好きなタイプじゃないのにデートを断らない友達にイライラする心理

悩み

女同士の友情は、恋愛が絡むとトラブルになることも多いですよね。

もしも同じ人を好きになって三角関係にでもなれば、女の友情は脆いのかもしれません。

ですが、そういうことじゃなく、友達の恋愛観を理解できなくて、そのイライラがもとで友情が壊れることもあるのです。

たとえば、好きでもないし、タイプでもないのに、男性からデートに誘われると断らずに応じるのが理解できないとか。

好きでもない男性とデートするなんて信じられない!という気持ちで友達に対してイライラすることがあるのなら、そのイライラの正体を突き止めてみましょう。

スポンサーリンク

好きじゃないのにデートする女性の心理

別に恋愛対象として意識もしないタイプの男性でも、デートに誘われたら断らないという女性は、珍しいわけではありません。

好きなタイプ以外は受け付けません!という人から見れば、「なぜ?」という疑問しか湧かないかも知れませんが、まずは会ってじっくり話したり、相手を理解する機会を持ってみようと思えるかどうか・・の違いです。

過去に好きなタイプ以外の人に告白されて付き合ってみたら、すごく好い恋愛ができた経験があったりすれば、第一印象だけで判断しなくなるでしょう。

また、自分が好きなタイプの男性と付き合っても、幸せな恋愛ができなくて「私って男を見る目がないのか・・」という女性も、好きなタイプ以外の男性も選択肢に入れようとするのでしょう。

好きじゃない男性とデートする女性の心理は、過去の恋愛に影響を受けることもあるので、あなたの恋愛に対する価値観だけで判断してしまうのは、友達との関係に溝を作る結果を招きかねないのです。

イライラの正体は2つ

それにしても、友達が好きじゃない人とデートしていても、それで何か周りに被害が及ぶわけでもないのに、なぜイライラしてしまうのでしょう。

そのイライラの正体として考えられるのは、2つの心理です。

友達のことが心配

友達が恋愛する度に、男性から裏切られたり傷つけられているのを見ていて、心配になってしまう。

それがイライラの正体だとすれば、友達に嫌われるのを覚悟の上で厳しいことも言いたくなるのがホントの友情だと思います。

好きでもない男性でも、自分に好意を持ってくれる人に対してキッパリとした態度ができないのが、その友達の欠点だと思うのなら、それは忠告したくなりますよね。

心から友達の幸せを願うからこそ、好きでもない男と簡単にデートしてしまうのを見ていると心配からイライラしてしまうのかも知れません。

モテる友達への嫉妬

友達が好きでもない男性とデートすると聞いて、「モテるって自慢しているのか?」とイラっとしたのなら、嫉妬が原因です。

「自分は好きでもない人から誘われても、別に嬉しくもないし!」と思っているのなら嫉妬なんてしません。

ですが、男女問わず誰かが自分に好意を寄せてくれることは嬉しく感じるのは当たり前のことです。

あなただって、好きでもない人からデートに誘われれば、それに応じなくても悪い気持ちはしないはずです。

友達は好きじゃない人でも、すぐに拒否せずにデートに応じられる性格の人なのでさらにモテるのでしょう。

そういう友達に対して、羨ましいという気持ちが心の奥底にはあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

あなたのイライラをどう解消する?

友達が好きでもない人とデートすると聞いて、なぜかイライラしてしまう気持ちを解消するためには、自分の恋愛観と人の恋愛観を比較しないことしかありません。

あなたの恋愛に対する価値観が正しいのか間違っているのか、誰もそんなことは判断できません。

あなたは好きでもない人とデートしても楽しくないと思うのなら、友達にイライラすることもなくなるはずです。

友達のことを心配しているのなら、厳しいことも言いたくなるでしょうが、前述のように「嫉妬してるの?」なんて思われたら余計にムカつきますよね。

あなたができることは、友達が恋愛で傷ついた時は一緒に泣いて、幸せになった時には喜んであげるだけで良いのです。

まとめ

あなたのイライラの正体がわかれば、友達がどんな人とデートしていようが心は穏やかになるはずです。

友達と自分を比較しても、同じ人間ではないので、考え方が違うことを受け入れるようにしましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました