女同士でも媚びる人と友達になるのは要注意!都合よく利用されるかも

悩み

男の前では急に別人のようになり、男の媚びまくる女は女の敵としてマークされます。

友達にしたくない人として、女友達は少ないでしょうね。

でも、女の人にも媚びる人もいます。
男性に向けても媚びるのかも知れませんが、女性でも「コレだ」というターゲットができれば媚びまくる女の人もいます。

このタイプは、女友達が多いので安心してしまうのですが、ほんとはちょっと注意が必要なのです。

そうね。そういう女は危険だと思う。

 

なんか意味ありげな発言してるね。

 

過去に媚びる女に痛い目に遭ってるからさ。

体験談も交えながら、女に媚びる女について考えてみました。

スポンサーリンク

媚びる女のトラウマ

女に媚びる女を友達にしてしまったために、女友達に対して心を開くことができなくなってしまった人の体験談です。

バイト先で知り合った年下の女友達Mのことです。

バイトリーダーだった私は当時21歳。
高校生や大学生のバイトと一緒に仕事していました。
その中ではベテランだった私にすごく媚びて距離を詰めてくる大学生の女の子がいました。

Mの年齢は2つ下なので、程よく敬い、程よく親しみやすい口調で話すなど、媚び方がうまくて、すぐに仲良くなりました。

「大学の友達には話せないことも、あなたには話せるから、とっても嬉しい」

「私が今まで友達になったことがないタイプだから、すごく新鮮です」

「ずっと友達でいて欲しいな」

など、バイト先を辞めた後も友達でいられるんだろうな・・と思わせるような言葉で心を掴みます。

ある時、私の彼氏と話してみたいと言い出しました。
付き合っている人がいることはMに話していましたが、会わせていなかったので紹介することにしました。

私が当時付き合っていたのは、小さいけれど某自動車メーカーの下請けの会社の社長の息子でした。

それを話したかどうか記憶もなかったのですが、Mに紹介した後に彼氏を略奪されてしまったのです。

そんなこと、現実に起こるんだ・・・と私は茫然自失です。

Mの一件があってから、私はグイグイ距離を詰めてきて、媚びてくる女の人には大いに警戒してしまいます。

最初から彼氏を奪うつもりだったなら、かなり性悪女ですよね。

媚びる裏には、何か目的があると思った方が安全なのかも知れません。

スポンサーリンク

女に媚びる女の特徴

女に媚びる女とは、一体どんな特徴があるのかまとめてみました。

人気者やリーダーに媚びる

男女問わず人気のある女性や、自分が望まないのに自然にリーダー的なポジションになる女性には、女の媚びる女が群がりやすいです。

人気者に媚びていれば、きっと何かおこぼれがもらえるかも知れないと思っているのです。

もしくは、媚びて油断させておき、その人の大切なものを奪うようなこともあるので怖いですね。

友達アピールがすごい

女に媚びる女の特徴には、友達であることをわざわざ確認することが多いようです。

「私たち、今日から友達だね」とか「私のこと友達だと思ってる?」なんていちいち口に出します。

私にはこんなに友達がいるのよ!と周りにアピールしたいための友達です。

ツールとして使われているだけなのです。

スポンサーリンク

ほかの友達と差別化する

女の媚びる女の特徴として、一番わかりやすいのがこれです。

「○○さんだけが私の友達だと思っている」
「ほかの人とは違うから」
「表面だけの付き合いじゃないのは○○さんだけ」
「○○さんにだけホントの私を見せられる」
「安心できるのは○○さんだけ」

などなど、特別な存在だと思わせるようなフレーズのオンパレードです。

特別な人だと言われれば、大切な友達として色々してあげたくなるのが人情です。

その気持ちを利用するために、他の人とは違うという点を強調するのです。

自分のために媚びている

友達のことを褒めて気持ち良くさせる媚び方は、自分のためにしているかも知れません。

「○○さんって美人でしょ」
「○○さんってエリートなのよ」

このように、一対一では褒めないのに、他の人の向かって褒めるのは自分を「好い人」に見せるためです。

ダシに使われているだけなので、心の中では友達となんて思っていないはずです。

こちらもそのつもりで表面上だけの付き合いとして割り切った方が良いでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

女に媚びる女が身近にいる人は、くれぐれも注意してください。

そうですよ。
私みたいに彼氏とられたり、ひどい裏切りをされると人間不信になってしまうから。

一度大きなショックを受けると、それ以降の友達付き合いに影響してしまいます。

媚びる目的を見極めて、簡単に転がされないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました