元カレと別れてしまったのは失敗だった!後悔している女性の本音とは!

恋愛

女性は別れた元カレに未練を残して、引きずることは割と少ないと思われています。

女性の恋愛脳は上書きできるから、元カレと別れて後悔するよりも、新しい恋愛を見つけた方が早く回復することを知っているからです。

でも、みんなが同じように上書き可能の恋愛脳を持っているわけじゃありません。

元カレと別れてしまったことを後悔している私は、未練がましい女なのかな・・なんて落ち込んでいる方は、あなただけじゃないので安心してください。

後悔を糧にして、新たな恋を探すために元カレと別れて後悔している気持ちに区切りをつけてみましょう。

スポンサーリンク

別れて後悔している元カレはいますか?

女性は過去の恋愛をきれいサッパリ整理できる人は確かに多いですが、整理できたとしても、後悔していないわけではありません。

過去に10人の彼氏がいたとすれば、その元カレ10人のうち1人や2人は別れたことを後悔しているというのはあり得ることでしょう。

あるリサーチでは、別れて後悔している元カレはいますか?という問いに対して、約35%が「いる」と回答しています。

嫌いになって、顔も見たくなくなって別れた元カレだったら、後悔なんてないと思いますが、別れた時に好きな気持ちが少しでも残っていれば後悔することだってあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

後悔している理由

元カレと別れたことを後悔する理由には、強く共感できることも多くあると思います。
自分だけが未練を残していることを悩んでいるわけじゃないことを実感できますよ。

思いがけなく出世した

元カレが別れたとに出世して、エリート街道まっしぐらになったことを小耳に挟んでしまい、逃した魚が思いがけず大きかったことを後悔している。

これは私の経験です。

まだ10代のころに1つ上の先輩から告白されて、半年くらい付き合ったけど、真面目過ぎて退屈で、何となく別れてしまいました。

別れたいと伝えた時に、すごく粘っていたので、出世したことを知った時、思わずもう一度ヨリを戻そうかと思ったほどです。

今では、従業員300人ほどの会社を経営しているので、思い出すと今でも後悔する気持ちが疼くくらい惜しいことしたと思っています。

別れた後の恋愛が上手くいかない

5年くらい付き合ったのに、結婚の話も出ないし、このままダラダラ付き合うのも時間のムダだと思って別れを切り出したのに、後悔しているK子さんという友人の話です。

この人とは将来はないと思って見切りをつけて別れたのに、別れた後に付き合う男がことごとくダメ男で、いい恋愛ができなくて、「こんなことなら別れなきゃよかった」と後悔しているのです。

相手から結婚の話が出るのを待っているだけじゃなく、自分から言い出せば別れることもなかったのに・・と思うことが何度もあるそうです。

別れ方が悪かった

ほんとは別れるつもりはなかったのに、ケンカの勢いで別れてしまったとしたら、後悔してしまうのも納得です。

すぐに素直に「ごめんね」が言えれば修復できたのに、意地を張ってしまったことで別れたままになるなんて、切なすぎます。

別れる時に気持ちを残していた場合は、後悔することも多いのではないでしょうか。

自分と別れて幸せになった

口に出しにくいことですが、別れた元カレには幸せになって欲しいなんて本気で思っている女性ってどのくらいいるのでしょうね。

私は別れる時にはとことん嫌いになって別れるので、「幸せになってて」なんて気持ちは1ミリもありません。

ただ、別れた後に元カレが幸せになったと聞けば、悔しい気持ちが湧いてきます。

何だか、自分という存在が元カレにとって疫病神だったみたいな気がして、ちょっと悔しくなるのは否定できない気持ちです。

スポンサーリンク

後悔する気持ちを整理する方法

元カレと別れたことを後悔している女性たちは、いったいどんな方法でその後悔の念を整理してきたのでしょうか。

経験者の声を集めてみました。

思い切って会ってみる

どうしても元カレと別れたことを後悔してしまい、「ああ言えばよかった」とか「こうすれば別れなかったのに」と何度も頭の中に浮かんでしまうのなら、思い切って会ってみましょう。

別れて会わなくなったことで、元カレとの思い出を美化しているかも知れません。

それがきっかけで復縁できたとすれば、もう二度と後悔しないように頑張りましょう。

別れたことを言いふらす

別れたことを友達や同僚に隠していると、彼とのことを聞かれて思い出すこともあるし、新しい出会いも見つかりにくいと思います。

恋人との破局はできれば隠しておきたいと思うかも知れません。
ツラい別れ方をしたのなら余計にそうでしょう。

後悔しても、もう遅いというのを自分自信に叩き込むためにも、あえて周囲に別れたことを広めると覚悟が決まります。

彼との恋愛を小説にする

彼と別れたことを後悔している間に、キレイな思い出ばかりで頭がいっぱいになってしまうことがあります。

ほんとうは嫌なことも、思い出したくないことも沢山あったはずです。

現実と向き合うために、小説にしてみましょう。
別に出版するわけはないので、仕上がりを気にすることもありません。
書いてみると、後悔してしまう気持ちに区切りがつけられることがあります。
いつまでも後悔して、新しい恋愛を避けてしまうなんて、時間の無駄だと気が付ければ大成功です。

良い出来上がりなら、出版してみるのもイイかも知れませんね。

スポンサーリンク

まとめ

元カレと別れてしまったことを後悔しても、どうしても復縁できないのなら、後悔を糧にして良い恋愛を探さないと勿体ないですよ。

後悔という気持ちは、自分を成長させてくれるので、次の恋愛はステップアップできるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました