バツが付いたまま独身が長くなる理由!再婚できない女性の特徴とは!!

結婚・再婚

バツイチくらいじゃビクともしない!
それほど離婚率は高くなっています。

少し前は3組に1組の割合が離婚すると言われていましたが、今では2組に1組に近くなっています。

だからバツイチになったくらいでは、恋愛にも再婚にも臆病になることなんてないのですが、やはり再婚に踏み切れないままでいる人も少なくありません。

ここでは、離婚歴のある女性が再婚できない理由を突き止めるために、再婚できない女性によくある特徴を集めてみました。

バツイチになってからさらに二度の再婚を経験した私の個人的な意見も少し入れてます。

スポンサーリンク

子供優先で自分を後回しに考える

離婚して独身になった女性とは違い、シングルマザーになると再婚に慎重になるのも当然です。

まず子供のことを考えて、自分が幸せになることよりも、子供が幸せになることを優先して考えるので、再婚が遠のくこともあるからです。

再婚することで、シングルマザーで育てるよりも子供が幸せになれるのなら、積極的に再婚を考えるでしょうが、血のつながらない子供をほんとに愛してくれるかどうか不安になりますよね。

子供がしっかり意志表示できる年齢だと、反対されてしまえば再婚を諦めることになるでしょう。

離婚は親の都合なので、子供にとても迷惑をかけてしまった負い目を感じていると、また自分都合で子供の気持ちを惑わすような再婚には慎重になります。

良い母親にならなくちゃ!と頑張り過ぎる人に多い特徴です。

再婚相手に求めるスペックが高い

一度目の結婚で失敗した原因がお金や生活レベルの価値観の違いだったりすると、再婚する時は高スペックの相手にこだわってしまう気持ちもわかります。

一度目の結婚相手のスペックにこだわらず、恋愛感情で突っ走ってしまった場合はとくにそうなるでしょう。

バツイチになったのだから、失敗したことを糧にして成長しないとダメだと思い込みが強すぎるのです。

高スペックに越したことはないですけど、それだけ高い理想を掲げるのなら、自分もレベルアップしないと厳しでしょう。

スポンサーリンク

過去の離婚のトラウマをアピールする

浮気されたとか、DV夫だったとか、ツラい経験をして離婚した人によくあるのが、離婚した後もずっと悲劇のヒロイン的な雰囲気を引きずってしまうことです。

悲しげな雰囲気は男性が惹かれる魅力でもありますが、あまり悲劇のヒロイン感を出すのは逆効果です。

自分だけが被害者で、別れた夫が100%悪いとしても、再婚する時まで引きずるのは重い女だと思われます。

とくに浮気が原因で離婚した場合は、再婚相手を探す段階から、浮気しないことに徹底してこだわることが多く、それが守られないことに対して過剰に反応するので、怖がられることもあるので注意が必要です。

再婚したい気持ちで前のめりになる

再婚したい気持ちが強いと、つい気持ちばかりが先走ってしまい知り合った相手が思わず引いてしまうなんてことがあります。

世の中にこれほどバツイチの人が増えているのですから、バツがあることがマイナスになることもほとんどありません。

それどころか、バツイチになってからの方がモテるようになったと感じる人もいるのですから、あまり結婚を焦りような前のめりの婚活をしないように気をつけましょう。

離婚を経験すると、簡単に結婚できたとしても、離婚はとても大変なことだから、再婚はとくに望んでいないのに、妙にモテるようになったんだけど・・というバツイチ女性をお手本にして、結婚を目的に近寄ってくるガツガツした女性にならないことです。

家庭的過ぎる

結婚生活を送った経験が良い材料になることも沢山ありますが、家庭的なことがマイナスになることがあります。

例えば、デートで外食するよりも、手料理を食べさせたがると、所帯じみてお母さん的なイメージで女性としてはあまり魅力的に感じないことがあります。

家庭的な女性に対して魅力を感じる男性でも、離婚経験がある女性の家庭的な姿は、リアルに前の結婚生活を想像してしまいます。

離婚するまでにどのくらいの結婚生活を送ってきたのかによって違いますが、長い主婦業を送っている間に所帯疲れしているのかも知れません。

女性としての魅力を失っていては、キラキラした恋愛のチャンスを見つけることができません。

自分磨きをして、所帯疲れを吹き飛ばしてから婚活をスタートして欲しいです。

スポンサーリンク

自分勝手で自己中なことに自覚がない

離婚の原因にきちんと向き合って、何が失敗の原因なのか考えてみたことはありますか?

円満離婚なんて滅多にないので、離婚という結果になるまでには、山ほどの問題にぶつかってきたでしょう。

離婚の理由に一番多いのは、不倫などの異性問題ではなく性格の不一致です。

ハッキリとした原因があるわけじゃなく、一緒に生活して嫌なところが見えてしまうと、相手の性格に文句の一つも言いたくなることはあるでしょう。

私は自分でも自覚があります。

何でも悪いことがあると、元夫に八つ当たりしていた時期がありました。

うつ病の治療をしていた時期で、元夫は精神的に不安定な私を甘やかして、わがままも何でも聞いてくれました。

いつの日か、それが当たり前になってしまい、治療が終わってからも自分勝手なまま接していたと思います。

別れてから思い返して気が付いたことです。

夫にもダメなところはありましたから、今思えばお互い様の部分もあったと思います。

それに気が付かないまま再婚してしまうと、また同じ失敗を繰り返していたでしょう。

その前に、そんな自分勝手でわがままな人間と結婚したい人なんて現れなかったと思います。

まとめ

再婚したいのになかなかできない人もいるのに、離婚してすぐに再婚する人もいるのは、タイミングの問題が大きいので、そんなに深刻に考えることもないと思います。

結婚は簡単にできるけど、離婚は簡単ではないと経験上身に沁みている人なら、次こそきっと幸せを掴めると思います。

頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました