葬儀と告別式は別々に行うものなの?儀式の内容も違うの?

マナー

身内に不幸があり、お葬式を家族として行う機会があると、お葬式のマナーやしきたりには知らないことが沢山あることに初めて気が付くことがあります。

そうね、よくわからないこと多いわ

 

今さら聞けないこともあるしね

冠婚葬祭のマナーやしきたりは、住んでいる土地柄によって違うことも多いし、お葬式に関して言えば、宗派の違いもあるので、知らなくても恥ずかしいことじゃないんですけどね。

何となくで大人になってしまうと、今さら聞けないという感じはあります。

例えば葬儀と告別式の違いについても、同じことだと思っている人が多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

葬儀とは

葬儀は、お葬式のことです。
お葬式は話し言葉なので、一般的には葬儀のことを指してお葬式と言います。

葬儀という儀式は、血縁者、親族、とても親しい間柄の人が故人のために冥福を祈る儀式のことです。

スポンサーリンク

告別式とは

告別式とは、故人にゆかりのある人がお花や焼香で見送るお別れの儀式です。

葬儀は身内やごく親しい人だけが冥福を祈りますから、告別式とは別の儀式として行うのが本来でした。

葬儀と告別式の違い

葬儀と告別式を分けて行うことは、一般的にはほとんどなくなりました。
葬儀と告別式を合わせているので、葬儀と言っても告別式と言ってもどちらでも構いません。

ですが、例えば大きな会社の社長や著名な人が亡くなった場合は、葬儀と告別式を分けて行うこともあります。

会社が主となって行う告別式のことを社葬とも言います。

密葬とは?

葬儀と告別式は、本来は別々に行うものでしたが、今は分けることはなくなりました。

葬儀の前のお通夜は別に行うので、お葬式の儀式としては、お通夜と告別式を2日間にかけて行うのが一般的になりました。

では、密葬についてはどうでしょう。

この頃、芸能人や著名人の訃報をテレビで聞く時に「近親者のみの密葬ですませた」というのをよく耳にします。

密葬とは、参列者をほとんど招かずに、限られた親族や親しい人だけでお見送りするお葬式のことです。

葬儀と告別式を分けて行うことがほとんどなくなり、葬儀と告別式の境目がなくなってきたので、親しい人だけで行う葬儀のことを密葬と言うようになったわけです。

葬儀としては親しい人だけで終わらせた場合でも、日を改めてから「お別れの会」を盛大に行うこともあります。

この「お別れの会」が本来の告別式に通じるものだと考えれば、葬儀と告別式が違う儀式だったことがわかると思います。

スポンサーリンク

まとめ

葬儀と告別式は同じ儀式として今は世の中で通じていますので、違う儀式だと知らなくても別に恥ずかしいことじゃないようです。

時代に合わせて冠婚葬祭のマナーやしきたりも変わっていくので、本来の意味はマメ知識くらいのつもりで知っておけばよいのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました