40代で初婚の女性たちの結婚生活はどうなの?幸せになる秘訣は!

結婚・再婚

初婚年齢がどんどん高齢化していて、晩婚化の波はこれからもまだ進むと予測されています。

昔だったら30代になっても独身なんて、世間体が悪いなんて思われていました。

結婚適齢期を過ぎた女性に対して、世の中の風当たりは冷たいものだったのです。

今は30代でも独身の男女は珍しくもありません。

20代で結婚する方が「まだ若いのに」と言われるくらいの晩婚化なんですよね。

でもさすがに40代で独身を通していると、男女ともに周りから心配されることも増えてきます。

でも40代で素敵な人と巡り会って結婚することだってありますから、焦る必要なんで全くないのですよ!

実際に40代初婚の女性から話しを聞いてみました。

今から婚活してももう手遅れなのでは・・・・なんて諦めモードになっている人は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

40代まで独身だった理由

女性が40代になって初婚するまでに、一度も結婚を考えたことがないケースの方がレアです。

結婚寸前になったことや、結婚を本気で考えた相手がいたこともあるでしょうね。

諦めるしかなかった理由があったけど、その時は「またチャンスはあるはず」と思えたのではないでしょうか。

40代まで独身を通し、結婚に至らなかった理由をあげてみます。

・仕事が面白かった
・仕事を辞めたくなかった
・家を出ることができなかった
・結婚する必要性を感じなかった

このようなことが主な理由のようです。

一番多いのは、結婚を考え始める年齢は、社会人として脂が乗り始める時期と重なるため、もう少し仕事に集中したいという気持ちが強くて結婚のタイミングを逃すというケースです。

これは男性には理解できないことでしょうね。
男性は、仕事が面白くなってくる頃と結婚を考える時期がリンクするケースが多いのに、女性は正反対なのですから。

仕事を辞めたくないというのも、同じようなことですが、結婚相手が妻に仕事をさせたくないとか、相手が自営業でその仕事を一緒にやらなければいけないなど、自分の仕事を辞めないと結婚できないというのも一つの理由です。

一人娘、もしくは姉妹だけで婿養子しか結婚できないというのは、今の時代は少なくなっていますが、まだあることです。

最後の結婚に対する必要性は、経済的に自立できる女性が多くなっているからです。
いまだに男性の方が有利な社会ではありますが、それでもひと昔前よりも女性の働く環境は改善されています。

独身でも生活に困ることがなければ結婚に魅力を感じないのも仕方ないことです。

既婚者たちが旦那の愚痴を言っているのを聞いている限り、「結婚なんかしない方がいい」と思ってしまうのも納得です。

スポンサーリンク

40代になって結婚願望を持つ理由

結婚したくてもできないわけじゃなく、結婚という道を選ばなかった女性でも、40代になると考え方が変わる人が出てきます。

ずっと独身を通すつもりで不動産の購入を考える人もいれば、婚活を始める人も出てきます。

人生の半分近くまで生きてきて、この先のことを考えるようになると考え方にも変化が出てきます。

老後のことや、今後の仕事のこと、自分の身体の状態などを考えると、独りで生きる自信が揺らぐようになるのでしょう。

40歳を超える頃になると、女性の身体は徐々に更年期に向かっていきます。

女性ホルモンの分泌が減少してきますから、自律神経のバランスを乱して精神的な安定を保ちにくくなるのです。

不安が大きくなり、誰かと支え合いたいと思い始める時期でもあるわけです。

40代初婚女性が幸せになるポイント

初めての結婚は、年齢がいくつであろうと気持ちは同じです。

結婚に求める理想や夢を諦める必要はありません。
ただ、相手に対する理想は、ただの空想の世界にならないようにすることが幸せをつかむポイントです。

結婚相手になるかも知れない?と思う人に出会った時にチェックしておきたい項目です。

1、仕事を真面目にしている
2、子供を欲しいと思っているかどうか
3、家族を大切にしているか
4、食事の好みが合うかどうか
5、精神的に波が激しくない
6、お金の使い方が荒くないかどうか
7、結婚後の仕事を続けられるかどうか

以上の7つの項目はチェックしておきたいですね。
とくに1つ目と2つ目は40代以上の初婚女性には大きな問題です。

自分自身も収入があれば、結婚相手に高収入を求めない女性がいますが、高収入じゃなくてもきちんと仕事をしているのか!と言う点は重要です。

そして子供の件です。
女性は40代を超えて自然妊娠できる可能性は低くなります。
子供を強く望む相手は出会った場合は、よく話し合う必要性が出てきますね。

40代初婚女性が結婚するきっかけ

40代の女性が初婚するに至ったきっかけは実に色々ありますが、驚くことに仕事上の出会いがとても少ないようです。

仕事上での立場が、恋愛する気持ちを邪魔してしまうのではないでしょうか。

積極的に婚活して出会いを求める方法で結婚相手を見つけた人もいますが、趣味を通じて出会うことでトントン拍子で結婚した人が少なくないのです。

40代まで独身で過ごしてきた人が結婚する相手には、同じ趣味を持っているというのはかなり安心感があります。

共通点を見つける第一段階はすでにクリアできています。

とにかく仕事をバリバリして頑張ってきたけど、趣味を楽しめる余裕が持てるようになったことは、結婚のタイミングだと考えても良いと思います。

スポンサーリンク

40代初婚女性がターゲットにする年齢層

40代まで独身を通してきた女性が結婚する相手に選ぶのは、年下が多い印象です。
あくまでも私が調べた結果ですが、年上や同年齢よりも年下と結婚する方が多かったです。

ただ、年下と言っても10歳以上も年の離れた夫婦ではなく、5歳前後年下の男性を選ぶ女性が多いようです。

40代の女性から見て5歳くらい年下の男性は、社会的にも責任のある仕事をしているので、経済的に対等でいられるのが良いのではないでしょうか。

10歳以上年下の男性では、いかにも「若い男性に貢いでいる」みたいな偏見を持たれてしまうのを嫌がることが影響するようです。

まとめ

40代の女性の初婚は、経済的にも安定していて穏やかな夫婦生活を送れると思います。

それでもやはり男女が一緒に生活するようになれば、ケンカすることももあると思いますし、年齢だけでは片づけられない感情が湧くこともあるでしょう。

年齢を言い訳にしたり、年齢を理由にガマンばかりしないように、幸せになりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました