尽くす女は幸せを逃す!尽くせば男の心を掴めると思うのは勘違い!

恋愛

好きな人ができたら、とにかく尽くして尽くして彼の心を掴もうとする女性は、幸せな恋ができません。

「できません」と断言してしまって大丈夫なの?と言われてしまいそうですが、尽くす女性が幸せになるのは想像できない人が多いのではないでしょうか。

尽くす女を自覚している人はもちろんですが、自分では自覚のないまま尽くす女になっているbこともありますね。

どちらにしても、尽くすことが恋愛のベースになってしまうのは、幸せから遠ざかる結果を招きます。

今回は尽くす女から脱却し、好きな人の心を掴むためにはどうすればいいのかまとめています。

脱・尽くす女を一緒に目指してみましょう。

スポンサーリンク

尽くす女が幸せを逃す理由

尽くすことが悪いことのように勘違いされると困るので、尽くす女が幸せを掴めないと考える理由を説明したいと思います。

尽くすことは、相手のために「役に立ちたい」と思ってすることなので、それ自体は悪いことじゃありません。

恋愛関係になれば、相手のことを考えて、少しでも「この人と付き合えて幸せだ」と感じて欲しいと思うものです。

そういう気持ちからすることなので、尽くすことが悪ではないのです。

では、どういうタイプの尽くす女が幸せを逃すのでしょうか。

尽くすことに酔っている

「私は彼氏ができるとついつい尽くしてしまうの・・」と自慢しがちな女性に多いのが、尽くす女をしている自分に酔っているタイプです。

自分の満足のために尽くしているので、彼が迷惑に感じても気が付きにくいのです。

自己満足だけで、本当に相手のことを考えていないので、ただのありがた迷惑な行為になってしまうのでしょう。

見返りを期待している

尽くすことで愛されたいと思うのは、自然な気持ちなのかも知れません。

ですが、尽くした分量と同じ愛情を返してくれないことに不満を持つ人は幸せが遠のくと思います。

「彼のためにしてあげたい」「私が望んでしていること」と言っても、本心では「これだけ尽くしているのだから・・」という気持ちが膨らんでしまえば、素直に感謝されなくなると思います。

言葉や仕草の端々に、本性が表れてしまうのではないでしょうか。

尽くす女度チェック

自分自身が好きな男性に対して尽くし過ぎてしまう女なのかどうか、自覚のない人もいると思います。

まずは、尽くす女度をチェックしてみましょう。

・彼のスケジュールに合わせて生活している
・連絡を待ってしまう
・休日は彼とずっと過ごしたいと思っている
・彼に言いたいことがあっても言わない
・彼のためならお金や時間を費やせる

このようなことに1つでも当てはまれば、尽くす女になっている可能性が高いと思います。

複数当てはまるのなら、尽くす女を通り越して、彼を図に乗らせてしまい、あなた自身が都合の良い女になっているのではないでしょうか。

尽くさなければ彼の心を掴めないという思い込みを消さないと、都合のいい女として利用されるだけで終わってしまう危険度が高まります。

スポンサーリンク

尽くさなくても心を掴む方法

好きな人ができたら、とくなく心を掴むために尽くしてしまうのは、【尽くす=必要とされる存在になる】と思い込んでいるからではないでしょうか。

たしかに尽くしてくれる女性がそばに居れば、彼はまるで王様、お殿様のような気分に浸れるでしょうね。

でも、それは最初のうちだけです。

必要とされる存在になっても、それはただの便利屋、雑用係、召使い的な感覚になってしまえば、それは彼の心を掴んだと言えません。

愛される存在として失いたくない人にならなければ、幸せを感じれらなくなると思いませんか?

尽くさなくても、彼の心を掴む方法はあるはずです。

関連記事その恋愛は破滅に向かっているのかも!ダメな方向に進む恋のサイン

待つ女をやめる

彼のために24時間を費やすような毎日はやめましょう。

電話の着信、メールの着信、LINEの新着メッセージをひたすら待ち続けるのは、彼に負担をかけないためだと思っているのなら、それは勘違いです。

彼は自分が暇な時にしか連絡しなくなるでしょう。

なぜなら、あなたはいつでも待っていてくれるからです。

彼からいつ連絡が入るのか予測できないから、友達との約束もできないし、仕事の付き合いもできない・・。

趣味を楽しむこともなく、自分磨きのために勉強したり、習い事をすることもできなくなってしまいます。

彼を待つだけの女になるのはやめましょう。

あなたはのためにもっと時間を費やすべきです。

会いたい時にはいつでも会える存在だと思わせないようにしましょう。

知りたがる女をやめる

彼のスケジュールを知りたがるのは、無言の束縛に近いものがあります。

「ダメ」と束縛するわけじゃなくても、彼の行動を把握しようとするのは、束縛したい気持ちが見えています。

束縛したがる人は、「心配だから」というもっともな理由を付けます。

「心配」なのは彼のことではなく、自分が不安になるのが心配なのでは?

お互いが何をしているのかわからない時間があっても、不安にならない関係にならないと、彼の心は掴めないと思います。

彼を自由にしてあげると同時に、自分も自由に振舞えばいいのです。
あなたが自由に振舞えば、彼はあなたを手放したくないと思うようになるでしょう。

助ける女をやめる

尽くし過ぎてしまう女性は、母性本能が強い傾向があります。

年下の男性を好きになりやすいとか、いわゆるダメ男を好きになるなど。

「私が何とかしてあげなくちゃ」という気持ちから、ついつい助け船を出してしまいがちです。

具体的には。経済的なことで助けてしまう傾向があります。

こういう関係になってしまうと、母親みたいな存在になってしまうでしょう。

何をしても許され、何をしても受け入れてくれる存在として甘えてしまいます。

必要とされる存在になったとしても、愛おしく思い、守ってあげようとは思えなくなるのではないでしょうか。

彼のお母さんになるつもりがないのなら、助けることで彼の心を掴もうとするのはやめましょう。

恋愛の主導権を握られる原因についてはこちらで詳しく書いています。

まとめ

色んなカップルを見ていると、彼に大切にさせる女性に尽くすタイプは少ないことがわかります。

尽くすことが悪いわけじゃないのですが、尽くされることにずっと感謝し続けるのは難しいのです。

感謝されなくても、自分が尽くしたいだけだから・・と自己満足でしているとしても、それが大好きな人をダメにしてしまうリスクがあることを考えてみましょう。

甘やかしてしまった結果、彼の人生をダメにしないように、考えてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました