再婚する相手の実家に挨拶に行く時の注意点!彼の親と初対面の場合!

結婚・再婚

20代ですでにバツイチになり、30代~40代で再婚する人もたくさんいます。

30代ではまだ未婚の人も男女ともに多いので、自分は再婚でも相手は初婚のケースもありますよね。

今回は、再婚する相手が初婚の場合の親への挨拶に焦点を当ててみました。

女性側が離婚歴があり、初婚の男性と再婚するケースでは、相手の親から反対されることも想定されます。

すでに印象的にはマイナスからのスタートになると思うと、怖くなってしまいます。
ですが、今の時代では珍しいケースでもなくなっているので、想定外に歓迎されることもあるので、あまりネガティブに考えないようにして欲しいと思います。

とりあえずは第一印象はどんな時でも重要です。
再婚かどうかにかかわらず、初対面の印象は大切ですよね。

相手の親との初対面を上手く乗り切るポイントをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

初対面の前に準備すること

結婚を考えている人と親との初顔合わせの日までに、準備しておくべきことをチェックしておきましょう。

相手の家族についてのリサーチの窓口は彼しかいないので、しっかり話し合って準備します。

再婚であることをあらかじめ話す

自分が再婚で相手が初婚の場合は、親への挨拶の前にある程度のことは伝えておくべきです。

何も話さずにいきなり結婚歴のある人が相手だと聞かされれば、親も驚くでしょう。

反対することはないとしても、驚きから喜びの感情が後回しになってしまう可能性があります。

再婚であること、子供の有無など、お相手の家族を驚かせないためにも、前もって伝えてらいましょう。

もしもその事実を前もって伝えたことで、会うことを拒まれた場合は、また改めて対策を考えなければいけません。

そうなるのが怖いから、何も言わずに初対面の挨拶でいきなり再婚の事実を話した方が、すんなり受け入れられてくれそうだと彼が判断した場合は、任せても良いと思います。

ですが、親に反対されるのが怖くて言えなくて、当日になって「当たって砕けろ」的な感じで伝えるのはリスクが高いでしょう。

相手の家族構成をおぼえておく

再婚すれば、自分にとっても家族になるので、親だけじゃなく少なくとも兄弟姉妹など家族構成は頭に入れておきます。

スムーズに会話するためには、家族構成を知っていた方が良いです。

兄弟姉妹の年齢や職業などを話の糸口にできれば、相手の親も話しやすいと思います。

人間だけじゃなく、犬や猫などのペットのことも頭に入れておくと会話がはずむきっけかになるかも知れません。

相手の親の情報を聞いておく

相手の親のことはできるだけ細かく情報を知っていた方が良いでしょう。

どんな仕事をしているのか、どんな趣味があるのか、好きな食べ物など、知り得る情報が多い方が準備できます。

もしかして、相手が再婚という事実を知って反対しているかも知れません。

そういうことも知っていた方が対策を考えられます。
反対されているとしても、直接会えば変わるかも知れません。

知らないまま会って、いきなり反対されるよりも心の準備もできますよね。

どんなに反対されたとしても、二人の気持ちが固まっていることを見せれば、親の反対する気持ちも薄れる可能性は十分にあります。

スポンサーリンク

訪問時のマナー

相手の実家への訪問時のマナーは基本的なポイントさえ押さえておけば問題ありません。

・派手ではなくシンプルで清潔感のある服装
・好みを聞いて喜ばれそうなお菓子などの手土産
・食事時を避けて、相手の都合の良い時間に訪問

以上の3つのポイントに加えて、訪問時のマナーもチェックしておきます。

自信がないのなら、マナーBookなどを見て勉強するといいですね。
知っておいて損はないですから。

簡単に訪問時のマナーを見てみましょう。

・コートなどのアウターは玄関に入る前に脱いでおく
・玄関でフルネームを名乗り挨拶をする
・脱いだ靴を揃えて上る
・部屋に通されたら手土産を渡す(外袋から出して)
・「どうぞ」と促されてから座る

この後は世間話をしながら、相手の親の質問などに答えます。

初対面からあまり深い話はしないと思いますが、前の結婚のことなど質問された場合にどの程度まで話すのか二人で話し合って決めておきましょう。

結婚の話を切り出すタイミング

本題である結婚の話は、30分から1時間程度の世間話が落ち着いた頃を見計らいます。

言い出すタイミングとしては、会話の途切れたところを目安にしますが、思いがけず話が弾むといタイミングを逃してしまうかも知れません。

楽しく会話が弾んだのなら、1時間くらいの目安はあまり気にすることはないでしょう。

結婚の話を切り出す時は、座布団を外します。
ソファーなどに座っている場合は、2人揃って立ってから話します。

そして、結婚の意志を伝えた後は、揃って頭を下げましょう。

スポンサーリンク

反対された場合の対応

結婚したい旨を親に報告した反応が喜ばしいものではなく、反対されるかも知れません。

反対されるとは思っていなかったのなら、どうしていいのかわからなくなると思います。
ある程度は予想できたとしても、動揺はするでしょう。

もしも相手の親に反対された場合は、しつこく食い下がるよりも改めて出直す方が良いと思います。

冷静に考える時間と、親子で話し合う時間が必要だからです。

その場で賛成してもらえるまで長々と説得したりするのは控えて、時間を置いてからもう一度お話する機会を作ってもらう方が良いですね。

スポンサーリンク

喜んでもらえた後の会話

結婚の意志を伝えて、相手のご家族に賛成してもらった場合は、打ち解けておしゃべりするのも良いですし、すすめられたら食事をご馳走になっても良いです。

ただし、結婚式や新婚旅行、新居のことなど、細かいことについてはこの日に全て報告するのは控えた方が良いでしょう。

2人で話し合って決めていることがあっても、親の気持ちはまた別かも知れません。

再婚する側の親はこだわらないかも知れませんが、相手が初婚の場合は結婚式を挙げて欲しいと願っているかも知れません。

その点のすり合わせを事前にしないまま、2人だけで決めてしまうとトラブルを生むかも知れないからです。

初対面の時に何もかも話を進めずに、一歩ずつ前進してください。

「結婚式はどうするの?」とか「結婚したらどこに住むの?」など、相手の親がどんどん先走って質問した場合は「2人で話し合ってゆっくり決めたいと思います」と答えておきましょう。

まとめ

離婚している人が世の中に溢れているような時代です。
60代以上の親でも、バツイチに対する偏見はほとんどないでしょう。

もしも反対されたとしても、簡単にあきらめずに説得する熱意を持ち続けてください。

どれほどバツイチが増えたとしても、再婚のハードルはそれほど低いわけじゃないということを忘れないで気を引き締めましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました