恋をするといつも彼に振り回される!主導権を握られる理由とは!

恋愛

恋愛するといつも彼氏に主導権を握られてしまう人がいます。

そもそも恋人同士はどちらも対等なはずなのに、なぜパワーバランスが傾いてしまうのでしょうね。

主導権を握られて、いつも彼氏に振り回されてしまうのは、あなたが選ぶ男性がそういう性格なのか、それともあなたがそうさせてしまうのでしょうか。

あなたに原因があるのなら、これからは振り回されない恋愛ができる可能性がありますよ。

主導権を握られてしまう理由をまとめてみました。

スポンサーリンク

主導権を握らせてしまう理由

恋人ができる時は彼から告白されて付き合い始めたのに、すぐに主導権を握られてしまう理由は3つあります。

あなたに思い当たることがないかチェックしてみてください。

彼からの連絡を待ってしまう

電話、メール、LINEなど、彼とコミュニケーションを交わすのをつい待ってしまう人は主導権を握られやすいですね。

例えば彼の仕事が不規則だったりすると、いつ仕事が終わって連絡が入るのかわからないので、他のことができずに待っていませんか?

彼の方は、不規則だから待っていてくれるとは思っていないのに、いつでも待っていてくれるのが当たり前になると、彼が望んだわけでもないのにいつの間にか主導権を握ったかたちになってしまいます。

彼からの連絡がないと、スマホを握りしめたまま眠ってしまうなんてことがある女性の典型的なパターンです。

彼の都合に合わせてしまう

デートの日や時間はいつも彼氏の都合を優先して、それに合わせてしまうのが当たり前になると主導権は完全に彼の手の中にあります。

彼のことを気遣う気持ちから合わせてきたのでしょうが、それが当たり前になってしまうとパワーバランスが崩れます。

彼の都合に合わせないとなかなかデートできないというような事情があっても、自分のことを後回しにしてばかりでは相手を勘違いさせてしまいますね。

「ありがとう」を素直に受けられない

彼に対して何かしてあげた時に「ありがとう」と感謝の言葉を言われた時、あなたは素直に受け入れていますか?

「お礼なんて水くさいからやめて」とか「私が好きでやっていることだからありがとうなんて言わなくてもいいの」なんてことを言ってしまうと、感謝の気持ちが薄れてしまいます。

彼の感謝を素直に受け入れて、あなたも彼に感謝を伝えることができればどちらかにパワーバランスが偏ることもなくなるはずです。

スポンサーリンク

彼に振り回されないための方法

彼に握られた主導権を奪い取り、彼を振り回す女になりたい!と思ったとしても、無意識のうちに彼に主導権を握られてしまうような女性には無理なことです。

無理に主導権を握ろうとせずに、対等な関係を目指してください。

そのためには、彼に主導権を握らせてしまう3つの理由としてあげたことと反対のことをするようにしましょう。

彼の連絡を待たない、彼の都合に合わせない、彼の感謝を素直に受け入れることです。

もう彼がすっかり主導権を握っていて、彼に振り回されている状態からいきなりは難しいかも知れません。

なので3つのうち1つだけでもやってみましょう。

始めやすいのは「彼からの連絡を待たない」ことではないでしょうか。

きっと彼は今までと違うあなたに戸惑うはずです。
もしかしたら浮気でもしているのか?と疑われるかも知れません。

それほど彼を調子に乗らせてしまい、勘違いさせてしまったのです。

時間はかかると思いますが、当たり前のように待つ女になるのはやめましょう。

スポンサーリンク

まとめ

彼に振り回されるのが嬉しくて、主導権を握って引っ張って欲しいと思える女性もいます。

そういう人は無理して主導権を奪う必要はありませんよね。

振り回されてばかりはもうやめたいと思っているのなら、彼を変えるのではなく自分を変えるように努力してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました