旅行中のカップルはケンカになりやすい!トラブルを防ぐポイントは?

恋愛

彼氏との旅行を楽しみにしていたのに、旅行中に彼氏とケンカしてしまったという人は少なくないようです。

私も何度かありますね、彼氏やダンナと旅行中にケンカして楽しいはずの時間を台無しにしてしまったことが。

その旅行のことを後から思い出すと、またケンカになったりして、日常の生活の中でケンカするよりも強烈な印象に残りやすいのです。

せっかくの彼氏との旅行でケンカしないために、心がけておくことをまとめてみました。

新婚旅行でケンカして、帰国と同時に別れる成田離婚なんて言葉も流行ったくらいですから、旅行はケンカの発生率が高いということを頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

旅行中のカップルがケンカしやすい理由

旅行している間にケンカになってしまった経験のある人は沢山いると思います。

なぜ旅行中はケンカになりやすいのか、その理由は色々あるでしょう。

第一に考えられるのが、気分の高まりです。

日常とは違うので、感情も高ぶりやすいので、小さなことでもケンカになりやすいのです。

そういうベースを踏まえた上で、具体的にケンカを防ぐポイントを見ていきましょう。

計画通りにしようとしない

旅行する前に、スケジュールを細かく計画するのが好きな人っていますよね。

旅のしおりのようなものを作ってしまうほど、計画好きな人もいます。

ですがその計画通りにならないと、急にイライラしたりすることになるのは困ります。

もしも彼氏が細かく計画するタイプだったら、スケジュール通りにならない時でも明るく接してあげましょう。

あなた自身が計画好きな場合は、計画通りになるのは50%でも十分だと考えるようにしてください。

スポンサーリンク

運転する彼氏をケアする

旅行の交通手段に彼氏の運転する車を使う場合は、運転手をする彼のことをケアできるように準備していきましょう。

眠気を誘うような音楽は避けて、楽しくなるようなプレイリストを準備したりするのもいいですね。

どんなに彼氏の運転が上手で静かで、眠りに誘うような時でも、できる限り眠らないように頑張りましょう。

渋滞に巻き込まれている時などは、ハンドルを握っている人も眠くてツラいですからね。

お腹が空き過ぎないようにする

空腹になると機嫌が悪くなるなんて子供じゃあるまいし・・なんて思うかも知れませんが、実際に空腹をガマンしているとイライラしますよね。

旅行先で目的にしていたお店に入れなかったりして、空腹状態が続くようなことがあればケンカの危険性が高まります。

そんな時に空腹を紛らわせられるような小さなお菓子などを持参すると、険悪な空気を作りにくくなると思います。

自分の希望ばかり通さない

旅行先で自分の見たいもの、行きたいところなどを提案するのはいいのですが、自分の希望ばかりで彼氏のことを後回しにするのはやめましょう。

もしも彼氏が「行きたいところに連れて行ってあげたいから」とやさしさを見せてくれたとしても、彼氏も一緒に楽しめるように考える心配りは必要でしょう。

疲れたという言葉は言わない

旅行するといつもよりも長い距離を歩くこともあるし、観光地では人が混みあうこともあるので、疲れるのは仕方ありません。

重い荷物を持っていると余計に疲れますよね。

でも、疲れるのは彼氏も同じなので、「疲れたよ」なんてあまり言わないように気をつけましょう。

歩きやすい靴、動きやすい洋服を選ぶようにして、疲れにくくなるように工夫して出かけてください。

疲れた時には、自分が疲れたことを言葉にするのではなく、「疲れてない?大丈夫?」と彼氏のことを気遣う言葉を先に言うと嫌なムードにならないでしょう。

スポンサーリンク

不測の事態でもポジティブに

旅行には思いがけないハプニングが起こることもあります。
ちゃんと予約したはずなのに、部屋が違っているとか、ガイドブックで見たお店がすでに閉店していたとか。

そんなハプニングが起こった時に「どうするのよ」と彼氏を責めるようなことを言うのはダメです。

彼の責任じゃないハプニングで八つ当たりしてしまうのは大喧嘩に発展することもあります。

不測の事態が起こっても、笑顔でポジティブに「こういうのが旅行の醍醐味だよね~」なんて明るい空気で怪しい雲行きを吹き飛ばしましょう。

身支度で待たせ過ぎない

着替え、メイク、ヘアスタイリングと、男性よりも時間がかかるのは仕方ないことです。

ですが、あまり待たせ過ぎるとイラつく男性もいるので、身支度はできるだけ短縮できるようにしましょう。

朝は彼氏よりも早めに起きて先に準備しておくと待たせることもなくなります。

怪しい空気は素早くクールダウン

どんなに気をつけていても、ケンカになってしまいそうな怪しい雲行きになったら、旅行中でも少し二人の距離をおいてクールダウンします。

「ちょっとお土産を選んでくるね」とか「あっちの景色を見に行ってくる」とか短い時間でも良いので別行動してケンカになりそうな空気を変えてみるのも良いと思います。

「ごめんね」と「ありがとう」

旅行中に限ったことではありませんが、彼氏とのケンカになりそうな時に素直に「ごめんね」と言えるのは大切なことです。

旅行中のケンカの原因はほとんどが些細な行き違いですから、「ごめんね」の一言でケンカにならずに済むことが多いと思います。

彼氏があなたを楽しませようと頑張ってくれる様子が少しでも感じられたなら「ありがとう」も忘れずに。

スポンサーリンク

まとめ

なんと、旅行中に彼氏とケンカしたことがあるという割合は70%を超えるというデータもあります。

やっぱりケンカしてしまうんですよね。

ずっと一緒にいると、意見の食い違うところも見えてしまいますから。

ですが、せっかくの旅行の思い出がケンカの言い争いなんて残念過ぎます。

ケンカにならないために、心構えをしっかり頭に入れて出かけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました