どうしたら束縛したい気持ちを抑えられる?独占欲を調整する方法とは

恋愛

恋人ができると独占したくなって、つい彼の行動を追ってしまい束縛して嫌われてしまう・・・。

思い返してみると、私の恋愛はそんなことの繰り返しだった気がします。

どうしたら束縛したい気持ちを抑えられるのか、ほんとに悩んでいました。
今もまだ、独占欲をコントロールする方法は見つかっていませんが、ほんの少し抑えられるようになりました。

どうしたら束縛しなくなるのか、そのヒントになることを集めてみました。

スポンサーリンク

束縛してしまう心理とは

好きな人を独占したい、だから束縛したい。
それはごく普通の感情です。

好きな人が他の異性のことを気にしたりするのを平然と落ち着いていられる人なんてほとんどいないでしょう。

ですが、心の中に嫉妬心が沸き上がったとしても、それを表に出さずに、抑えられる人とむき出しにしてしまう人がいます。

そこにはどんな差があると思いますか?

独占欲が強く、恋愛に限らず親しい人を束縛したくなる感情が強い人は、自分に自信がなくて、自己肯定できない傾向があります。

私なんて・・。
俺なんて・・。

口癖のように自分を否定してしまう人は、独占欲がとても強く出る傾向があるのです。

要するに、自分に魅力がないから、人を惹きつけられないので、独占して自分だけのものにしようとするわけです。

ホントに魅力のない人なのかどうか、それはわかりません。
自分だけが自分自身を認めていないだけで、他の人から見れば魅力にあふれた人なのかも知れません。

ですが、自分のことを認めずに、束縛してばかりでは、どんなに魅力的な人でも嫌われてしまうでしょう。

それに気が付いていても、簡単に束縛をやめられないのですが、時間をかけて自分をコントロールできるようにトレーニングしていくしかありません。

スポンサーリンク

独占欲を抑える方法

独占欲を抑えるためには、自己肯定感を高めて、まず自分自身を認めて好きになることから始めることが第一歩です。

ですが、これはかなり難しいことなんです。
自分を好きになるのと、自分を甘やかすのは違います。
自分を認めるのと、都合よい解釈をして棚に上げるのは違います。

具体的に独占欲を抑え、束縛する自分を変えるためのコツを集めてみました。

人は所有物にはならない

独占欲は物に対して起こる感情です。

お金を出せば自分だけのモノを手に入れることは簡単にできます。
ですが、人は所有物にはなりません。
これは絶対に!!です。

子供も親の所有物ではないし、夫の収入で暮らしている専業主婦も夫の所有物ではありません。

世界中には、貧しい人をお金で買うなんてことが今もあるのかも知れませんが、人をお金で所有するのは奴隷ということです。

どんなにお金を出しても、どんなに深い愛情を注いでも、人を所有物にして独占することは不可能です。

そのことをしっかり胸に留めておくことが、独占欲から解き放たれるために欠かせないことです。

嫉妬心を素直に見せる

束縛したがる人は、嫉妬心も人一倍強いはずです。
そして、その嫉妬心を見せないようにすることが多いです。

束縛するのはやきもちからではなく、相手のことを心配しているからとか、束縛の理由をすり替えてしまうのではないでしょうか。

素直に嫉妬心を見せられる人に対して、真剣に付き合っている恋人は、誤解を受けないように行動に気を付けてくれるようになるはずです。

やきもち妬いていることを知られるのはカッコ悪いと思うのは間違いです。
素直に気持ちを表現せずに、束縛する方が何倍もカッコ悪いことに気が付きましょう。

束縛と愛情を別に考える

束縛したくなるのは、それだけ愛情が強いからなので、束縛するのは悪いことじゃないと考えているのではないでしょうか。

束縛とか独占とか、文字の意味を考えればわかりますが、相手の自由を制限することですよね。

愛情が強いから独占したくなるとしても、愛情を理由に人の自由を制限するのを正当化しないようにしましょう。

友達を増やす

恋人を束縛する人の多くは、友達が少ない、もしくは恋人ができると友達との付き合いが極端に減る傾向があります。

恋人のことしか考えられなくなるので、友達と遊んでも楽しくなくなるからでしょう。

友達と過ごしている時間に、彼氏(彼女)が何をしているのか気になって仕方ないので楽しめないのです。

独占欲を抑えたいのなら、友達と過ごす時間をあえて増やしてみましょう。

打ち込めることを見つける

恋愛と趣味、恋愛と仕事は両立できるはずです。
ですが、束縛が強い人はバランスが傾き過ぎて、恋愛がすごく重くなってしまいます。

恋愛すると趣味を後回しにしたり、恋愛すると仕事に身が入らなくなるのなら、バランスを保つ努力をしましょう。

スポンサーリンク

束縛しない方がラクになれる

束縛したくなる気持ちを無理にガマンしているのはストレスになるとか、独占欲を抑えるのは愛情が伝わらないとか、自分一人の思い込みで破局してしまった経験が何度もあります。

それが自分の素なんだから仕方ないと開き直ったこともあります。

ですが、それで人を巻き込むのは間違っていますよね。
独占欲を持つのも、束縛したくなるほど嫉妬してもいいのです。
ただ、それで人を縛り付けてもムダだと気が付きましょう。

独占欲で人を縛るのではなく、目を離すことができなくなるほど興味を引く人間になるように努力し続けるしかありません。

独占欲と愛情を重ねないためには!

まとめ

独占欲、束縛、嫉妬心、これらの感情を全く持たないなんて人はいないはずです。

その感情が誰のためなのかよく考えてみましょう。

自分を認められないから、人を束縛するのは何も良い結果を生まないので、、先ずは自分を好きになることがスタートです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました