【婚活の知識】結婚相談所のアドバイザーと仲人の違いは何?

結婚・再婚

「よし!婚活はじめよう」と思い立った人は、結婚相談所への登録も検討するでしょうね。

結婚相談所を検索してみると、テレビコマーシャルでも見るような有名な結婚相談所もありますし、地域で仲人を長年している人の小規模の結婚相談所もあります。

でも、ここでちょっと疑問が生まれます。

結婚式で新郎新婦に横にいる人のことを「仲人さん」と呼びますが、結婚相談所の仲人さんとは違います。

仲人さんという立場の人は、いったい何をする人なのか、今ひとつわからない人も多いのではないでしょうか。

結婚相談所にいる婚活アドバイザー的な人との違いなど、ご説明します。

スポンサーリンク

仲人さんとは?

仲人さんとは、昔は近所の世話好きなおばちゃんなどが、年頃の男女を引き合わせて、縁談をまとめるのが好きな人などがするものでした。

現代のように、未婚の男女が自由に恋愛して結婚相手を見つけることが少なかった時代は、年頃の男女には縁談を持ち込む仲人さんの存在が欠かせなかったのです。

今はそういう役割ではなく、結婚相談所を営む仲人さんが、会員の中から相性の良い二人を引き合わせて、お見合いに立会、交際から結婚までアドバイスします。

そこまでが現代の仲人の役割です。

昔の仲人さんは、結婚まで結びつけた二人が、結婚後にケンカしたりすると、その仲裁に入ったり、相談に乗ったりすることもあったので、今よりもずっと責任が重かったのではないでしょうか。

結婚相談所にスタッフは仲人なの?

結婚相談所には、アットホームな個人経営タイプと大手企業が運営するタイプに分かれます。

個人経営タイプに結婚相談所は仲人さんが代表として経営しています。

大手の結婚相談所には、仲人という呼び方はしませんが、婚活アドバイザーというようなスタッフがいます。

婚活アドバイザーは、結婚相談所に勤務していて、研修を受けた人です。

仲人というよりも、その結婚相談所にシステムを利用する会員をサポートする役割が主な仕事です。

仲人になるための資格はある?

個人で結婚相談所を経営している仲人さんは、昔みたいにただ世話好きな人が看板を掲げている場合もあります。

というのも、仲人というのは資格が必要なわけではないので、なりたいと思えば、誰でもできるのです。

とはいえ、今の世の中、実績や資格が重視されます。

そこで、仲人士という資格を持って仕事をしている人が多いようです。

仲人士になるための講座を受講して、日本仲人協会に加盟すると、個人で経営している仲人さんも、連盟に加盟している仲人さんと連携してそれぞれの会員同士を引き合わせることもできます。

このような連盟か協会があるので、個人の仲人さんも全国規模の結婚相談所に負けないくらいのサービスが提供できるようです。

仲人と媒酌人の違い

仲人と媒酌人の違いについても触れておきましょう。

仲人とは、男女を引き合わせて、結婚まで導くのが役割ですが、そのまま結婚式まで立ち会うケースもありました。

お見合い結婚が圧倒的に多かった時代は、仲人がそのまま結婚式に立ち会うのが慣例だったのです。

ですが、今は恋愛結婚が多いので、仲人ナシで結婚まで自分たちで決められます。

そういうカップルが、結婚式に立会人としてお願いするのが媒酌人です。

仲人のように出会いから、夫婦円満の手助けまで世話するのに対して、媒酌人は婚約式(結納)と結婚式当日だけの役割です。

ただ、最近は媒酌人を立てずに結婚するカップルの方が割合として多くなっています。

ある結婚関連の雑誌では、全体の約12%しか媒酌人を立てなかったというデータがあります。

これからは媒酌人という人がいない結婚式が当たり前になっていくのでしょうね。

まとめ

結婚相談所の婚活アドバイザーも、個人で仲人をしている人も、婚活のアドバイスをしたり、お見合いが上手くいくようにサポートするのは同じです。

仲人というと古臭い感じがするので、何となく若い世代の婚活に利用されにくいのですが、機械的なデータだけに頼らずに、人間味溢れる婚活を希望する人には、昔ながらの仲人さんのお世話になるのも良いのではないでしょうか。

仲人になるための資格はある?

個人で結婚相談所を経営している仲人さんは、昔みたいにただ世話好きな人が看板を掲げている場合もあります。

というのも、仲人というのは資格が必要なわけではないので、なりたいと思えば、誰でもできるのです。

とはいえ、今の世の中、実績や資格が重視されます。

そこで、仲人士という資格を持って仕事をしている人が多いようです。

仲人士になるための講座を受講して、日本仲人協会に加盟すると、個人で経営している仲人さんも、連盟に加盟している仲人さんと連携してそれぞれの会員同士を引き合わせることもできます。

このような連盟か協会があるので、個人の仲人さんも全国規模の結婚相談所に負けないくらいのサービスが提供できるようです。

仲人と媒酌人の違い

仲人と媒酌人の違いについても触れておきましょう。

仲人とは、男女を引き合わせて、結婚まで導くのが役割ですが、そのまま結婚式まで立ち会うケースもありました。

お見合い結婚が圧倒的に多かった時代は、仲人がそのまま結婚式に立ち会うのが慣例だったのです。

ですが、今は恋愛結婚が多いので、仲人ナシで結婚まで自分たちで決められます。

そういうカップルが、結婚式に立会人としてお願いするのが媒酌人です。

仲人のように出会いから、夫婦円満の手助けまで世話するのに対して、媒酌人は婚約式(結納)と結婚式当日だけの役割です。

ただ、最近は媒酌人を立てずに結婚するカップルの方が割合として多くなっています。

ある結婚関連の雑誌では、全体の約12%しか媒酌人を立てなかったというデータがあります。

これからは媒酌人という人がいない結婚式が当たり前になっていくのでしょうね。

まとめ

結婚相談所の婚活アドバイザーも、個人で仲人をしている人も、婚活のアドバイスをしたり、お見合いが上手くいくようにサポートするのは同じです。

仲人というと古臭い感じがするので、何となく若い世代の婚活に利用されにくいのですが、機械的なデータだけに頼らずに、人間味溢れる婚活を希望する人には、昔ながらの仲人さんのお世話になるのも良いのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました