玉の輿に乗った女性たちはほんとに幸せな結婚生活を送っているのか?

結婚・再婚

玉の輿に乗って一生ラクに暮らしていきたい。

そんなことを思い描いたことはありますか?

一度くらいはあるのではないでしょうか。

玉の輿というのは、昔の貴族が乗るための輿のことです。

憧れの象徴のようなものなので、お金持ちで地位の高い人と結婚することを「玉の輿に乗る」なんて言うわけです。

生まれた時から恵まれた環境で育った人は玉の輿に対して憧れることなんてないかも知れませんが、庶民は憧れますよ。
ただ、玉の輿に乗って花嫁になった後はどうなのでしょう。
ホントに幸せな暮らしが続いているのか気になりますよね。
余計なお世話かも知れませんが、玉の輿に乗った後の人生について掘り下げてみました。

スポンサーリンク

玉の輿に乗る前の努力

玉の輿に乗るために、とにかく収入の高い男性に狙いを定めて婚活する女性たちは並大抵の努力じゃ目的を果たせないようです。

高収入で地位のある男性は、普通にモテるので競争率が高くなります。

その他大勢で終わらないためには、本命になるための決め手が必要です。

ただ容姿だけを磨いていても、中身が空っぽでは遊び相手で終わってしまうので、容姿も内面も他の女性と比べて頭一つリードするための努力が必要なんです。

生まれつき恵まれた容姿の女性でも、それだけを武器にして玉の輿に乗れるわけじゃないのですよね。

スポンサーリンク

玉の輿に乗った後の努力

理想通りの男性を見事に射止めて玉の輿に乗ったら、後は何の苦労もなく悠々自適に贅沢をしていれば済むのだから・・。

玉の輿に縁のない庶民から見るとそう思いますが、じつは玉の輿に乗った後の結婚生活の方が結婚前よりも大変なことが山ほどあるようです。

お金持ちというのは、お金の使い方にシビアなことが多く、思ったほど贅沢することができなくて、「こんなはずじゃなかった」となることもあります。

お金持ちほどケチケチしているというのはよくあることです。
だからこそお金持ちにになったというわけでしょう。

さらには、高い地位にある人の妻になれば、それなりに付き合う人たちも考えないといけません。

セレブな奥様たちとの人間関係は、常に見栄の張り合いで疲れることもあるでしょう。

出身地や出身校、親の職業などで値踏みされているような感じがして、気が休まらないと感じるのが玉の輿の実情という一面があります。

高収入の男性との結婚が安定につながるのかどうかは、こちらも読んでみてください。

他人が思うほどラクじゃない?

今ではInstagramやTwitter、Facebookなどで自分のプライベートを公開することが当たり前です。

それを狙って生活を考えている人がどんどん増えています。
一般人でも、SNSでフォロワーが増えて話題になると、芸能人並みの人気が出ることだってあります。

玉の輿に乗った女性たちは、セレブリティの仲間入りしたことで、張り切ってSNSを更新する人が沢山いますので、そのような玉の輿奥様をチェックしてみると、いかに玉の輿に乗った後も努力しているのか伝わってきます。

年齢不詳の美魔女でいること

玉の輿に乗った女性はお金に余裕があるでしょうが、お金をかければ若さと美貌を維持することも簡単だと思われてしまいます。

美容整形をして、エステに通い続けて、若さと美貌を懸命に維持しているとしたら、それほどラクなことではないと思います。

美魔女コンテストなどで注目された女性たちは、経済的に余裕のある暮らしをしている人が多かったのは間違いないですが、美魔女でいるためには人には見せない努力は必要でしょう。

SNSを見ていると、年齢を隠すための頑張りが見えることがあります。

夫に愛され続ける妻でいること

玉の輿に乗ったら一生安泰なんてことはありません。

結婚しても離婚する夫婦が30%を超えるのですから、妻の立場にあぐらをかいてはいられないのですよね。

夫から見捨てられないように努力しないと、あっという間に普通の人に戻ることだってあるわけです。

高収入の男性は、既婚者でも狙われています。

略奪してやろうと虎視眈々と狙っている女性がいるかも知れないので、愛情が他に向かないように、愛される努力を惜しむことはできないのです。

生活を楽しんでいることをアピールすること

玉の輿に乗ったことで、周りの人たちから羨ましがられることが続くと、結婚後も平凡な生活を送っているように思われなないために無理しているセレブ妻たちがいます。

セレブなママ友たちとのランチ会や非日常的な空間で過ごす休日の様子などをSNSにアップして、周りの人たちに見せつけることに疲れることもあるのではないでしょうか。

毎日の生活がキラキラしていて、充実した毎日を送っていることをアピールしなければいけないのは、さぞかし大変なことだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

人が羨ましく思う立場にある人は、それだけ他人に見せない努力をしているはずです。

生まれた時から恵まれている一握りの人だって、恵まれた地位を維持するための苦労はあるはずです。

玉の輿婚はたしかに羨ましいと思うこともありますが、結婚した後のことまで考えると、気楽に暮らせる今の生活の方が良かったような気がします。

負け惜しみが80%くらいありますが、大変そうですよねセレブ妻たちって・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました