転職の理由は人間関係が嫌になった!次の職場で失敗しないコツとは!

悩み

どれほど憧れていた職業でも、職場の人間関係が上手くいかなければ、その仕事が嫌になってしまうこともあります。

周囲のことなんか関係ない!と人間関係のゴタゴタなんて吹き飛ばせる人なら別ですが・・。

そんな人、滅多にいませんよね。
仕事は1人ではできないことも多いので、職場の仲間との人間関係は仕事にも影響してしまいます。

今、職場の人間関係に悩んで、転職を考えているのなら、仕事を探す前にちょっとだけ気持ちの整理をつける時間を持ちましょう。

スポンサーリンク

人間関係を改善する方法はない?

転職する理由として、スキルアップのためとか、夢を叶えるためとか、ポジティブなことなら、誰しも応援してくれるでしょうね。

でも「人間関係が嫌になって」というのは、あまり人に言えない理由です。

本当にそのまま転職しても良いのか、改善する方法はないのか、ゆっくり考えてみましょう。

相談できる人を探してみる

人間関係の悩みは、人が多く集まる場所ではどこでも起こる可能性があります。

ちょっとしたイザコザは、仕方ないのかも知れません。

ですが、セクハラやパワハラのような深刻な問題は1人で抱え込むのはあまりにも過酷です。

社内で相談できる人をまず探してみましょう。

同僚、先輩、上司の中に信頼できる人がいない場合は人事部がどうでしょう。

誰が信頼できるのか全くわからないから、下手に相談すると問題が大きくなるのが怖くて言えない人もいます。

でも、最悪の場合は転職するという方法があると思えば、少し勇気が湧くのではないですか?

部署に異動を希望してみる

人事異動の希望を聞いてくれる職場であれば、部署を変わることで人間関係の悩みが解消される可能性もあります。
苦手な人といつも一緒に仕事するのは苦痛でも、顔を会わせて挨拶する程度なら我慢できるのではないでしょうか。

受け止め方を変えてみる

人間関係の悩みは、子供のころから始まってると思います。
クラスの中に仲の良い友達ができないとか、いつもケンカばかりしてしまうクラスメイトがいたなど、経験ないですか?

人間はみんな違う考え方を持っています。
夫婦になるほど好きな人でも、価値観の違いで別れることだってあります。

ハラスメントを受けるような場合は別問題ですが、苦手な人、嫌いな人がいるのがストレスになるのは、気持ちの持ち方で改善できると思います。

気になって仕方ないのは、その人とあなたが違う考えを持つ人だからだと受け止めるようにすれば、少しがラクになるんじゃないかな。

スポンサーリンク

転職先で同じ失敗を繰り返さないためには?

どうしても解決できない人間関係に苦しみ続けて、心が疲れてしまうのなら、転職も一つの改善策です。

新しい職場で、また人間関係に苦しまないために、やるべきことを頭に入れておきましょう。

社内の雰囲気を見てから決める

転職を決心したら、一日も早く新たな職場を見つけたいですよね。

でも、そこで焦ってしまうと、また同じ結果になってしまいます。

求人情報を見るだけではなく、社内を見学して、自分の目で雰囲気を感じてみてください。

それが難しい場合は、転職をあっせんしてくれるサービスを利用してみるといいですよ。

見学の交渉をしてくれると思います。

仕事が全てではないと言い聞かせる

仕事で嫌なことがあっても、プライベートが充実している人は、意外とガマンできるものです。

仕事が占める割合が大きすぎると、職場の人間関係のゴタゴタをすごく深刻に考えてしまいます。

ですが、仕事はあくまでも生活する手段なだけで、いざとなれば仕事は他にいくらでもあると考え方を変えてください。

職場に無理に馴染もうとしない

人間関係を上手く構築しないと、また転職することになってしまう・・。

そんな焦りから、新たな職場で無理するのは逆効果です。
新入りに対して、周りは興味を持っているはずなので、自分から無理に馴染もうとする必要はありません。

いきなり無理をしてしまうと、そのキャラで周りは接してきます。
無理して作り上げたキャラに自分を合わせて仕事をするのは、苦痛になるはずです。

まずは仕事に慣れることだけに集中して、孤立しているように感じても、自分だけの世界を持つ努力をしてください。

それができれば、人間関係で悩まされることも激減すると思いますよ。

スポンサーリンク

まとめ

人間関係が嫌で退職し、転職先を探すのは、あまり前向きな気持ちになれないかも知れません。

でも、人間関係でツラい経験をしたことは、きっと役に立つと思います。

仕事は1人ではできないとしても、仕事上の付き合だけの人間関係だとハッキリ線引きできれば、悩みも軽くなるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました