怪しい!でも不倫の証拠がつかめない!バレないためのルールを見破れ!

結婚・再婚

何だか怪しい・・。

パートナーの様子に違和感を持つようになり、不倫をしているのではないか?と怪しんでいるけど、色々探ってみても全く尻尾を出さない。

そんな時は、逆転の発想で、バレずに不倫をしている人に聞いてみるのが一番です。

バレないようにどんな工夫をしているのか、それは経験者じゃないとわからないこともあるからです。

不倫をバレずに続けている人から聞いた方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

LINEやメールは使わない

浮気や不倫がバレるのは、携帯電話やスマホが普及するようになってから急激に増えました。

携帯電話やスマホの普及で男女の出会いの機会が多くなり、それが不倫を助長しているという人もいますが、浮気や不倫をする人は、どんな時代にもいたはずです。

バレるのはほとんどがスマホからなので、絶対にバレないためには、スマホのキャリアメールやLINEを使わないようにすると、かなりバレにくくなります。

どんなに気をつけていても、メールを削除し忘れたり、LINEのやり取りを見られればバレるのも時間の問題です。

連絡方法を限定する

不倫相手との連絡方法にかなり神経を使っている人の対策に、フリーのメールのドラフト機能(下書き保存)を使っていると聞きました。

YahooメールやGメールのフリーアドレスを作成して、不倫相手とアカウントを共有しておきます。

そして伝えたいことをドラフト機能を使って保存しておきます。

お互いに1日に1度はチェックするようにして、読み終わったメールは削除します。
削除されていれば、相手がメールを読んだことがわかります。

そして読み終わった後、メールを作成した後は必ずログアウトしておきます。

この方法なら通知も来ないし、ログアウトしているのでアカウントの中には入られません。

もしも怪しまれた場合は、通常の目的で使っているアカウントで確認させればバレないわけです。

このような方法で不倫相手と連絡をしていると、なかなか尻尾を掴むことができないので、尾行したり、探偵に依頼するしかないかも知れません。

スポンサーリンク

SNSの相互フォローはしない

twitterやFacebook、InstagramなどのSNSのフォロワーの中に不倫相手がいるのはよくあることです。

他のフォロワーと同じように接していると、フォロワー数が多ければ見つけるのは難しいかも知れません。

ですが、他の人のコメントにヤキモチ妬いたりして、ちょっと自分の存在を強くアピールするような人が見つかれば、かなり怪しいです。

そのフォロワーのことを調べるために、偽アカウントを作って近づいてみると正体を突き止められるかも知れません。

LINEやメールは怪しまれるから避けていても、SNSなら大丈夫だと油断していてバレることもあります。

デート時の決済方法は現金のみ

不倫相手とのデートの時にカード決済をしたりするのはバレるので、現金しか使わないようにしている人も多いです。

レシートもその場で捨てるように注意していると、お金の使い方で突き止めるのは難しくなります。

カードを持っていてもほとんど使っていないのなら、決済時に銀行から引き落としされるデビットカードを現金代わりにするようにしてみましょう。

デビットカードを持たせる代わりに、自由に使える現金は最低限にします。
現金で支払ってばかりだと限界がきて、デビットカードを使うことがあれば、尻尾を掴むきっかけが見つかるかも知れません。

泊りや旅行はしない

不倫相手が独身の場合は、帰宅時間がついつい遅くなって、朝帰りしてしまったりすると怪しまれます。

帰宅時間が遅くならないように時間には厳しいルールを作っている不倫カップルも多いです。

ただ、このように不倫相手と会う時には注意していても、同僚と飲んでいるとか、友達との飲み会の時はもしも電話かけられても大丈夫だからと油断して、ついつい遅くなりすぎることがあります。

不倫相手とのデートにガマンしているから、その他の機会に羽目を外してしまうのです。

お互いに既婚者で自由に会える機会がとても少ない不倫カップルは、何か月も作戦を練って旅行を計画することもあります。

絶対にバレないためには、いつもと同じ行動をすることが重要なので、行動パターンにムラが出てきたら証拠を掴める可能性があります。

スポンサーリンク

不倫について口外しない

不倫がバレないように、注意していたのに、なぜバレた?

スマホや領収書などの物的証拠を残さないように、細心の注意を払ってきたのにバレたケースでは、第三者からバレることがほとんどです。

これは職場の不倫、共通の知人がいる場合の不倫に多いのですが、当人以外に不倫の事実を知っている人がいるのはかなり危険なのです。

人の口は想像以上に軽いものです。

相談した相手がいつ裏切るかわかりません。

絶対に人には話さないように注意していると第三者からバレることはありません。

このような場合は、不倫関係が長く続くことがあるので、その間にケンカしたり、別れ話が出たりすると、つい誰かに相談したくなって、そこからバレることもあります。

怪しい行動をしていたら、とりあえず周囲の人に探りを入れてみると、そこから崩れる可能性があります。

パートナーの友達や同僚と親しく話ができる人間関係があるのなら、探ってみてもいいと思います。

まとめ

不倫がバレないように、そんなことまでしているの?と驚いた人もいるでしょう。

でも、絶対にバレないと思っていても、思いがけないことがきっかけでバレることはあります。

不倫の証拠として法的に有効なものを掴むのは簡単じゃありません。

でも、不倫の事実を確かめるだけなら、バレないための工夫を逆手にとってみるとあっさりバレることがあります。

それに、不倫は精神的な負担や不満が蓄積されることがあるので、そんなに長く続けられるのは珍しいケースだと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました