNSのメッセージやコメントにも返事はしませんし、SNSの更新もやめましょう。

相手のSNSに対して「いいね」もしないで、まったく反応しないようにします。

共通の友達や知人がいて、その人を介して近況が伝わるのを止めるのは難しいでしょうが、別れた二人のことを知っていれば、元カレから聞き出そうとしなければ、気を使ってわざわざ別れた彼女の近況を伝えることもないでしょう。

ここまで徹底した沈黙状態を最低でも半年間続けることで、復縁の可能性が高くなるはずです。

スポンサーリンク

沈黙することで得られること

復縁のための沈黙の期間の目安を半年としているのは、復縁を成功させるだけじゃなく、復縁後の二人が幸せになるためです。

半年間の沈黙によって、どのようなメリットがあるのか見てみましょう。

悪い印象が薄れる

半年間、まったく連絡しない時間を過ごすと、別れる前に感じていた悪いイメージが薄れて、良い記憶の方が強く残る可能性があります。

別れた後も度々メールしたりしていると、その度に嫌な出来事を思い出してしまい、別れた後もさらに気持ちが離れていきます。

悪い記憶がゼロになることはないとしても、過去のこととして整理できるくらいになるためには、半年の時間は必要なのです。

身近な存在ではなくなる

いつも近くにいた彼女の存在を半年間まったく感じなかったことで、いい意味で遠い存在になります。

いつでも手に入ると思っていた存在が、遠くに離れたことで「もう一度手に入れたい」と思わせて、復縁への気持ちが高まる可能性があるのです。

交際によるリスクが軽く感じる

恋人同士が別れる原因は、ただ愛情が冷めるという理由だけじゃない場合もあります。

彼女が結婚を望んだのに、彼がまだ結婚したくないとか、またはその逆の場合もあるでしょう。

転勤や進学、転職などの事情で距離が離れることが理由の場合もあるので、愛情が冷めていないケースもあるのです。

そういう場合、半年間の沈黙はお互いへの気持ちを見つめ直すのにとても良い時間になるはずです。

別れを決意した原因が解消したり、その原因となった障害を乗り越える方法を考えたりできます。

別れを選択したことを間違いだったと気がつくためにも、半年間の沈黙が必要だと思います。

スポンサーリンク

沈黙を破るタイミングとは

復縁を望んでいるあなたは、別れを切り出した側ではないはずですよね。

復縁のための沈黙を破り、またコンタクトを取り合うようになる関係を始めるのは、別れを切り出した側であるのが基本です。

半年の間に、元カレから何度か連絡があったのなら、沈黙を終えて返事をしても良い頃です。

ですが、最初はあくまでも「何の用だった?」というニュアンスです。

「元気にしているかなと思って」という感じであれば、「元気だよ。気にしてくれてありがとう」という短い文章だけ返して何度もやり取りが続かないようにします。

質問で終わればやり取りが終わらないので、質問はしません。

少なくとも2回は元カレからの連絡に対して、スルーするくらいの対応が理想的です。

具体的に元カレが会いたがっても、すぐに会うのではなく、2回断って1回会うくらいの頻度にしてください。

簡単に元通りになると思われないようにすることが復縁後の幸せにつながるでしょう。

まとめ

最悪の別れ方をしてしまえば、復縁なんて絶対に無理だと思ってしまいます。

ですが、沈黙と時間が最悪の別れ方の記憶を薄くできる可能性もあるのです。

ホントに復縁を望むのなら、連絡するのをやめて元カレに対して沈黙を守ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました