高身長女子あるある「ひとりでも大丈夫そうだよね」って言われる!

恋愛

高身長女子の恋愛の悩みは、高身長女子同士じゃなきゃ共感できないことが多いのですよね。

いわゆる「恋バナ」で盛り上がったとしても、高身長女子にしかわからないことがあるので、浮いてしまったりするのです。

高身長女子の恋の悩みあるあるとして、勝手なイメージをつけられてフラれてしまうことがあります。

男性が「守ってあげたい」と思わせるような女性とは違うイメージで見られてしまうのは、高身長女子に共通する悩みではないでしょうか。

スポンサーリンク

男性が守ってあげたくなる女性の特徴

男性が守ってあげたくなる女性の特徴をチェックしてみましょう。

・人が嫌がることも引き受ける頑張り屋さん
・ちょっと抜けていて天然っぽい
・弱い部分を素直に見せる
・純粋で人を信じやすくて騙されやすそう
・一歩下がって控えめにしている
・小柄で華奢な人

大きくまとめてみると以上の6つの特徴です。

高身長女子でも守ってあげたくなる女性の特徴に当てはまることはあるはずなのです。
なのに、高身長女子というだけで「守ってあげたくなる」存在から外されてしまうことが多いのですよね。

スポンサーリンク

小柄な女性が大前提にある

男性が守ってあげたくなる対象の女性の特徴を1つ1つ見てみると、高身長女子でも頑張り屋さんはいますし、純粋で騙されやすい人もいるはずです。

ですが、そこには「小柄で華奢」という条件が付いているのです。

人間は自分よりも小さい生き物を見れば「守ってあげなくちゃ」という本能が働きます。

それは人間同士でも同じことなんです。

小柄で華奢な女の子に対しては、「控えめ」とか「純粋」とか「天然」などの特徴がなくても守ってあげたくなるのです。

高身長女子は、背が高いという身体的な特徴だけで「守ってあげたい」とは思われないのです。

でもそれは見た目の問題なので、人間同士として付き合っていれば、高身長女子でも弱い部分や控えめで頑張り屋さんな部分が見えてきます。

見た目だけではなく、内面をきちんと見てくれる男性なら、高身長女子でも守ってあげたくなるはずです。

「一人でも大丈夫そう」と言われてしまう

高身長女子の恋愛あるあるでは、彼氏から別れを告げられる時に「俺なんかいなくても一人で大丈夫そうだよね」というようなことを言われてフラれる経験です。

これは背が高いだけで勝手に「強そう」とか「しっかりしていそう」というイメージを押し付けているからなので、高身長女子としてはとてもムカつくことなんです。

でも、高身長女子にも責任は少しあると思いますよ。

高身長女子は、子供の頃から目立つ存在になりがちです。
そして周囲は勝手にリーダー的な存在にしてしまうことも多いのです。

ホントはそんなタイプじゃないのに・・・。
でも周りの押し付けるイメージをひっくり返すことができずに、無理にそのキャラを演じてしまいがちです。

そうしてきたことが、「一人でも大丈夫そう」と思われてしまう原因を作っているかも知れないのです。

彼氏と付き合っている間に、自分の本質を見せることができないと、いつまでも「一人で大丈夫そう」な強い女性のイメージから抜け出せないのでしょう。

スポンサーリンク

男性は基本的に甘えん坊という事実

高身長女子は見た目だけで誤解されることもあるので、「守ってあげたい」という対象にはなりにくいのは間違いありません。

思わず守ってあげたくなるような小柄で華奢でか弱いイメージの女性に彼氏を横取りされた経験のある私としては、高身長コンプレックスを克服したとしても、やはり激しく落ち込んだこともあります。

ですが、男の人って長く付き合っていると女性に対して甘えたがります。

付き合い始めた頃は「守ってあげたい」存在だった女性にも、甘えたくなるのです。

そうなると、高身長女子でも小柄で華奢な女の子でも同じです。

自分を甘えさせてくれる女性に対して安心できるようになります。

そんな時に思わず守ってあげたくなるような女性に出会うと、男らしさを実感したくなり、守る存在を求めてフラフラと心が持っていかれてしまうことがあるわけです。

別に高身長だからとか、そういう問題ではないのに、自分を正当化するために「俺なんかいなくても一人でも生きていけそう」なんてことを言うのでしょう。

高身長女子だから言い訳の理由にされやすいのでしょうが、それはこじつけです。
それを理由に悩んだり、落ち込んだりする必要は全くありません。

まとめ

高身長女子が勝手なイメージを押し付けられるのは困ります。
ですが、そのイメージを自分で受け入れてしまい、無理にそのキャラを通してしまえば、それは自分にも責任はありますよね。

好きになった人の前では、素直になって自分をさらけ出せるようにしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました