PTA役員を仕事の多忙を理由に断った人の代わりに引き受けちゃダメ

悩み

小学校に入学すると、まず親を悩ませるのがPTAのことではないでしょうか。

子供が小学校に通っている間に必ず1度は役員をしないといけないルールができているPTAも増えています。

絶対にやらなくてはいけないのなら、できるだけ早いうちにやって後は気楽になりたいと思うのか、新一年生のママさんたちは役員を積極的に引き受けるみたいですね。

でも、ちゃんとルールができていないと、色んな言い訳をして6年間逃げ切る人もいるんですよね。

ここでは、PTAの役員を「仕事が忙しい」という理由で断って、専業主婦のママ友に代わりをお願いしたケースに起こる問題についてまとめています。

スポンサーリンク

仕事の忙しさは断る理由にならない

PTAというのは、参加しなくても罰則もないし、規則でもないので、どうしても仕事が忙しくてPTAの仕事ができないのなら、PTAに加入しなければ済むことです。

ですが、任意だけどほとんど強制的に加入されられることが多いので、仕事を理由にPTAの加入を断るのはちょっと難しいのかも知れません。

ですが、だからと言ってPTAの会員になった人はみんな平等じゃないと不満が大きくなるばかりです。

そもそも、今は共働き家庭の方が多いのですから、仕事しているのは一人だけではありません。

専業主婦のA子さんは、子供同士が仲良しのママ友B子さんがPTAの役員を引き受けると仕事に支障が出てしまうので悩んでいると何度も相談されるので、仕方なく代わりに引き受けてしまいました。

A子さんはすでに役員を経験済なので、2度も役員をすることになったわけです。

B子さんの代わりに引き受けたことを他の人に話してしまったことで、PTAの中がザワザワしてしまいました。

1人がそんなことをしてしまうと、他の専業主婦も仕事をしている人の代わりに役員を引き受けなくてはいけなくなります。

A子さんはママ友を助けるつもりでしたことですが、仕事を理由に役員を断るのはそもそもダメだってことをもっと理解しておくべきだったのです。

とは言え、親しい人が困っていれば、助けてあげたくなる気持ちもわかります。

このケースでは、B子さんがきちんと役員を引き受けて、どうしても仕事で十分に活動できない場合に代理としてA子さんがヘルプするのがベストでだったと思います。

見えないところでサポートしてあげるだけでも、B子さんは助かるはずです。

スポンサーリンク

忙しい言い訳がウソだったら?

PTAの役員をなかなか引き受けない人の言い訳として、仕事が忙しいというのは一番多く、ほんとに仕事が忙しくてPTAの役員を引き受けられない人はごくわずかなのが真実ではないでしょうか。

どんなに責任のある立場の仕事をしていても、プライベートな時間が全くなくなるわけじゃないので、仕事を理由に断るのは、半分以上がウソだと思われています。

それを証拠に、PTAの役員は断るけれど、運動会や生活発表会など、学校行事には顔を出している人がとても多いのですよね。

準備する時間はないけど、当日だけは予定を空けられるというのは、役員を断る言い訳として仕事を理由にしたとしか受け取れません。

仕事を理由にして断っている人は、周囲の人はほとんウソだと思っていると覚悟した方が良いでしょう。

PTAへの不満は不公平が原因

PTAや町内会のように、任意の活動組織で、しかもボランティア精神の上で成り立っていることは、責任感や意欲にある人に役割が押し付けられてしまい、不公平感が大きくなると、存在そのものがトラブルの元凶になってしまいます。

PTAの役員を逃げ回る人ばかりで、次の役員を選定できずに、何年も役員を引き受け続ける羽目になる人もいるようです。

悲しい話ですけど、役割を公平にできないのが当たり前なので、誰しもが納得できる理由がない限り、公平な方法で役員を振り分けるしか、PTAは存続しないのではないでしょうか。

断る理由として納得できることは?

PTAの役員は、かならずやらなければいけないルールがある場合でも、どうしても引き受けられないケースがあります。

誰しもが納得できる理由があるとすれば、どんなことなのか、小学校の子供がいる親に聞いてみました。

家族の介護

親の介護を自宅でしている人は、家を簡単に空けられないので、PTAの仕事を受けるのは難しいかも知れません。
ヘルパーさんに手伝ってもらって仕事をしながら自宅介護をしている場合は、PTAのためにヘルパーの依頼を増やすのは厳しいかも知れないですが、家族で協力しあって負担の少ない役割なら受ける人もいます。

介護しながらでも受けられる役員の立場があればいいのですが、家を空けられない場合は断るのも仕方ないと思います。

体調の問題

病気の治療のために役員を断るのは、二人親世帯の場合は難しいかも知れません。

両親そろって病気の治療をしているケースは少ないので、二人とも病気じゃないのに・・と言われる可能性はあります。

ですが、母子家庭や父子家庭の一人親世帯の場合は仕方ないと思うようです。

二人親世帯でも、命にかかわるような深刻な病気の場合は別だと考えるようですが、深刻な病気のことは、あまり大っぴらに話したくないと思う人が多いので、はっきりと断る理由が言えなくて困る人もいるようです。

がんの治療も通院しながら行えるようになっているので、そんなに深刻な病状だと知らずに役員を頼んでしまうこともあるでしょうが、知らなかったのなら仕方ないでしょう。

ハッキリと病気を理由に断られた場合は、病気が良くなったらお願いするというスタンスで納得するようです。

転居の予定がある

PTAの役員は、基本的な任期は1年単位なので、学年の途中で引越して、学校を転校することがわかっている場合は断っても仕方ないでしょう。

転勤が多くて、次の転居までの期間がわからない場合は、予めその事情を話した上で受けることもできます。

スポンサーリンク

まとめ

PTAの役員を断る理由として、仕事が忙しいというのは通用しない時代です。

専業主婦のママさんは、仕事していないとしても、不公平に役員を引き受ける必要は全くありません。

仕事している人が感じているPTAの負担を、専業主婦が引き受けるのは余計に不公平を助長させるのでやめた方が良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました