浮気しやすい職業に当てはまる4大要素とは!!あなたのパートナーは?

結婚・再婚

夫が転職してすぐに、浮気が発覚したというケースはよくあります。

社会人になると、人との出会いは仕事関係が圧倒的に多くなるので、転職をきっかけに、新たな出会いが生まれます。

女性との出会いが浮気の虫を呼び起こすこともあるので、転職した後に離婚する夫婦は少なくないようです。

これは夫に限ったことじゃなく、妻の浮気にも同じことが言えます。

子育てを終えて仕事に復帰して不倫したとか、パート先で浮気相手と出会うとか、よくあることです。

ですが、転職しても浮気の心配のないケースがあります。
それは浮気に走りにくい職業への転職です。

逆に、浮気しやすい職業もあるのですよ。

浮気にしやすい職業には、4つの要素が当てはまるのかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

浮気しやすい4つの要素とは

浮気のきっかけはどこに落ちているかなんてわかりません。
どんなに真面目に仕事一筋で働いているサラリーマンでも、帰りに同僚と一杯ひっかけようと入った居酒屋が混みあっていて、隣の席の女性とお酒の勢いで仲良くなって・・なんてことも無いとは言えませんよね。

ですが、そんなきっかけはそうそう起こることはないでしょう。

そのような浮気に発展するきっかけに遭遇しやすい職業があるのです。

・お金
・時間
・人との出会い
・狭い業界

この4つの要素が当てはまれば、浮気しやすい職業と言われています。

お金

お金が自由に使えると、浮気しやすいのは間違いありません。

浮気願望があっても、自由に使えるお金が無いから我慢している人も多いのですから。

職業としては、高収入が望める経営者、医師などです。

大きな企業の経営者じゃなくても、小規模のベンチャー企業の社長などは経済的な余裕があって、ポケットマネーも自由に使えれば、お金を理由として浮気をためらうことはないので注意が必要です。

時間

浮気しやすい要素は、じつはお金よりも時間の方が大きいので、時間の自由度が高い職業は気をつけないといけません。

例えば、営業職はサラリーマンでも時間の自由度が高いです。

他には、弁護士や会計士、司法書士など、いわゆる「士業」と呼ばれる分野の職業は、個人で事務所を構えて仕事していることが多いので、時間は自由になります。

自宅兼事務所として開業している場合は、妻の目があるので、時間の自由度は多少は制限されたとしても、顧客への訪問など、いくらでも外出する口実は作れます。

サラリーマンの営業職の場合は、その日の予定を細かく報告するとか、一定の成果が求められるので、個人事務所を構えている人に比べて自由度は低いでしょう。

スポンサーリンク

出会い

不特定多数の接客業の場合は、出会いの数が多くてもそれほど浮気しやすいわけではありません。

美容師、飲食店、ホステス、インストラクターなど、多くの人に接するけれど、一度きりの接客で終わるサービス業と比べて、浮気相手になるかも知れない人との出会いが多くなります。

夜の世界の水商売の場合は、客側が下心を持っているので、それを上手くやり過ごすことがプロには求められます。

ですが、美容師やインストラクターや講師などは、その点で無防備なので出会いの数が浮気の可能性を高めるのです。

狭い業界

浮気しやすい職業の4つの要素のうち、最後の1つは今までの要素とは事情が違います。

お金に余裕がなくても、時間が自由になりにくくても、出会いが少なくても浮気しやすい職業があるのです。

それは、介護士、教師、看護師、保育士など、限られた人としか接することのない職業です。

同じ顔触れで仕事する職業は、その狭い社会の中で恋愛感情が生まれうやすいからです。

しかも、例としてあげた職業を見れば想像つくと思いますが、非常にストレスを感じやすい職業です。

強いストレスを耐えるために、同じ職場の仲間とのつながりが深くなりやすいのです。

職場の同僚に異性がいれば、浮気しやすい要素に当てはまってしまうのです。

浮気予防のためには

浮気しやすい4つの要素の当てはまる職業でも、浮気するわけじゃないとしても、自分のパートナーの浮気を予防するためには、転職や再就職する時には、フォローが大切です。

新しい職場では、緊張もしますし、ストレスも抱えるかも知れません。
そんな時にパートナーの気持ちに寄り添えないと、浮気に走られる危険度が増します。

「仕事はどう?」とか「同僚にはどんな人がいるの?」とか、気にかけていることがパートナーに伝わるような言葉をかけてあげましょう。

その一言が、浮気の虫をおさえ込む予防線になるかも知れません。

スポンサーリンク

まとめ

浮気のきっかけはどこにあるかわからないので、職業だけで怪しむのは間違っていますが、浮気しやすい要素を知っておくだけでも、パートナーへの向き合い方を考えられると思います。

夫婦の絆に自信がある人も、油断することなく、しっかり手綱を締めていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました