SNSがきっかけの結婚は人に言いにくい?ホントの出会いを人に話す?

結婚・再婚

結婚相手とどんなカタチで出会うのか。
それは時代と共に移り変わります。

それこそ、昔話になりますが、結婚相手の顔も知らないまま、親が決めた相手と結婚することも当たり前だったのですから、信じられませんね。

しかし、今でも実際に会ったこともない人と恋愛して、結婚まで発展することもあります。

どんなきっけかでも、二人が幸せになれば何も問題はないのですが、SNSをきっかけに出会った二人が結婚するとしたら、そのきっかけを親や友人などにそのまま話せるでしょうか。

スポンサーリンク

SNSきっかけの結婚は増えている

未婚の女性が男性と気軽に会話したりするのは、世間体が悪いなんて言われた時代もあったようですが、今はそんなこと言われることもありません。

学校でも職場でも、男女が出会う機会は溢れています。

学生時代から付き合っていた人と結婚するとか、職場恋愛をして結婚するのは、ごく普通のことだと思います。

このケースなら、普通に友達にも報告できるし、親が聞いても反対されることはあまり考えられないでしょう。

しかしそれがインターネット上の出会いとなると、途端に印象が変わることがあります。

例えばmixiやFacebookのように、不特定多数の人と交流できるSNSはどんどん増えています。

その中で出会い、恋愛に発展して、結婚することだって珍しくありません。

自分の身近なところにいる人は限られています。
その中から結婚相手になるかも知れない相手と出会うよりも、SNSでなければ出会えなかった人との恋愛の可能性が無限に広がるのです。

身近な存在に気になる人がいなければ、SNSの中に出会いを求める人が増えるのは、当然のことです。

無いモノを求めているわけじゃなく、SNSは誰でも簡単に始められるのですから、それをわざわざ避ける必要はありませんよね。

スポンサーリンク

SNSきっかけを親に報告するリスク

SNSで知り合って結婚するのが何が悪いの?

私はそう思っています。
何を隠そう、私自身もSNSで知り合った人とパートナーになりました。

SNSじゃなければ知り合えなかった人との出会いの結果、遠距離恋愛をして結婚したのです。

でも、ほんとに情けない話ですが、親には正直に言えませんでした。

私の親はインターネットを使いません。
携帯電話もメールするくらいが精いっぱいの超アナログな両親です。

インターネットを教えないと、老後に困るのではないかと、自分のお古のパソコンを実家に置いて教えようとしましたが、こちらが疲れてしまって諦めました。

だから、SNSの出会いに関して、悪いイメージしかないのです。

ニュースで問題になるような怪しげな出会い系サイトと、実名で登録するFacebookの違いは両親にはわかってもらえないと考えて、仕事関係の人の紹介で知り合ったことで押し通しました。

幸い、遠く離れた場所の人だったこともあり、頻繁に顔を会わせる機会が少なかったので、何とかそれで誤魔化しました。

初めての結婚でもないので、結婚式などのセレモニーはしなかったため、バレることもありませんでした。

両親がインターネットを使いこなしていて、SNSのこともよくわかっているとしたら、隠すこともなかったと思います。

SNSの出会いは相手を見ることが大切

SNSは男女の出会いに限ったことじゃなく、性別や年齢も幅広い人たちと出会うことができるのが魅力です。

なので、別に隠すこともないのですが、やはりインターネットを使わない人には、顔もわからない人との出会いは怪しいもの、怖いものだというイメージが強いのです。

ウソの方便じゃないですが、あえて心配させるようなら、細かく伝える必要はないと思いますよ。

友達や同僚などに伝えるのも、聞いたことのないようなサービス名よりも、FacebookやInstagramのようによく知られているSNSの方が無難です。

FacebookやInstagramなら、政治家や有名人もやっているので、怪しげなイメージはほとんどないでしょう。

スポンサーリンク

マッチングやお見合いサイトについて

スマホのアプリでSNSを検索すると、数えきれないほど多くのアプリが見つかります。

その中には、男女の出会いに特化したようなアプリも多いので、ちゃんと選別しないと真面目に結婚相手を探すのは難しいと思います。

結婚相手に求める条件などを絞り込んで、相性の良さそうな相手を探せるマッチングサイトやお見合いサイトなら、真面目に結婚相手を探している人が利用しているので安心です。

しかしこのようなサービスも、やはりインターネットを使わない世代には理解できないと思います。

でも、昔からある結婚相談所や近所の縁談を取りまとめるお節介なおばさんの存在が、インターネットの中にあるようなものです。

インターネットがなくても、知らないところから縁談の話がきたり、知らないもの同士を引き合わせる人が存在していました。

ということは紹介されてお見合いをして結婚することになったと説明しても、ウソをつくことにはなりません。

どうしても言いにくい相手には、突っ込んで質問させないように、「お見合いです」だけでそれ以上は話さないようにするのも一つの方法です。

SNSきっかけで結婚した夫婦の注意点

出会いのカタチがSNSでも、それで二人が幸せになれれば何の問題もありません。

しかし、実際にSNSで知り合った人と恋愛に発展した経験があることを、お互いに知っている者同士が夫婦になるわけです。

結婚してからもSNSを続ける場合は、結婚生活を揺るがすような新な出会いを疑われないように、細心の注意をしながら利用するようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

SNS経由で結婚した当事者としては、堂々と親や友人たちにほんとのことを話せなかったことに後ろめたさを感じています。

でも、わざわざ波風立たせることもないと思ったので、今もホントのことは言っていません。
それでも、結婚して年数が経てば、そんなことも聞かれなくなります。

罪悪感は徐々に薄れるので、あまり深刻に考えなくても大丈夫ですよ。
きっともう少しすれば。SNSの出会いから結婚するのはスタンダードになるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました