婚活サイトだと思ったら出会い系サイトだった!違いを知らないと危険

結婚・再婚

結婚したくても出会いがない!
恋愛するのなら結婚を前提とした交際をしたい!

そのように考える人にとって、婚活サイトは強い味方になります。

昔ながらの縁談話は、人間関係が邪魔してしまうことが多く、とくに仕事関係の縁談は断りにくくなると困ります。

婚活サイトはインターネットの普及によってどんどん増えました。

結婚相談所として運営を続けてきた事業者が婚活サイトの運営に乗り出したことで、インターネットでの婚活も怪しげな出会い系と区別されるようになりました。

とはいえ、出会い系サイトと婚活サイトの違いはあいまいな点も多く、グレーゾーンのサイトも数多く存在します。

結婚相手を探す目的のサービスが婚活サイト、恋愛相手を探す目的のサービスが出会い系、オマケとして男女の境なく人とのつながりを持つためのサービスがSNSと分けて考えます。

しかし、悪用しようとする人間がいれば、婚活サイトもSNSも危険は潜んでいます。

油断はできませんね。

まずは婚活サイトと出会い系サイトをどう見分けるのか、ハッキリと線を引くポイントをチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

独身が入会の前提条件

婚活サイトは当然のことですが、独身が入会することが前提です。
出会い系サイトでは、独身かどうかが入会の条件になることはありません。

ただ、婚活サイトとしてアピールしながらも、既婚者でも問題なく登録できるサイトも数多く存在します。

もちろん、登録時の利用規約には独身であることが条件となっているとしても、それを確かめることなく登録できる婚活サイトもあるのです。

婚活サイトだと思い込んで登録している男性や女性は、真面目に異性との出会いを求めています。
既婚者がその中に紛れ込んでいて、結婚をエサにして近づこうとする人間がいても、それを確かめることができないのです。

身分証明書では独身であることを証明できないため、誓約書や独身証明書の提出を義務としている婚活サイトは、信頼できると考えられます。

スポンサーリンク

出会い系サイトにはない入会審査

婚活サイトは、ネットが普及する前から結婚相談所を運営していた事業者が乗り出していることも多いので、入会には審査を要することもあります。

厳しい審査がある婚活サイトは、婚活サイトの名をうたった出会い系サイトとははっきり区別できます。

市町村が発行する独身証明書の提出を義務としているのはもちろんのことですが、他にも審査のために提出を求められることがあります。

例えば住民票の写しです。

他にも、婚活サイトには収入を申告することがほとんどです。
所得を証明できる書類、源泉徴収票や確定申告書などの提出を求められると、収入を詐称を防ぐことができます。

学歴詐称を防ぐために、最終学歴の卒業(修了)証明書の提出を求められることもあるのです。

厳しい入会審査を求められるサイトは、本気の人じゃないと入会しないと思うので、厳しければ厳しいほど信頼できるという判断材料になるでしょう。

婚活サイトも出会い系サイトも年齢確認は必要です。
免許証や健康保険証の画像を送信する確認作業があります。

しかし出会い系サイトは年齢だけ確認できれば独身かどうかは関係ありません。

そこが明確な違いと言えますね。

無料サービスは注意が必要

婚活サイトの場合は、無料でサービスを利用することはできません。

登録料、入会料、サービス利用料など料金が必要です。

結婚相談所はボランティアで運営しているわけではないので、料金が必要なのは当たり前なのですが、婚活サイト風の出会い系サイトは、無料登録できるサービスがとても多いです。

登録だけ無料でも、サイト内でメッセージを送るたびにポイントを消費するシステムで、ポイント購入の費用が必要になるので、出会い系サイトのシステムとほとんど同じです。

信頼できる婚活サイトの中にも、女性だけは登録無料というケースもありますが、完全無料で入会できるのは出会い系サイトは、婚活したい人をターゲットにしていることが多いのです。

もちろん、経済的に余裕がない人が本気で婚活を考える場合は、無料で入会できる婚活サイトがあれば助かります。
ですが、面接などのプロセスなしで入会できるのが婚活サイトなので、費用の負担も本気度を測る上では必要なことなのでしょう。

お見合いパーティーなどの企画開催

婚活サイトと出会い系サイトの違いは、リアルに会うことに責任を持っているかどうかでわかります。

例えばお見合いパーティーのようなイベントです。

出会い系サイトは、登録さえしてしまえば、後はサイトの中で個人同士のやり取りだけです。

ですが婚活サイトの場合は、お見合いの段階で申請が必要になることもあります。

きちんと成婚まで見守るかどうか、信頼できるサイトのチェックポイントになるのです。

それから、入会だけさせて放置するのではなく、定期的にイベントを開催して、ネット上だけではなくリアルに男女が顔を会わせられる機会を作ることもあります。

ネット上だけのやり取りでは実際に会う勇気が持てない人も応援する企画などを開催しているか、その事業者の情報を調べてみるとわかります。

スポンサーリンク

まとめ

婚活サイトのつもりで入会したのに、そこで知り合った人に会ってみたら既婚者だった・・。
そんなことは私の周りからもよく聞きます。

本気で結婚相手を探してるからこそ、独身を装えば簡単に付き合えると思うのでしょうか。

怪しい人間が入り込めないような厳しい婚活サイトを選ぶことが、安心して婚活に取り組めるカギになるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました