夫に浮気の疑いがある!まずは証拠を集める?その前にやるべきこと

結婚・再婚

夫の行動は何やら怪しい・・。

きっと女ができたに違いない!

そんな時、まず考えることは、夫の浮気の証拠を探して、言い逃れできなように証拠集めをすることではないでしょうか。

怪しいだけで問い詰めても、確かな証拠がなければシラをきり通すかも知れません。

浮気の疑いがあれば、まず証拠集めをするというのは、間違いではないのですが、必ずしもそれが最優先とは限りません。

その前にやらなければいけないことをチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

浮気が事実ならそうする?

浮気しているのかも?
夫に怪しいところがあるとして、その疑いが事実だとハッキリ確定した場合、自分がどうするのか考えてみるのがまずやるべきことです。

「浮気しているかも。怪しい!絶対尻尾を掴んでやる!」とメラメラと燃え上がる嫉妬で頭がいっぱいになって、証拠を見つけてやろうと躍起になってしまうのもわかります。

ですが、証拠を集めて、言い逃れできない状態で夫に詰め寄った後のことまで考えているでしょうか。

その後のことまで考えていないのに、嫉妬心だけで動いてしまうと、後から取返しのつかない結果を招くこともあるのです。

離婚する覚悟ができている

夫が浮気していることがわかったら、絶対に許せないから間違いなく離婚するというのなら、証拠集めは大切です。

離婚する覚悟ができているなら、少しでも有利な条件で離婚した方が良いですね。

だったら浮気の証拠は多ければ多い方が有利な条件を得やすいからです。

夫が浮気を素直に認めたとしたら、話し合いで離婚条件を決める協議離婚でも有利な条件を付けやすくなります。

家庭裁判所で調停にする場合でも、第三者が見て浮気だと判断できる証拠があった方が有利です。

裁判まで進むと、法的に証拠と認められないとダメだと言う人もいますが、いくつかの証拠が集まれば、心証に訴えかけることができるので、証拠は沢山あった方が良いでしょう。

スポンサーリンク

離婚は考えていない

夫が浮気していたことがハッキリしても、それを理由にして離婚する気はないのなら、証拠集めは必要ありません。

そのまま夫婦を続けるのに、浮気の証拠が毒になります。
夫にイラっとした時に、浮気の証拠を突きつけてしまいたくなりますし、何かにつけて疑い深くなり、安定した気持ちになれません。

もしも自分は離婚する気がなかったとしても、夫の方は浮気がバレたとわかった途端に開き直ってしまう恐れがあります。

バレていないうちは適当に浮気していたけど、証拠を突きつけられて、その後もネチネチと浮気の過去を責められるくらいなら離婚した方がマシだと夫が考えてしまったら困るのではないでしょうか。

証拠集めをして、言い逃れできない状態で説教しようとしたことが裏目に出てしまうリスクがあるのです。

浮気の疑いがあっても、証拠が何もなければあくまでも「疑い」だけです。
それは自分の気持ちの中だけのものなので、「疑心暗鬼になって勘違いしているだけかも」と考えられるようにした方がその後の夫婦生活もラクになります。

証拠集めをすることが、自分の首を絞めることになるので、離婚を考えていないのなら、証拠集めは直ぐにやめましょう。

疑いの気持ちを消す方法

夫の浮気を怪しんでも、離婚しないのなら、疑いの気持ちを持ち続けるのは辛くなります。

何かにつけて、夫の怪しい行動を目で追ってしまうような生活は気持ちも暗くなってしまいます。

疑いの気持ちを解消するために、自分の気持ちを夫以外に向けてみましょう。

といっても、自分が婚外恋愛するというわけではありません。

私の知人は、夫の浮気をきっかけにして、自分も不倫を始めたという女性が何人もいます。

あっちも好き勝手しているのだから、別に構わないでしょ!とまるで夫の浮気をきっかけにするために仕向けていたのではないかと思うほど。

それでその夫婦が円満ならば、お互いに婚外恋愛をしても構わないでしょうが、バレた時のリスクは先に浮気したかどうかは関係ありません。

できれば仕事や趣味、やり甲斐のあるボランティアなど、家庭の外に自分を必要としてくれる場所を見つけることをおすすめします。

無言の「気付いている」アピール

夫が浮気していると怪しんでいても、離婚したくないのなら問い詰めたりするのはやめた方が良いのですが、そのまま何もしないで放置しているのは心配ですよね。

浮気がバレていないと思い込んで、調子に乗ってどんどん羽目を外してしまうようなことになるのは困ります。

ここは、「私は気が付いているよ」と無言で夫に伝えておくことも必要ではないでしょうか。

浮気を疑っているのに、いつもと変わらない態度で接する妻に対して、夫は恐怖を感じるかも知れませんが、「ヤバい!」と思ってくれないと困るからです。

どんな方法でアピールするのか、それは工夫が必要です。

夫の浮気を怪しんだきっかけになることを思い出して考えてみましょう。

例えば、夫が急にオシャレに気を使うようになったことで怪しいと思ったのなら、今までは選ばなかったような洋服をプレゼントしてみます。

「最近、オシャレを気にかけているから」とひと言だけ添えてみます。

何か様子が違うことを敏感に察知していることをアピールできます。

自分とは行ったことがないような飲食店や話題のスポットを知っていることで怪しいと感じたのなら、話題のデートスポットを特集した雑誌などをさりげなく置いておきます。

「仕事関係の人と食事する時とか、お店選ぶの大変だよね」と言いながら、いかにもデートのための情報を掲載している雑誌が家にあれば、「ドキっ」とするはずです。

スポンサーリンク

鈍感な夫には言葉で釘を刺すことも必要

夫の浮気を怪しんでいるアピールは、後ろめたいことをしている自覚があれば、かなりの確率で気が付いてくれるはずです。

ですが、世の中には鈍感な人もいます。

どんなに無言のアピールをしても気が付かない人には、言葉で伝えることも必要です。

子供が小さくて、これからも夫婦としての生活を壊したくないのなら、浮気相手と本気になったり、次々に浮気されるのは避けたいでしょう。

証拠を集めて言い逃れできないように問い詰めるのではなく、「もしも私に言えないようなことをしているのなら、後戻りできなくなる前にやめてね」と伝えておきましょう。

浮気していても、「何も悪いことなんてしていないよ」と言えるように、あまり深刻な空気にしないことが大切です。

重苦しい空気を作ることで、それに耐えきれなくなって自分から白状してしまうと困るので、サラッと伝えることを心がけましょう。

まとめ

夫の浮気に気が付いていても、あえてそれに触れないで夫婦を続けている人は沢山います。

証拠集めをするのは、離婚を決意する時です。

いつでも離婚できるように証拠だけでも集めておくという人もいますが、証拠が見つかれば見つかるほど、離婚する気持ちが強くなると思います。

夫婦としてやっていきたいのなら、証拠をわざわざ探す必要はないのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました