恋人になってから後悔しても遅い!告白前にチェックしておくべきこと!

恋愛

気になる人との距離が近くなり、「もうそろそろ告白されるかも?」とか「告白しちゃおうかな」と考えている時期って、何をしていても楽してワクワクしますよね。

恋による魔法にかかっているような状態って感じでしょうか。

毎日が楽しくて、世界がキラキラと輝いて見えるような気持ちになる時期です。

でも、そんな時だからこそ冷静になって相手のことをしっかり観察することも大切です。

もしも恋人になってから「こんな人だと思わなかった」とがっかりしてしまうのを防ぐためにも、付き合う前のチェックが重要です。

告白されそうだと感じている、または告白しようと思っている人は、チェックしてみてください。

そこで、どんな点をチェックするべきなのか、ポイントをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

金銭感覚は大丈夫?

お金の使い方がとても荒い、またはめちゃめちゃ節約好き(ケチとも言う)だったり、自分と金銭感覚が大きくかけ離れていないかどうかは重要です。

付き合っている間に、お金のトラブルになるのはとても嫌な気持ちになりますよ。

お金にルーズな人だと、借金トラブルに巻き込まれてしまう恐れもあります。

すごくケチな人だと、デートもほとんど家ばかりで、退屈してしまうかも知れません。

自分と金銭感覚が似ている相手じゃないと、恋人同士になってから上手くいかない確率が高いので、お金の使い方などをよく観察してください。

具体的には、デートの時のお店選びやメニュー選びなど小さなことでもチェックできます。

相手の収入を把握していなくても、年齢や職種でだいたいは想像できると思います。
そこから考えて、金銭感覚が自分と近ければそれほど心配はないでしょう。

異性との距離感は大丈夫?

もしも自分の恋人が、他の異性と二人きりで食事したりしても、あなたは平気でいられますか?

もしも平気だという人は、自分自身も恋人以外の異性と二人きりで会うのも普通のことだと思っているのではないでしょうか。

そういう感覚は個人差があるので、何が間違いなのか、何が正解なのか判断するのは難しいことです。

ですが、自分の感覚と大きくズレていると、トラブルは絶えないでしょう。

恋人以外の異性との付き合い方は、交際する前に確認しておきべきだと思います。

他の友達のケースとして質問してみるのも良いですね。

「友達のことなんだけど、彼氏が女友達と二人だけで食事に行くのを許せないって言ってるの。そういうのってどう思う?」と探りを入れてみてください。

お互いに男友達や女友達との付き合い方に違和感があると、恋人同士になってからも嫉妬や束縛でもめることも多くなると思います。

スポンサーリンク

怒りのスイッチは大丈夫?

付き合う前はすごくやさしかったのに、付き合い始めたらケンカの時に急に凶暴になるような相手は困ります。

豹変するかどうか、付き合う前にチェックするのは簡単じゃありませんが、車の運転中や、飲食店などでの店員への態度を観察すると本性が見えることがあります。

恋人になりそうな相手には、決して見せない怒りっぽい一面を一瞬でも見せたのなら、要注意です。

恋人になってからDVトラブルに悩まされる危険があります。

こちらでは男性から見た「苦労しそうな男」のタイプについて解説しています。

イベントへの価値観は大丈夫?

誕生日、クリスマス、バレンタイン、付き合い始めた記念日など、恋人同士が大切にするイベントに対する価値観がズレると、ケンカしやすいので気をつけましょう。

イベントへの価値観は、どちらかが相手に合わせれると問題は大きくならないので、あなたが相手に合わせられるのかどうかを確認しておくと良いでしょう。

どうしても誕生日だけは恋人に祝って欲しいと、譲れないポイントがあるのなら、そういう部分だけは守ってくれるように最初から伝えておくとフェアだと思います。

記念日を大切に考えている人は、時間を積み重ねることが愛情の厚みとリンクすると考えがちです。

逆に記念日などをあまり重視しない人は、過去ではなく今と未来の2人を大切に考える傾向があります。

記念日を特別なイベントとして考えないのが悪いわけではないのですが、自分が大切に考えていると裏切られたような気持ちになってしまうのかも知れませんね。

2人の価値観が完全に一致することはないので、歩み寄りの気持ちを持つことができれば上手くいくはずです。

恋人との距離感にズレはない?

恋人になっても、自分の時間を大切にしたい人もいます。
毎日のようにデートしたい人もいます。

連絡は毎日しないとダメとか、メールは絶対!など、「恋人同士なんだから、それが当然でしょ」という感覚があまりにも離れていると上手くいきません。

どんなに好きになっても、距離感を一定に保ちたい人もいるので、そういう感覚を事前に知る時間は必要でしょう。

交際前に沢山お話をして、そういう恋人同士の距離感の希望について聞き出してください。

恋人同士は毎日会うのが当たり前だと思っている人は、付き合う相手を選ばないと長続きしないので気を付けましょう。

自分の気持ちだけを押し付けないことが重要だと思います。

スポンサーリンク

気になるクセはない?

最後にチェックしておきたいことは、恋愛ムードが最高潮に盛り上がっている時に水を差すようで言い難いのですが、大切なことです。

人間にはクセというか、習性や習慣のようなものがあります。

それは自分では気が付かないこともあるし、自覚はあっても直せないこともありますね。

あなたにもあるでしょうし、これから恋人になるかも知れない相手にもあるでしょう。

今はそういうクセみたいな点も見えているのに気が付かないふりをしているのかも知れませんし、見えていても「好き」が勝って気にならないのかも知れません。

ですが、付き合いが長くなれば、そういうクセや習性、習慣がとても気に障ってしまうこともあるのです。

そういう小さなストレスが気持ちを萎えさせてしまうのは悲しいことですよね。

人間にはそういうクセがあるものなので、よく観察して冷静に考えてみてください。

好きでも何でもない人が同じことをしていたら、あなたはどう感じるのか・・。
いずれそれが2人の間の溝を深くする原因になるかも知れないので、恋愛ムードに押されて見えないふりをしないでくださいね。

まとめ

好きな気持ちが盛り上がると、相手の恋愛の価値観を確認する間もなく告白してしまうこともあります。

そういう勢いも大切かも知れませんが、付き合い始めてから後悔して、長続きしない恋愛ばかりしているのなら、付き合う前に相手をしっかり観察する目を養いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました