疲れている時に彼氏から「会いたい」と連絡がきたときはどうすればいい?

恋愛

今日もやっと終わった~と仕事帰りの途中に彼氏からLINEやメールが届いていて、「今日は会えそう?」と連絡が入ってるのを見てしまった時、正直なところどんな気持ちになりますか?

素直に嬉しいと思えるのなら、何も考えずに彼に会ってその日の疲れを癒す時間を作ればいいわけですが・・。

疲れているから少しでも早く帰宅して、お風呂に入ってゆっくり眠りたいとさっきまで考えいたのに、今から会うのはちょっとなぁ~と思ってしまうこともありますよね。

でもせっかく彼氏から会いたいメールが来ているのに、断るのは申し訳ない気がしてくるという人も少なくないでしょう。

働く女性が恋愛と両立するのが難しいと感じる瞬間ではないでしょうか。

もしもヘトヘトに疲れている時に彼から「会いたい」と言われた時に、会う派と会わない派のそれぞれの意見を参考に、どのように対応するといいのかご紹介しましょう。

スポンサーリンク

疲れていても会う派

疲れている時に会いたいと言われて会うと答える女性は約50%です。

20代~40代で多少の差はあるようですが、ほぼ50%前後となっています。
意外にも、疲れていても会う女性が多いのですよね。

疲れている顔で彼に会いたくないと思う女性も多いと思ってましたが、それよりも彼氏に会いたい気持ちが強いので、仕事と恋愛のバランスをしっかり保っている人が半数近くいるということです。

疲れていても、彼の「会いたい」に応えて会う派の女性の意見をまとめてみました。

甘えたい

疲れている時ほど、彼氏に思い切り甘えたくなると、彼からの「会いたい」メールは待ってました!って感じでしょう。
もしも彼から連絡が来なければ、自分の方から「めっちゃ疲れたけど、会いたいよ」とメールしていたかも。

疲れている時に彼氏や彼女に会って、「よく頑張ったね」と甘えさせてもらいたいと思うのは、仕事をバリバリしていても、スイッチのオンとオフの切り替えが上手くできる人でしょう。

元気になりたい

たとえ短い時間でも彼氏に会っておしゃべりするだけで、今日の疲れが吹き飛ぶように元気をもらえる!

恋愛していると、睡眠不足でも疲れていても、身体の疲れを感じにくくなります。

これは恋愛によって脳が刺激されるからです。

彼氏に会うと、急に疲れがなくなって元気を取り戻したような気持ちになれるからこそ、どんなに仕事で疲れても彼に会うことに迷いがなくなるのでしょう。

寂しさを埋めたい

仕事にはやり甲斐を感じていても、やはり仕事だけでは満たされないので、彼氏に会って心の隙間を埋めたいと思えるのなら、たとえ疲れていても会おうとします。

仕事だけで充実できるなら、きっと恋愛もしなくても寂しさを感じないのでしょうが、仕事だけでは満たされないからこそ、恋愛したくなるのですよね。

仕事のスイッチをOFFにしたい

仕事をしている間に張り詰めていた気持ちは、どこかでスイッチをOFFにしないといけません。

じつは女性の方がそのスイッチの切り替えが下手だと言われています。
だからそのまま家に帰ってしまうと、仕事脳のまま眠れなかったりするのです。

仕事で疲れているときほど、仕事脳を切り替えられないので、彼と会ってスイッチを切ってもらった方がよく眠れるという意見もあるようです。

スポンサーリンク

疲れている時は会わない派

疲れている時に会いたいと言われても会わない女性の意見を見てみましょう。

彼からの「会いたい」という願いを聞き入れずに、断るのは恋愛している女性としては冷めて見られるリスクもあります。

それでも会わないことを選択する理由があるのです。

会わない理由をまとめて見ると、断り方にも参考になります。

ケンカになりやすい

疲れていると、どうしても心に余裕がなくなってしまい、相手のことを考えることができなくなります。

そんな時に彼氏に会うと、ケンカになってしまうのが嫌だか会わないようにしているというのはよくわかります。

一度でも、疲れた時に無理に会ってケンカを経験しているなら、それを教訓にできますので、断る時にもそれを理由にできます。

「すごく疲れているから、やさしくなれない気がする。だから休みの日に会いたい」と伝えると彼氏も少しだけガマンしてくれると思います。

疲れていてもケンカにならない自信がある人なら気にすることもないですが、人間は誰でも疲れれば人にやさしくなる余裕を失いがちになりますからね。

彼との時間をとても大切にしているからこその選択なので、冷めているわけではないのです。

仕事への悪影響

疲れているのに彼氏に会えば、それだけ睡眠時間も短くなり、自分自身のコンディションを整えることが難しくなります。

翌日が休みであれば会っても仕事への影響はないと思いますが、次の日も仕事があるのなら早く帰って身体を休めて翌日に備えることに専念するために会わないことを選ぶ人もいます。

ちょっと冷たいようですが、社会人として仕事人としての責任感の強さは立派です。

ただ、そのまま伝えてしまうと、彼氏は寂しく感じてすねてしまうかも知れません。

たとえ会わない理由が仕事への影響を懸念したとしても、そのまま伝えるのはいい方法とは思えません。

「仕事と俺とどっちが大事なの?」なんて彼から言われるような結果にならないように、上手く伝えるテクニックが必要だと思います。

スポンサーリンク

疲れている時の断り方

疲れていても彼氏から「会いたい」と言われれば、どんなに短い時間でも会おうとする人でも、どうしても断らなければいけない時もあるかも知れません。

そんな時のために、彼氏との関係にヒビを入れさせない断り方を参考にしてください。

「今は疲れていて、私は可愛くないと思うの。嫌われたくないから、今日は帰って寝るよ。」

「来週はいっぱい会うために、今週は仕事に集中するね。来週はいっぱい甘えるから覚悟しててよ!」

「仕事って意地悪だよね。こんなに疲れさせて、会えなくさせるんだから。でも楽しいデートのための試練だと思って頑張る!だから次の休みには思い切り楽しもうね。」

このように、断る時にもフォローする言葉や、彼氏が寂しくならない言葉を入れるようにするといいですね。

そして、会える時には、お互いが幸せを感じられるような時間を過ごせるように、上手に甘えてください。

甘え上手のヒントはこちらから!

断られた彼の気持ちを考えることも忘れない

彼も社会人なら、仕事で疲れている時の気持ちはお互いに理解し合えると思います。
ですが、疲れている時こそ恋人に会いたい気持ちになる人もいるので、その気持ちのズレが大きな溝を作る原因になってしまうかも知れません。

もしも彼が短い時間でも毎日あなたに会いたがる人ならば、断ることが何度も続けば、とても悲しい気持ちになるのは想像できますよね。

だからといって無理に彼に合わせて、疲れている身体を引きずって会うのも違うと思います。

彼の気持ちを考えて、会えない理由をきちんと伝えてわかってもらう努力はしていきましょうね。

まとめ

疲れている時こそ彼氏に会いたい人もいるのですが、ほんとに疲れる時は、身体のことを考えて無理をしないようにしましょう。

今は恋人同士なので、それぞれの家に帰る生活ですが、もしも結婚したら帰る家は1つです。

そこで2人が1日の疲れを癒す場所と時間を作っていくわけですから、その時のことを考えると、恋人同士の時まで無理する必要もないのかもしれなせんよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました