PTAは不倫の巣になっているってホント?ワンオペ育児が原因?

悩み

もう少しで新学期になる時期には、PTAのことで頭を悩ませる方も多いでしょうね。

私もビクビクしてた記憶があります。
6年間で1度は絶対に役員をやらないといけないルールがありましたから、逃げられないのですけどね。

PTA不要論とか、PTAの役員の負担がワーキングマザーを苦しめるとか、世の中では良いことが取り上げられなくなっています。

徐々にPTAという組織をなくしている学校も増えているようなので、そのうちPTAはなくなっていくかも知れません。

正直言って、PTAは無い方が助かると思った

役員の中でも忙しさが偏ることもある

忙しい役員に当たるとホントに大変

なくなって欲しいと思うママはすごく多いだろうね

PTAの活動で仕事や家事や育児以外の時間を捻出するのに苦労している人の本音だと思います。

ですが、PTAの活動を秘かな楽しみにしている人もいるんですよ。

それがPTA内不倫です。

これは昔からある話で、PTAの役員をする母親と教師とか、PTA会長になった父親と他の母親が不倫してしまうのです。

ですが、そんなことが表沙汰になれば大問題です。
あるだろう・・と思いながらも、表沙汰にならないケースがほとんどなのです。

今も派手にPTA内不倫はあるらしいのですが、そこにはワンオペ育児をしながら働くワーキングマザーの苦悩が影響していると思うのです。

スポンサーリンク

PTAに参加する父親の存在

PTAの仕事を主にするのは、ほとんどが母親です。
父子家庭も増えていますが、二人親世帯の場合はほとんどが母親がPTAの仕事をするので、圧倒的に女性が多数です。

ですが、子供の頃を思い出してみてください。
PTAの会長を務める人は、男性が多かったと思いませんか?

PTAの役員の中でも、書記、会計、副会長までは母親が選ばれても、会長だけは男性が選ばれることが多いのです。

入学式や卒業式などの学校行事の際に全校生徒や来賓の前で挨拶することなど、会長となると荷が重いと感じる方も多いので、人前に立つことに慣れている人が選ばれます。

さらに父親でもPTAの活動に参加しやすいのは、自営業者が多いでしょう。

女性の中で数少ない男性の存在は、PTAの活動で密接に連絡を取り合ううちに、不倫の対象になってしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

夫との違いを痛感する

PTA不倫に走りやすい女性は、PTAに参加する父親と自分の夫をつい比較してしまう傾向があります。

会社員でいつも夜遅く帰宅する夫は、家事も育児も何もかも妻に押し付けていて、まるで母子家庭のような状態になっていると、子供のためにPTA行事に積極的に参加する男性に対して夫の中には見つけられない魅力を感じてしまうのです。

ちょっとわかるような気がする

うん、自営業というのもポイントだね

そうです!
自営業だからこそ、会社員よりも時間の融通がきくのでPTAの仕事も受けられると考えれば、それだけ不倫しやすい環境が作れます。

浮気しやすい条件は、お金と時間が自由になることです。

自営業者は自分が自由に使えるお金が捻出しやすいし、時間も休み時間も自由に作りやすいので、不倫しやすい条件が揃いがちです。

そこにPTAの役員の母親たちに囲まれるわけです。
しかもPTAの中で数少ない男性なので、モテる可能性も高くなります。

まさにPTA不倫し放題という状態が揃ってしまうのでしょう。

とても危険なことですよね。
自分にはそんなことは一切ないと思っている人でも、油断はできないと思います。

自分の身にそんなことは起こらないと油断している人ほど隙だらけなので、ガードをしっかり固めていなければいけません。

PTA不倫の経験者の話

じつは私の友人の中に、ただいま絶賛PTA不倫中の人がいます。
しかも2人も。

こんなことを言ってしまうと、お前も同じようなものだろ!ってツッコまれそうですね。

ですが、PTA不倫している2人の友達の話を聞くと、その泥沼にハマった理由が見えてきます。

例えばA子の場合は、旦那さんが単身赴任中です。
旦那さんの実家の隣の土地に家を建てたので、いつも姑に監視されているような窮屈な生活をしています。
パートの仕事をしているけど、仕事仲間と出かけたりする時間もなくて、家事と仕事と育児だけの日々。
そんな時にPTAの役員になったので、堂々と姑に子供のことをお願いして外出することが許されるようになり、つい羽目を外してしまったのです。

そしてB子の場合は、旦那さんとは一人息子が生まれて以来、まったく夫婦生活がなくなってしまったレス夫婦です。
職場の上司と不倫した過去がありましたが、ウワサになって仕事を辞めることになったので、職場不倫は懲り懲りでした。
そこに会社経営をしているPTA会長をしている男性の存在が気になってしまったそうです。

どちらかというと、私はA子の方に共感する部分があったのですが、それでもやはり危険な不倫であることは間違いありません。

二人とも早くPTAの任期を終えて、不倫関係を解消して欲しいと思っています。
忠告なんてする立場じゃないけど、もしもバレたら大変なことです。

どれほど寂しくても、子供のことを考えたら、絶対にしてはいけないことです。
それだけは、どんな理由があってもダメなことですから、もしも迷っている人は絶対に踏みとどまって欲しいと思います。

スポンサーリンク

PTAの活動は事務的に行うことがベスト

PTAの役員は、子供が在学中には一度は必ずしなければいけないルールになっている学校が増えています。

どんなに否定的な考え方でも、そのルールに逆らうのは相当な勇気がいるはずです。

正直なところ、私もその立場になれば断る勇気はありません。

やらなければいけない時が来たら、その時は粛々と事務的に仕事をすることだけを心がけましょう。

保護者同士の繋がりが今までなかった人ほど、PTAの役員で色んな人と話すきっかけができたことで、急激に親しくなることもあります。

それはメリットでもありますが、今回のテーマのように父親が役員の仕事を受け持つ家庭もあるのですから、隙を見せないように事務的な対応をしましょう。

基本的には、PTAの役員が個人間の連絡先を交換しないようにしたいものです。

ただ、今の世の中はメールやLINEを使わないわけにいかないこともありますよね。

もしも経済的に余裕があるのなら、PTAの役員をしている間だけ使う格安スマホとか用意するのも防衛手段として有効だと思います。

プライベートとは一線を画しているという態度を見せることで、つけ入る隙を与えないのです。

困った時の対応は慎重に

自分がきちんとした対応をしていれば、妙な噂を立てられるようなことにはならないはずです。

ですが、世の中には想定の範囲を超える変わった人も存在します。
もしもPTAの役員の中に妙な変わり者がいて、あなたに興味を持ってしまったとしたら、すごく迷惑ですよね。

そんな災難には遭いたくないものです。

でも、万が一にも変な人に興味を持たれてしまい、PTAの役員をしているから無視することもできずに困ってしまった場合の対応です。

そうなった時には、他のママ友やPTAの役員をしている保護者に相談するのは慎重になってください。

相談したことがきっかけで、あなたに非があるように思われる危険性があります。

とくに女性同士は、妙な妬みであなたがまるで他の男性保護者に色目を使ったかのような噂を立てられる恐れがあります。

「妙な興味を持たれて困っているの・・」と相談したことで「自分がモテるって自慢したいのかしら」なんて思われたらさらに厄介なことになってしまいます。

困った時の対応はくれぐれも慎重にすることが大切です。

では、具体的にどうすれば良いのか。

一番の対策は、旦那さんに話してPTAの仕事を担当してもらうことです。
男性の保護者から興味を持たれているという話をするのは勇気がいると思いますが、正直に話した方が良いと思います。

もしもそれが伝えられないのなら、「男性の保護者の人と接することが多いから気が重い」とか「男性と一緒に役員の仕事をするのがストレスになる」と相談してみましょう。

本来、PTAの仕事は夫婦のどちらが担当しても良いはずですから、体調不良や家庭の事情などで夫婦が交替することは許されるはずです。

それでも旦那さんが非協力的であれば、自分の親族に助けてもらう方法も考えてみましょう。
あなたが毅然とした態度で接することが何より重要です。

同じ保護者同士だからという遠慮の気持ちに付け込まれないようにしてください。

まとめ

PTA不倫を目的に役員を積極的に引き受ける男性保護者もいるという話も聞きます。

でも、もしもウワサになったりすれば、あっという間に広まります。

子供のイジメの原因になるかも知れないし、家庭を壊す恐れもあります。
子供の人生に影響を与える危険があるということをよく考えて欲しいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました