孫の自慢を聞かされるのがつらい!上手く話をはぐらかす方法とは!

悩み

孫はとてもかわいい存在だと言いますよね。

メロメロになるのもわかります。

でも、自分の孫がどれほど可愛くても、他人に自慢をするのは控え目にした方が良いと思いませんか?

世の中には生涯独身の人もいます。

子供が欲しくても恵まれない人もいます。

子供を作らない生き方を選ぶ人もいます。

どんなでも、シニアになれば孫ができるわけではないのです。

望んでも孫の顔が見られない人だっていますよね。

そういう人にとって、他人の孫の自慢をされるのはツラいことです。

相手の状況を考えて、気を使うことができる人なら、どれほど孫が可愛くても自慢話は控えるでしょう。

それができない人に対しては、ある程度はっきりと伝えないとわからないのと思います。

ですが、大人の対応として険悪な雰囲気にするのは避けたいでしょう。

どうすれば嫌な空気にならずに、孫自慢をやめさせることができるのか、対策方法を考えてみます。

スポンサーリンク

孫の自慢話をする心理

孫の自慢話をする人は、悪気は何もありません。

自慢する相手に子供がいなかったり、孫ができなくて悩んでいることを知っているのに、わざと自慢しているのなら悪意が感じられますが、たいていの人は何の悪意もなく自慢しています。

それどころか、自分の孫の愛らしさは、すべての人を癒すとすら考えている可能性もあります。

悪意は微塵もなく、良かれと思って自慢しているとすれば、とても困ったものです。

不思議なもので、自分の子供を自慢する親はあまりいません。

親馬鹿だと思われるのをわかっているからでしょう。

ところが孫のことになると、我を忘れてしまうのです。

それほど、孫は強烈な存在なのかも知れません。

他人には興味のない自慢

孫の写真を友達に見せるのは、子供やペットの写真を年賀状にして送るのと少し通じるものがあります。

子供やペットの写真を見せられても、どう思えばいいのか・・と困ります。

孫の写真をLINEやメールで友達に送って見せるのも、同じように反応に困ります。

なぜなら、興味がないからです。

もしも友人関係に距離を置いても構わないと思う相手であれば、孫の自慢には無反応してみてもいいと思います。

興味の持てないことに対しては、無理に反応するのも疲れます。

その人の気分を良くしてあげることで、自分にメリットがあるわけでもないのなら、無反応が一番効果的だと思います。

上手く伝える方法

孫の自慢話をする人が、とても親しい友人だった場合は、できるだけ上手くかわしたいですよね。

本当に心を見せ合えるような親友同士なら、はっきりと自分の気持ちを伝えてもいいのかも知れません。

ですが、どんなに親しい関係でも、孫のことになると別人のような感情になることもあるので、やはりできるだけ上手く伝えたいでしょう。

どんな方法で伝えれば、険悪な関係にならず済むのか考えてみました。

薄い反応で返す

孫の自慢をする人の特徴としては、孫の写真やエピソードに対して「可愛い」という反応を欲しがります。

自分の孫が世界一可愛いと思うのは自由ですが、他の人にも同じように求めてしまうのは、孫への愛で頭がいっぱいになって周りが見えなくなっているのです。

孫自慢への薄い反応を続ければ、自慢しても期待した反応がないので、そのうち自慢しなくなると思います。

全く反応しないのも角が立つので、3回に1回だけ反応する程度にして様子をみてみます。

孫の写真を見せられた時は「いい写真だね」と、孫に対するコメントはできる限りしないようにします。

孫のエピソードには「良かったね」と孫を褒めたりするのではなく、孫自慢する友人に対して反応するようにします。

自分の期待した反応を返してくれない人だと気が付いてもらえるように、薄い反応で様子を見ましょう。

スポンサーリンク

自慢で返す

孫自慢する友人には、自慢で返すというのも荒技ですが効果が期待できます。

自分にとって、特別な存在の孫なので、他の人にもその素晴らしさをわかって欲しいと思う気持ちが強すぎていることに気が付けない人もいるからです。

孫の自慢に対して、あなたの大切な存在を自慢して返してみます。

ペットでも、アイドルでも、趣味でも、何でも良いのです。

どんな人にも大切なものがあり、自慢したくなるけれど、それは自分の心の中だけにするべきだと気が付いてくれる可能性があります。

興味のないことを自慢された時に、どんな気持ちになるのかわかってもらえると思います。

悲壮感を見せる

孫自慢をする人に対して、過剰なほど羨ましがった後に、悲壮感を見せるとそれ以降は自慢話を遠慮してくれる可能性はあります。

羨まし過ぎて、聞いていると悲しくなってくるわ

こう言われると、さすがに気が付くと思いませんか?

相手が「ごめんね、そんなつもりじゃなかったの」と言ってくれれば、しばらくは大丈夫ですよ。

ただ、鈍感な人はこれでも気が付かないと思うので、そういう人には反応を徐々にボリュームダウンさせるしかないでしょうね。

「この人に孫の自慢しても、反応してくれないからつまらない」と思わせることができます。

でも、関係が疎遠になるくらいの弊害はあるかも知れませんよ。

 

まとめ

お互いの状況や環境が変わっても、親友であれば変わらない関係で付き合えるかも知れません。

ですが、友達として付き合えるのは、お互いに境遇が似ていたり、共感し合えることも重要です。

お互いが同じことに興味を持っているからこそ、友人として付き合えていた人が、急に孫自慢ばかりするようになれば、困惑します。

興味の対象が変わってしまったのですから、今まで通りの付き合いをするのは難しいと考えて、距離を置くことも検討してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました