【夢診断】押入やクローゼットの夢の意味!隠れる・入る・何もない!

夢診断・あ行

押入やクローゼットは、大人にとってただの収納スペースです。

ですが、子供のころは違ったのではないでしょうか。

たとえば、親を困らせるようなイタズラをして、お仕置きとして押入に閉じ込められた経験があると、怖い記憶が残ります。

クローゼットでかくれんぼした思い出があれば、楽しい記憶になります。

秘密基地にしたり、一人遊びしたりと、子供にとって押入やクローゼットはただの収納スペースではないのです。

押入やクローゼットの夢を見るのは、子供の頃の記憶と関わる可能性があります。

どのような意味があるのか解説しましょう。

夢診断一覧ページ

スポンサーリンク

押入やクローゼットの夢の意味

夢の中の押入やクローゼットが表していることは、大きく分けて2つあります。

1つは、あなたにとって大切な物であり、財産になる物を保管する場所です。

実際の生活では、それほど大切なものや価値の高いものを保管しているわけじゃないとしても、夢に反映する心理としては財産を保管する重要なスペースということを意味します。

押入やクローゼットの中に大切なものが詰まっていると思うと、安心できる人もいるのではないでしょうか。

そしてもう1つは、自分だけの感情を示しています。

他の人が出入りしない場所として、押入やクローゼットを使っているのなら、その場所は自分だけのものです。

人には知られたくない気持ちが、押入やクローゼットという空間として現れます。

押入に入って隠れている夢

あなたが押入の中に自分で入り、閉じこもって誰にも見つからないようにしている夢は、かなりメンタルが疲れていることを示しています。

一人になってゆっくり休みたいという願望を持つとしても、押入に入り、暗い空間に隠れて誰にも見つからないようにしているのは、メンタルが限界に近いほど追い込まれていると思われます。

また、一人になれる場所が見つけられないことで、かなりストレスをため込んでいるとも考えられます。

もしも夢の中で、誰かから隠れるために押入に入ったのなら、あなたを追い詰めているのは人間関係ということです。

具体的にどんな人から隠れようとしているのか、おぼえていなくても、今のあなたを苦しめている人物に思い当たるのではないでしょうか。

押入に物がきれいに詰まっている夢

押入やクローゼットを開けたら、その中には色んなものが沢山入っていて、それを見て幸せな気分になったのなら、あなたはとても充実していると言えるでしょう。

物が沢山入っているのに、どこになにかあるのか一目瞭然でわかるように整理整頓されていたのなら、あなたの心がとても整っていることを示しています。

押入がゴチャゴチャの夢

押入やクローゼットを開けたら、中には物がゴチャゴチャになっていた夢は、良い心理状態とは言えません。

何かあなたを混乱させる問題が起きていることを示しています。

あなたはそんな状態の押入やクローゼットを見て、スッキリと整理整頓したい衝動に駆られたのなら、これから問題が解決する可能性が高いでしょう。

もしもゴチャゴチャのまま見て見ぬふりをして、押入を閉じてしまったのなら、これから先に待ち受けていることに混乱は避けられないと考えているはずです。

少しでも整理できるのなら、今のうちにやっておきましょう。

スポンサーリンク

押入に何もない夢

押入やクローゼットを開けてみたら、中には何もなくて、空の状態だった・・。

そんな夢を見たのは、あなたがお金に対して不安を感じているからだと思います。

押入やクローゼットは、財産を象徴する意味があるので、その中が空になるというのは、これからお金がどんどん無くなってしまい、一文無しになるのではないかと不安を感じているのではないでしょうか。

何か大きな買い物を検討しているのなら、じっくりと考えてください。

押入に誰かと入る夢

子供の頃に兄弟姉妹や友達と押入に入って遊んだ経験があれば、どの時のドキドキした気持ちをおぼえているのではないでしょうか。

夢の中で押入やクローゼットに誰かと入っていたのなら、あなたは誰にも邪魔されない空間でその人と過ごしたいという欲求が高まっていると考えられます。

もしもその誰かが見覚えのない人物だった場合は、本当の自分の心の内を見せられるような人と出会いたいと思っているのではないでしょうか。

誰かと押入に入り、こっそりと見つからないように隠れていたのは、秘密を共有したいという願望でもあります。

自分の心の中だけにしまい込めない大きな秘密を抱えているのが重荷になっているかも知れません。

ですが、秘密を守らなければあなたの信頼はがた落ちですから、気をつけてください。

押入を勝手に開けられる夢

押入やクローゼットを勝手に開けられても平然としていられる人はほとんどいないと思います。

どれほど整理整頓されていても、やはり押入やクローゼットというのはオープンにしたくない空間と感じているはずです。

ですが、夢の中で誰かが勝手に押入やクローゼットを開けているのは、あなたが今まで見せなかった部分をさらけ出してみようと考えている心理が反映したと思います。

人に心を開けないことを自覚している人なら尚更です。

自分がオープンにならなければ、人も心を開いてくれないことを実感し始めているのです。

今までは自分の心の内を見せないまま、人の心を探ろうとしていたのかも知れませんね。

心の内を見せるのは、少し勇気が必要かも知れませんが、それで何かを失うわけではないはず。

少しずつ心を開く練習をはじめてみてはいかがでしょう。

押入に物をしまう夢

誰にも見られないように、押入やクローゼットの奥に物をしまい込む夢は、隠し事や秘密を示しています。

秘密がバレてしまうのが不安なので、誰にも見つからない場所を探して押入やクローゼットの奥にしまう夢を見たと考えられます。

秘密を隠し通すことへの不安が反映しているので、秘密が心の重荷になってメンタルをすり減らさないように注意してください。

押入に誰かが潜んでいる夢

誰もいるはずのない自宅の押し入れに、誰かが潜んでいるなんて、怖い夢ですね。

押入に誰かが潜んでいるという夢の意味は、自分の心の中を見せたくない気持ちの表れです。

自分だけの空間であり、しかも人がいるはずのない押入は、人には見られたくない心の中と考えられるのです。

押入から宝物を見つける夢

押入やクローゼットの中から、宝物を見つける夢はとても気分が良くなるでしょう。

金運が上昇するのか、何かチャンスが巡ってくるのか・・。

そんな気持ちになって嬉しくなると思います。

ただ、押入やクローゼットから宝物を見つけるのは、自分の価値に気が付き始めている兆しです。

自分は大した人間じゃないなんて考えがちになり、自分の評価が低い人にはとても良い夢です。

自分の価値を自分で下げることは、そろそろ終わりにする時期ではないでしょうか。

これからはもっと自分を高められるといいですね。

押入の中が抜け道になる夢

押入の中がどこかに続く抜け道になっている不思議な夢。

抜け道は、今の暮らしをしながら新しいことを見つけられる可能性を示しています。

新しい趣味、新しい挑戦、新しい仕事など、今の生活をすべて変えなくてもチャレンジできることを探してみるのもいいのではないでしょうか。

まとめ

押入やクローゼットは、ある意味では究極のプライベート空間です。

自分の財産なのか、秘密にしたいことなのか、過去の思い出なのか・・。

そこに何があるのか、そこで何をしているのかによって、あなたの心理状態が見えるので、参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました