こじらせ男子を見抜くポイントとは?付き合う前にチェックしよう!

恋愛

付き合い始めてから「この人、こんなにめんどくさいひとだったんだ」と気がつくことってありますよね。

友達、同僚、バイト仲間など、恋人じゃない時には見えてこなかっためんどくさいところ。

いわゆる「こじらせ男子」かも知れません。

こじらせ男子はこじらせ女子と同じく、とにかくデリケートでめんどくさい一面がありますから、付き合っていると疲れてしまうことも多いのです。

付き合い始めてから気がついた場合は、こじらせ度を軽減できるようにサポートしながら付き合うか、早めに別れるしかありません。

できれば付き合う前の段階で、こじらせ男子かどうか見抜いておきたいものです。

そこでこじらせ男子かどうか、見抜くポイントをまとめました。

スポンサーリンク

自己肯定感が乏しい

自分に自信がなくて、いつも自分のことを低く評価してしまうタイプは、自己肯定することを怖がっています。

自信を持って挑んだことに失敗したりするのを繰り返すと、自信を持つことが怖くなるのでしょうね。

「僕なんか何をやっても・・・」とか「どうせ俺なんか・・」という言葉をよく発する人は、自分を肯定して自信を持つことを最初から諦めているので、付き合うとめんどくさいでしょう。

褒めても素直に受け取ってくれない傾向があります。

褒められると嫌がるようなタイプは、こじらせ男子要素が大きいです。

ネガティブ思考が強い

どんなことでも悪い方にしか考えられないネガティブ思考の男性は、自己肯定感が乏しいのと共通するところもありますが、ネガティブ思考が強いと、自分のことだけじゃなく周りのことにもネガティブなイメージを持ちます。

友達が幸せになったり、楽しいことを見つけても、ネガティブ要素を見つけ出しては、悪い想像をかき立てるようなことを言います。

何でもよく考えずに突っ走るタイプの女性となら相性はいいのかも知れませんが、ネガティブ思考を押し付けて自分も落ち込むようなことになるなら、付き合わない方が良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

人を羨ましがる

日本人はお世辞をよく言いますから、本心では羨ましく思っていないのに「スゴイですね」とか「さすがですね」なんて褒めて相手を気持ちよくさせることがあります。

しかしこじらせ男子の場合は、相手を気持ちよくさせるためではなく、ホントに人が羨ましくて仕方ないのです。

憧れの人の真似をするくらいなら、誰でもあることですが、身近な友達のことも羨ましがっているのは違いますよね。

何でも人のものが良く見えるとか、すぐに人と比べて自分が劣っていると思い込んで落ち込むなど、めんどくさいことが多いようです。

人を羨ましがるだけじゃなく、羨ましがった上に愚痴を言ったりするようなら、相当こじらせる可能性があります。

傷つきやすい

こじらせ男子の典型的なタイプが、すごく傷つきやすくて繊細な心の持ち主ということです。

ちょっとした言葉で傷つきやすいので、付き合うとかなり気を使うことになりますし、何よりも傷つけてしまった時に自分自信の罪悪感に苦しむことになります。

誰でも知らず知らずのうちに人を傷つけることはありますが、自分が基準になるので、「そんなことで!!」といういような些細なことでも深く傷つけてしまうと、どう接したら良いのかわからなくなってしまいます。

空気が読めない

人と協調するのが苦手というか、その場の空気をぶち壊しても気にしないタイプは、メンタルが強くてこじらせ男子とは程遠い感じがしますね。

しかしそうでもないんですよ。

空気をぶち壊しても平気なのは、自分以外の人に対して思いやりが持てなかったり、信用していないことが原因になることがあります。

空気を敏感に感じてその場に雰囲気を保つようにするのは、そこに居る人たちが嫌な気持ちにならないようにしたいことと、自分が嫌われたくないという2つの理由からです。

協調性がなくて空気を読まない人は、嫌われることを何とも思わないかも知れませんが、それだけ人の気持ちを想像することができないという一面もあるのです。

空気を読まない人が悪いわけじゃないですが、自分の彼氏となると話は別ですね。

スポンサーリンク

妄想するクセがある

妄想癖が想像力が豊かな証拠なので、それ自体は悪いことではありません。

もしも自分が大金持ちになったら・・とか、子供の頃には「もしも」を想定して妄想したことがある人も少なくないでしょう。

ただ、妄想だけが先走るタイプの男性は、大きな儲けに引っ張られてリスクの高い商売に手を出したりすることがあります。

いつも大きなことばかり言っているけど、成功していない人は、そばにいると疲れると思います。

人への評価が厳しい

こじらせ男子の中で、彼氏になると一番大変そうなのが人に厳しいタイプです。

人に厳しいということは、自分にも厳しくないと辻褄が合わないのですが、時々いませんか?

自分のことは棚に上げてしまう人です。

じつはこのタイプは、自分にコンプレックスが強くあるので、人を厳しく攻撃することで自分を守っているのです。
背が低いとか、イケメンじゃないとか、外見的なコンプレックスもありますし、学歴や収入などもそうです。

人に厳しいばかりで「じゃあ、自分はどうなの?」と言いたくなるような発言が一度でもあれば、こじらせ男子の要素を持っていると思います。

まとめ

もしも彼氏候補の男性がいるのなら、こじらせ男子の要素をチェックしてみましょう。

悪い人じゃなくても、付き合ってめんどくさくなることもあるので、ホントに付き合うことになったら、覚悟も必要だと思います、

でも、こじらせ男子だったのに、彼女のおかげで「脱・こじらせ男子」になることもあるので、好きになった人がこじらせ男子だったとしても、凹まずにいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました