数回のデートをして音信不通になる男性の心理とは?連絡しない理由

恋愛

合コンや婚活などで知り合った男性と、連絡先を交換して何度かデートをして、イイ感じになったと思っていたら、数回のデートの後に連絡が来なくなる・・。

メールを送っても返信はなく、LINEも既読にならない。

音信不通になってしまって、この先どうしていいのかわからないというパターンです。

交際が始まっているわけじゃなく、まだ彼氏とは呼べないくらいの関係の相手には、これ以上何もしない方が良いのでしょうか。

恋人未満の相手と音信不通になった時の対策と、男性の心理状態について考えてみましょう。

スポンサーリンク

数回のデートで音信不通になる理由

何度か会っただけの相手に対して、音信不通になる男性の言い分や気持ちをまとめてみました。

断るのがめんどくさくなった

数回のデートをしただけの相手は、お互いにまだ気持ちを確認しているわけじゃないので、会えないことをいちいち連絡するのはめんどくさいと思って音信普通になる男性がとても多いです。

数回のデートで、もう興味が薄れてしまって、次に会いたいと思わなくなってしまったからでしょう。

脈なしなので、それ以上は無理だと思います。

このタイプの男性は、きちんと付き合っている彼女でも、別れ話をしないまま自然消滅しようとする傾向があります。

最後まで責任を持つことが苦手なタイプなので、もしも付き合えたとしても、いい恋愛ができるかどうか怪しいですね。

本気で付き合うつもりはなかった

数回のデートで、もしも肉体関係ができてしまうと、告白されたわけでもないのに、恋人同士になったと錯覚してしまうことがあります。

相手の男性も同じように、言葉で愛情を伝えなくても、自然に恋人同士になったという感覚であれば問題ないですが・・。

それとこれとは別で、ただの遊びとしてしか考えていなかったのなら、数回のデートで音信不通になるのは、遊び相手として飽きられたのかも知れません。

また忘れた頃に連絡してきて、肉体関係だけを求められて、便利な遊び相手になるくらいなら、キッパリこちらから連絡手段を断った方が良いですよ。

彼女でもないから音信不通でも問題ない

そもそも、付き合っているわけでもないから、会いたくないならわざわざ連絡する必要はないと思っている。

それは、まったく悪気があるわけじゃなく、そういう価値観の人もいます。

これは男性に限ったことじゃなく、女性でもそういう価値観の人はいます。

人との付き合い方のルールは、ひとそれぞれ違うから仕方ないのですが、何度か会っている間に相手との価値観の相違を見出せないと、驚きますよね。

スポンサーリンク

付き合う前なのに「断る」のは失礼なこと?

じつは、何度かデートしただけの相手に、わざわざ「もう会うのはやめよう」と断るのは、逆に失礼なんじゃないかと思って音信不通になるケースもあります。

こういう事例があります。

何度か会ってみたけど、付き合う気持ちになれなかったから、もう連絡はしないけど、ごめんね。

はぁ?付き合ってるわけでもないのに、うぬぼれてるの?

いや、そういうことじゃなくて、急に音信不通になるのは失礼だと思って。

別にそんなこと気にするわけないでしょ!すごく失礼な人!こっちも二度と会うつもりないから。

もしも、音信不通になるのが失礼だと考えて、きちんと伝えたのに、逆ギレされてしまったら、次から怖くなりますよね。

このケースでは、男性から「ごめんね」と一方的に断るようなカタチにしたのがまずかったので、もっと相手の気持ちを考えた伝え方をすれば良かったのです。

具体的には、

何度かデートしてみたけど、君が思っているような彼氏になれる自信はないんだ。
だから、これ以上、君の時間を奪うのはやめようと思う。
連絡はこれが最後にするけど、元気でね。

こんな風に、相手のプライドを傷つけないような言い方をされれば、怒りの感情でヒートアップすることもないですよね。

そして、こういう言い方をされた場合は、相手のやさしさにつけ込んで、食い下がろうとせずに、サッパリ諦めた方が良いですよ。

スポンサーリンク

まとめ

恋人未満の相手から連絡が途絶えた場合は、ほぼほぼ脈なしです。

そういう始末の方法しかできない人が意外と多いので、あまり深く考えないようにしましょう。

もしもあなたに興味を持ち、ほんとに付き合いたいと考えている人なら、音信不通にはなりません。

韓国ドラマみたいに、突然の記憶喪失なんてことはまずありませんからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました