片想いを成就させるためには好きな気持ちを見せてはダメ?

恋愛

片想いをしている女性は、密かな恋心でドキドキする楽しさだけで終わってしまうのではなく、両想いに成就させたいと思っていますよね。

両想いになるためには、片想いしている男性に「好き」という気持ちが伝わるような態度で接していないと、いつまでも片想いのままになってしまうと思っていませんか?

ですが、片想いを実らせるためには、相手にその気持ちがバレてしまうのは得策ではありません。

バレない方が成功しやすいのですよ。

その理由やポイントをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

バレない方が成就する理由

片想いしている相手に、その気持ちがバレない方が両想いになりやすいのはなぜなのか、その理由をご説明します。

理解しやすいのは、自分が逆の立場になったと想像すると良いでしょう。

自分に対して恋愛感情を持っている人の存在に気がつくと、あなたはどんな気持ちになりますか?

・嬉しい
・ドキドキする
・その人のことが気になる

このように、相手のことを意識して気になる存在になって、いつの間にか好きになる可能性もあります。

ですが、もしもその人が自分の好みではなく、好かれて困るタイプの人だったらどうでしょう。

純粋に片想いしているだけなので、断ることもできませんよね。
結果として、その人を避けるようになってしまうのではないでしょうか。

片想いしている相手に気付かれてしまった場合、もしもあなたに興味を持てなければ避けられてしまい、近づくチャンスすら作れなくなってしまいます。

バレないようにして、まずは近い存在になることができれば、成功する可能性が広がります。

まだ会話もそれほどない状態で、片想いしていることを知られるのは、成功と失敗のどちらに転ぶのかわかりません。

50:50の賭けに出るよりも、安全策を選ぶ方が余計な傷を作ることもないでしょう。

好きな気持ちを隠す方法

片想いの相手に恋心を隠すためには、どんなことに気をつけるべきなのか、ポイントをご紹介します。

知人を目指す

片想いしている人と会話できる段階になっていないのなら、まずは知り合いの1人になることを目標とします。

顔見知りで挨拶するくらいの知り合いになるだけでいいのです。

相手があなたに対して一切興味を持てなかったり、異性として「ナシ」だとすれば、それ以上は何も起こりません。

ですが、挨拶から世間話をするようになれば、次は友だちを目標にします。

その段階でもまだ恋愛感情に気が付かれないようにします。

友だちになって、相手からお茶やランチなどに誘われたり、連絡先を聞かれたら、第一段階はクリアです。

片想いのことは誰にも言わない

片想いに悩みを女友達に相談したり、片想いの恋バナで盛り上がったりするのは、彼のことを知らない人に限定してください。

片想いの対象になる彼のことを知っている人や、会う可能性のある人には、絶対に秘密にします。

人の口は軽いものです。

「言わないでね」とか「絶対に内緒にしてよ」なんて約束は守られる確率の方が低いので気をつけましょう。

彼の話に誘導されない

片想いの相手と普通に話せるような関係性になっているのなら、彼との会話に誘導されて思わず告白してしまうようなことにならないでください。

例えば、

「今まで告白して付き合ったことはない」
「恋愛に鈍いって言われる」
「好きになってくれる人は気になるよね」

このようなことを言うタイプの人に片想いしていると、つい告白したくなってしまいます。

「女性から告白しないと付き合わないタイプの男性なんだ!」と勘違いしないようにしてください。

あなたも「私も同じですよ、告白されないと付き合わない」とか「積極的な人を好きになることが多い」と言っておきましょう。

衝動的な行動をしない

片想いしている彼と食事したり、飲みに行くような関係になると、つい衝動的に告白してしまいたくなる気持ちはよくわかります。

2人きりで食事したり飲みに行くのは、もうほとんど付き合っているような感じじゃないのかと思ってしまいますよね。
片想いしているのだから、そう思いたくなるのも当然です。

ですが、彼がどんなタイプなのかよく知らないまま衝動的な行動をするのはやめましょう。

女友達が多く、2人で食事する女友達があなたの他にもいるのだとすれば、思い込みや早合点で失敗してしまうかも知れません。

衝動的にならず、冷静に人間性を観察してください。

スポンサーリンク

思わせぶりな言葉に乗らない

「2人でいると楽しいよ」とか「また会いたくなっちゃうな」なんて片想いしている彼から言われれば、もう両想いまで遠くないと思います。

でも、まだ焦ってはいけません。

こういう思わせぶりなことを言って、女の子の気持ちをもて遊ぶことを楽しむような人だったら最悪でしょう。

「私も一緒にいると楽しいよ」「また会おうね」と思わせぶりな言葉に対しては、同じ熱量の言葉を返します。

それ以上でもそれ以下でもないというのがポイントです。

特別なことはしない

片想いしている彼に対して、特別なことをするのはバレてしまうのでやめましょう。

誕生日、クリスマス、バレンタインなどのイベントは、他の人と同じように接します。

もしも片想いしていることがバレかかっていても、イベントの時に特別扱いしないことで「勘違いだったのか」と思わせることができます。

まとめ

片想いしている気持ちをずっと隠していては、いつまで経っても片想いのままになってしまうじゃないか・・。

そう思われるかも知れませんが、言葉も交わさないまま隠れて見つめるだけで終わるわけではないのです。

あなたの恋心に気が付かないからこそ、彼は変に意識したり構えたりせずに、あなたを好きになるかも知れないのです。

片想いの気持ちが大きくなって、ろくに会話もしないまま告白して玉砕しないために、参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました