元気がない様子の彼にはどう接すれば?彼女にして欲しい癒しとは?

恋愛

彼がいつもより口数が少ないとか、笑顔を見せないなど、元気のない様子を見せられれば、心配になりますよね。

そんな時にどう接してあげればいいのか、そして彼を癒してあげられるにはどうしたら良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

ただそばにいてあげるだけで癒されるなら、それが一番なのですが、そんなに簡単じゃないから迷うのですよね。

彼のタイプによっては、良かれと思ってしたことが逆効果になってしまうかも知れません。

今回は、男性が落ち込んでいる時などの彼女にして欲しい癒しの方法を集めてみました。

スポンサーリンク

癒されたい時と癒しの方法

癒されたいと思う時にどんな癒し方をされたいのか、男性のタイプ別で分けてみました。

明るくてムードメーカーな彼

いつも明るくて、周りの人たちを楽しませるムードメーカーの彼が元気がなければ、かなり心配になりますよね。

いつも元気なイメージが強いだけに、その反動は大きいと思います。

ですが、明るくてムードメーカーだと思っているのは周りだけで、本人はそうでもないのかも知れません。

どんなに元気で明るい人でも、落ち込むこともあるし、悩んでしまうこともあります。

ただ、いつもの様子のギャップがあるので、余計に目立ってしまうだけなのではないでしょうか。

そういう時に「どうしたの?いつもは元気で明るいのに」なんて言われるのはプレッシャーに感じてしまうと思います。

プレッシャーから「いつでも元気にはしゃいでいるなんてバカにしているのか?」と怒らせてしまう危険もあります。

ムードメーカーだと周りから思われている彼氏の元気がない時には、言葉で励ますよりも、さりげない接し方で気遣う方が効果があります。

というのも、ムードメーカーだと思われがちな男性は、周りの人たちの様子に敏感です。

周りに元気のない人がいると、笑わせようとしてしまうタイプだからムードメーカーだと思われるのです。

だからこそ、言葉で励ますよりもさりげない接し方だけでも十分に通じます。

彼の好きな飲み物を黙って置いて、何も言わずにただ黙って近くにいてあげるだけでも、彼の心は落ち着くでしょう。

熱くて体育会系の彼

熱血で体育会系の男性は、落ち込む時もわかりやすく落ち込みます。

青菜に塩をかけたように、しおれてしまうので、そばにいる人は戸惑うと思います。

体育会系の男性は、まわりくどい言葉やさりげない無言の心配りよりも、ストレートに言葉で励ます方が良いでしょう。

「頑張り過ぎたんだね。少しゆっくりして、エネルギーチャージしよう」と焦らせずに言葉をかけてあげましょう。

そして、体育会系の男性にはハグや背中をさすってあげるなどのスキンシップも良いと思います。

わかりやすく、ストレートな表現で励ましてあげた方が、素直に受け入れてくれるでしょう。

穏やかで落ち着いている彼

いつも穏やかで感情の起伏をあまり見せないタイプの男性は、落ち込んでいる様子がわかりにくいと思います。
感情を表に出さないのでわかりにくいのもありますが、気分の気持ちを抑えてしまうからです。

悩んでいるとか、落ち込んでいても、それを周りに気付かれないようにするタイプなので、そばにいる人もわからないことがあります。

なので、穏やかで落ち着いているタイプの男性の様子が変だな・・って思うのは、かなり参っていると思います。

ですが、わかりやすく励まされると、無理に笑顔を作って心配かけないようにしてしまうので、励まそうとしていることがわからないようにしなければいけません。

彼の気持ちを聞き出そうとしたりするのではなく、あなたはいつも通りに接します。

自分の身近にあったことや、ドラマや映画の話など、どうでもいい話でもいいので、彼が心の扉を閉ざさないように声をかけてください。

彼は自分のことを心配してくれる人が近くにいるだけで、とても助かるはずですよ。

スポンサーリンク

共通していること

彼が元気がないと、そばにいる人は心配になるのは当然だと思います。

ですが、男性は悩み事などを自己解決しようとすることが多いので、悩んでいる時には恋人と距離をとろうとするかも知れません。

そういう時には彼のタイプに関わらず、少しそっとしておいてあげた方がいいでしょう。

彼が落ち込んだ様子を見せながらも、あなたのそばにいるのなら、支えや励ましを求めているサインだと思ってください。

押しつけがましくならないように、やさしさで包み込む気持ちで接することを心がけてくださいね。

まとめ

彼がいつもよりも元気がない時に、自分はどうすればいいのか迷った時には、いつもの彼の様子を思い出してみてください。

彼が無理していたのではないか、あなたに心配かけないようにしていたのではないか。

もしもあなたが気がついていないだけで、彼は悩んでいたのかも知れません。

甘えさせてくれる彼でも、落ち込む時があるのだと気が付くいいきっかけだったと思います。

これからは、お互いに支え合えるようになる転機になったのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました