別れの理由「他の人を好きになった」のケースは復縁の可能性がある?

恋愛

あなたが恋人と別れた時、まだその人のことが好きだったのなら、心のどこかで復縁したい気持ちが残っているのではありませんか?

未練と言ってしまうと、何だか湿っぽい感じがしますが、好きな気持ちを残したまま別れたのなら、それは当たり前の感情だと思います。

では、あなたが恋人と別れたのは、そんな理由があったからでしょう。

もしも「気持ちが冷めてしまった」というような、ハッキリした理由はないけど別れを告げられてしまったのでしょうか。

それとも恋人に「他の人を好きになった」と言われて別れたのでしょうか。

普通に考えると、後者は復縁の望みが薄いような気がしませんか?

他の人を好きになって、その人と付き合い始めてしまえば、もう復縁の可能性はほぼゼロなのでは・・・と思ってしまいがちです。

ところが、他の人を好きになって恋人と別れた方が復縁の可能性が高いと言われています。

それはなぜなのか、考えてみましょう。

スポンサーリンク

他の人を好きになって別れた後の気持ち

恋人がいるのに他の人を好きになるなんて、とてもひどいことをする人だと思う反面、二股かけたり、隠れて浮気はできなかったのですよね。

その点だけ見れば、正直な人だったわけです。

真面目に恋愛するタイプだからこそ、別れの理由も正直に「ほかに好きな人ができた」と告げたのではないでしょうか。

そういう真面目で正直なタイプの人は、新しい恋にも真正面から向かっていくので、別れた後にグズグズと引きずることはあまりないと思います。

そうであれば、やはり「他の人を好きになった」という理由の別れの復縁は難しそう・・と考えてしまいます。

ですが、「他の人」とすでに付き合っているわけでもないのに別れを告げたのかも知れないので、フラれる可能性だってあります。

他の人を好きになっただけの段階で、正直者だから別れを告げたとすれば、また戻ってくるかも知れないのですよ。

まずは新しく好きになった人に告白をして、すでに付き合い始う確約をとってから恋人に別れを告げるタイプの男性は、よほど嫌いになっていなければ「他の人を好きになった」とは言いません。

他の人の存在を隠して「気持ちが冷めた」とか「今は一人になりたい」など、はっきりしない理由で別れようとします。

もう付き合っているなんて言えないし、もしもカブっている時期があるとバレれば責められるのが怖いからです。

スポンサーリンク

他の人と付き合い始めても復縁できる可能性

他の人を好きになったけど、今の恋人と別れてしまうと、フラれた時に寂しいから、とりあえず告白して上手くいくかどうかの結果次第で別れよう・・。

そんなズルい考えをする人もいますよね。

お恥ずかしい話ですが、私もかつてはそうでした。

新しい恋人ができてから別れるというやり方でした。

だからトラブルになることも多かったですが、完全にフリーになるのがコワかったのです。

ほぼ上手くいくという自信があったとしても、ちゃんと安心できる状態にならないと別れられなかったのです。

過去の私のような人間は意外と多いので、きちんとケジメをつけてから新しく好きになった人に告白するのは、誠実な人柄に感じます。

ですが、復縁を望む立場としては複雑ですね。

好きになった人と上手くいけば、もう復縁の望みは消えてしまうのですから。

ですが、新しい恋人とずっと続くかどうかは、誰にもわかりません。

別れの時がくるかも知れません。

その時に、身勝手な自分のせいで傷つけた前の恋人のことが頭をよぎる可能性はあるでしょう。

「戻りたい」と思うかも知れないのです。

そう思われるためには、別れを告げられた時とその後の過ごし方が復縁を左右するでしょう。

スポンサーリンク

復縁しやすい別れ方

他の人を好きになって彼女と別れたのに、また前の前の彼女とヨリを戻そうと思うのは、別れた彼女の態度が大きく影響します。

号泣しながら「イヤ!別れたくない」とすがったり、「恨んでやる」など背筋が凍るような言葉をぶつけられれば、元に戻りたいとは考えないはずです。

新しい恋人にフラれたり、別れてしまった時に前の彼女のことが頭に浮かぶような別れ方とはどういうものなのか見てみましょう。

何も言わなかった

別れを告げても、それに抵抗するような言葉を何も言わずにあっけないほどアッサリと別れたのなら、復縁の可能性はあります。

何も言わなかったのは、新しく好きになった人に気持ちが向いている相手には、何を言っても無駄だとわかっているからです。

相手の気持ちを考えてくれる人だから、別れの時も静かに身を引いてくれたという印象が残っているので、戻りたくなるのではないでしょうか。

待つ姿勢だけ見せる

他の人を好きになったと言われても、急に恋人を嫌いになれるわけではありません。

好きな気持ちのまま別れを受け入れるのは、とても苦しいことですが、素直に「好きな気持ちは消せない」と待つ姿勢だけを見せてくれた人のことは、記憶に残りやすいのです。

別れてから長い時間が経過しても、「もしかしたら待っていてくれるかも」と思い出すこともあるはずなので、戻ってくる可能性があるのです。

自分の非を知りたがる

他に好きな人ができたという理由で別れを切り出しているのに、自分のどこが悪かったのか素人する姿勢は、心に残ります。

恋人が悪いわけじゃなく、自分の気持ちが他の人に移っただけなのに、「嫌われるような原因が自分にあったのではないか・・」と考える人のことは嫌いになれるはずありません。

あまり低姿勢で言われてしまうと、他の人を好きになった自分が極悪人に感じてしまうかも知れません。

ですが「もしよければ今後の恋の参考にしたいから、私が直すべき点を教えて欲しいな」なんて言われれば、グサッと刺さるのではないでしょうか。

別れた後の静寂

恋人が他の人を好きになったのが原因で別れた場合、その別れの理由を周囲に言いふらす人もいますよね。

悔しさを紛らわすつもりなのか、同情を集めたいのかも知れません。

ですが、それはやはり別れた恋人の耳に入るかも知れないのです。

たとえ事実だとしても、それが周りに知れ渡るのはいい気持ちにはならないでしょう。

自分が悪いから仕方ないと思っても、やはり元恋人に対して嫌悪感を持つ可能性があります。

しかし、自分が他の人を好きになって一方的に別れたのにもかかわらず、それを人に一切話さずにいてくれる元恋人には感謝すら感じるのではないでしょうか。

傷つけたはずなのに、別れた後も自分を守ろうとしてくれる人のことは、忘れられなくなりますよ。

一線を引く

恋人と別れても、何だかんだと理由をつけて連絡してしまうと、復縁の可能性は低くなります。

ケジメをつけることができず、今までと同じように馴れ馴れしくしてしまうのは、迷惑に感じる人が多いのです。

とくに他に好きな人ができたのが理由で別れたのなら、自分に後ろめたさがあるので、馴れ馴れしくされても冷たく突き放すことができないからです。

しかし、別れた後に一切の連絡を絶ち、数か月、半年、一年経っても音信不通の状態が続けば、ふった張本人でも気になります。

それくらい徹底して存在を感じさせないようにできると、復縁の可能性が見えるのです。

新しい恋人とケンカしたり、別れた後には、きっと連絡したくなるのではないでしょうか。

関連記事元彼の友達からの連絡にはどんな意味が!復縁のための探りかも?

まとめ

「他に好きな人ができたから別れて欲しい」と言われると、一瞬は目の前が真っ暗になるほどショックを受けると思います。

真面目な人でも、気持ちが移ってしまうことはあるのです。

その段階になって足掻いても、時すでに遅し・・・です。

今できることは、復縁の可能性が少しでも高くなるような別れ方と、別れた後の過ごし方を考えてください。

あなたのところに戻ってくる可能性がゼロにならないためにも、別れ際の演出を考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました