小学校へ車でお迎えに行くのはダメ?登下校の保護者マナーとは!

マナー

新一年生の可愛らしい姿を見かけると、思わず笑顔になります。

小学校が自宅の近くにあると、子供たちの姿を見る機会が多いので、和やかな気持ちにさせてくれます。

ですが、一方では少し困ったことも・・。

それは下校時の保護者のお迎えの車が狭い道路をさらに狭くさせてしまうことです。

小学校の登下校の様子は時代の流れとともに変化していますが、公立の小学校でも保護者の送迎は当たり前なのでしょうか。

登下校の保護者マナーについてまとめてみました。

スポンサーリンク

集団登校なのに個別に送るのは?

小学校に入学すると、親は子供だけで学校に通わせるのがとても心配ですよね。

子供の人数が多かった時代は、隣近所に同学年の子供がいるので、上級生たちと一緒に集団登校する場合でも、集合場所まで1人になることも少なかったものです。

ですが、今の時代は都会でも子供の数が少ないので、近隣に同学年の子供がいないケースも珍しくありません。

集団登校するのに、集合場所までの距離がかなりあると心配でしょう。

入学前に、集合場所まで子供と一緒に歩いて練習しても、やはり心配なものです。

朝は通勤のためにスピードを出して走る車も多いので、慣れるまでは集合場所まで一緒について行っても良いと思います。

もしも集団登校をしていない場合は、通学時の安全について学校側と相談しておきます。

保護者が学校まで送らなければいけないわけじゃないと思いますが、子供が安心して学校に通えるように、最善策を考えてあげることは過保護ではないと思います。

習い事や塾のために車で迎えに行くのは?

小学校の近所に住んでいると、4時くらいになるとお迎えの車が駐停車していて、かなり通行の妨げになって苦情が出ることがあります。

終業後の習い事や塾の時間のことを考えて、親が迎えに行くのを学校が禁止しているわけじゃないのでしょうが、路上の駐停車は迷惑になります。

もしも迎えに行かなければいけないのであれば、学校から少し離れていても、迷惑にならない場所に停めて、学校までは徒歩で迎えに行くのがマナーです。

もしも路上に停めていることが原因で、他の子供が事故に遭ってしまっては大変です。

見通しが悪くなるだけで事故のリスクが高まるので、学校の出入り口付近への駐停車はやめましょう。

スポンサーリンク

友達を一緒に乗せるのは?

学校へ車で迎えに行く理由は、それぞれの家庭の事情なので、学校側もとくにそれを禁止することはできません。

ですが、自分の子供以外の児童を一緒に乗せるのは原則として禁止している学校が多いようです。

その理由は、万が一の事故やトラブルを避けるためです。

もしもよその家の子供を乗せている時に交通事故を起こしてしまい、ケガでもさせてしまえば責任問題になります。

学校側もそういうケースを想定して禁止しているのでしょう。

どれほど親しいママ友同士でも、事故やケガのようなアクシデントは別問題です。

安易に他の子供を乗せるのは、やはり控えるべきでしょう。

子供の安全のための送迎は?

地域のボランティアや保護者が登下校の子供たちを見守ってくれる活動はありますが、それだけでは子供の安全が守り切れないケースもあります。

学校のPTAが見守りボランティア中に子供に危害を与えるような事案も起きているからです。

それだけじゃなく、少子化によって小学校が統廃合になり、通学距離が長くなって子供の登下校が心配になって送迎するケースも増えています。

子供だけで長い距離を歩いて登下校するのが現実的に難しくなるケースでは、送迎しても学校側は問題にしません。

その場合でも、学校の門前でのお迎え待ちなどで周囲に迷惑をかけないように気をつけなければいけませんね。

子供が送迎を望む理由を考えてみる

学校までの通学路の安全が守られていて、集団登校も実施されており、地域の見守りボランティアもあるのに、通学時に一緒についてきてくれないと学校に行きたがらない場合は、何か問題が起きているかも知れません。

集団登校時にいじめられたとか、通学路の途中に怖いスポットがあるとか、何か理由があるはずです。

なぜ学校まで一緒に行って欲しいのか、その理由をじっくりと時間をかけて聞いてあげましょう。

学校の中に入ってしまえば問題ないのであれば、通学中に何か原因があるはずです。

学校での様子も含めて、担任に問い合わせてながら、安心して通学できるように考えてあげてください。

無理に1人で行かせてしまうことで、危険が及ぶ恐れもあるので、無理強いせずにゆっくりと向き合って話を聞いてあげてくださいね。

まとめ

学校まで送迎するなんて過保護だと批判する声もあります。

しかしその反面で、海外では子供を1人で外出させることを禁止している国や地域も多いです。

日本は治安の良い国ですが、最近は安心できない事件も多いので、送迎のマナーさえ守れば良いのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました