熟年婚活から遠距離恋愛になる時の問題とは?熟年遠距離恋愛のコツ!

結婚・再婚

高齢化社会により熟年世代でも元気に婚活する方も増えていますね。

離婚率の増加により、独居熟年になると寂しさや老後の不安を感じて、熟年婚活が盛んになっています。

熟年婚活もSNSを活用する人も増えているので、遠距離恋愛になることもあるんですよね。

熟年婚活をする上で、遠距離恋愛を想定しないなかった場合は、最初は戸惑うことも多いのではないでしょうか。

熟年世代の遠距離恋愛についてまとめています。

スポンサーリンク

熟年向け婚活サイトやお見合いパーティー

熟年向けの婚活サイトもありますし、熟年だけが参加できるお見合いパーティーもあります。

熟年の定義はそれぞれ違うのですが、50代以上、60代以上などの区切りがあるようです。

若い世代の婚活は、出会っていきなり結婚を前提とする交際というわけではないですが、熟年婚活は結婚への期間が短い傾向があるようです。

熟年世代は結婚経験のある人も多く、結婚という目的があって婚活しているので、交際期間がダラダラと長引くことは想定していない人が多いからでしょう。

しかし婚活で知り合った相手が遠方に住んでいる場合は、会う回数も限られてしまうので、結婚まで至るかどうか難しくなってしまうようです。

若い人たちも遠距離恋愛は長続きさせるのが難しいと悩んでいる人が多いので、これに関しては熟年も同じなのですね。

スポンサーリンク

遠距離恋愛に起こる問題

熟年世代になってからの婚活で遠距離恋愛になった場合、考えておきたい問題がいくつかあります。

健康のこと

熟年の婚活は健康問題は大きなチェックポイントになります。

結婚してすぐに病気になったりしたら・・と想像してしまうと、やはり健康な人と出会いたいと思うのが正直なところです。

一緒に過ごしてきた時間があり、お互いに支え合うことができるようになるまでどのくらいの時間が必要なのかわかりませんが、出会った時から身体に問題があるのは自信がなくなってしまいます。

婚活サイトで遠方の人と知り合った場合、相手の健康状態を確認することができないケースがあります。

遠距離だからほとんど電話やメールだけのやり取りになってしまうと、お互いの健康状態を確認できないまま結婚の話になってしまうかも知れません。

健康問題は自己申告なので、熟年婚活では遠方の人でもできるだけ早い段階で会うようにしましょう。

お金のこと

熟年になると、多少はお金に余裕のある人も多いと思います。

若い人たちが遠距離恋愛をすると、交通費だと宿泊費だの、お金のことで悩むことがあるのに対して、遠距離恋愛も余裕かも知れませんね。

しかし、どちらにもお金に余裕があればいいのですが、片方は年金暮らしの場合は遠距離恋愛が経済的な負担になってしまいます。

お金の問題はどんなに親しくなっても深刻なトラブルに発展することがあるので、熟年婚活をして遠距離恋愛になった場合は、経済的な問題をあらかじめ相談しておきましょう。

環境の変化

遠距離恋愛から結婚することになった場合、慣れ親しんだ土地を離れて生活することになります。

熟年婚活している世代は、環境が変わることでストレスになり、体調を崩すこともあるので注意が必要です。

その場所で生活することを想定して、困らないかどうかきちんと確認しましょう。

もしも離れたところで生活することを望まないのなら、婚活の段階で遠方の人とは知り合わないようにすることです。

好きになってから、遠距離を原因に諦めるのはツラいものですよ。

相性の問題

熟年婚活は、年齢を重ねている人同士が出会うので、それまでの習慣、価値観などのすり合わせができるかどうかの確認がとても重要です。

年齢を重ねれば重ねるほど頑固になる人もいて、それが譲れない!というところを見極めないと上手くいきません。

年代に関係なく、離婚理由の第1位は「性格の不一致」です。

長い年月をかけて価値観の違いなどをすり合わせられるわけじゃないので、熟年再婚は相性の良さは大切です。

相手が遠距離だった場合は、それを確かめる機会が限られるので難しくなります。

スポンサーリンク

熟年婚活は家族の意見を重視する

熟年婚活は、子供に反対されるケースが少なくありません。

反対される理由をあげてみます。

・お金目当てじゃないかと思われている
・相続する財産が減るから
・介護の問題が心配
・今さら他人と家族になるのはイヤだ

このような理由が多いですね。
当たり前のことですが、財産があればお金目当てと疑われます。

もしも親が先に亡くなった場合、残された親の結婚相手の面倒を誰が見るのか?という心配も出てくるでしょう。

逆に親の熟年婚活を応援し、賛成してくてるケースもあります。

一人親で苦労して子育てしてきたとか、一人暮らしで心配しているケースでは、結婚してくれると安心できるからでしょう。

賛成してくれる家族がいれば心強いですね。

熟年婚活で遠距離の場合は、相手の家族とのコミュニケーションをとれるような機会を作っておきましょう。

遠距離恋愛だから、相手の家族と会わないまま結婚すると、その後に反対されると困ります。

遠距離だからこそ、事前に確認しておきたいことを一つ一つクリアすることが大切です。

まとめ

熟年婚活はこれからもっと盛んになると思います。

独身を通してきた人も、離婚した人も、死別してしまった人も、これから先の人生を考えて慎重に、かつ大胆にパートナー探しをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました