【夢診断】神社にいる夢にはどんな意味があるの?心理状態は?

夢診断

夢の中の自分が神社にいる。

そういう夢を見ると、何か神様のお告げのようなことが夢に隠されているのではないかと思ってしまいませんか?

神社と関わりのある生活を送っている人は別として、普段は初詣くらいしか神社に行かない人が、夢の中で神社にいればそんな気持ちになるのもわかります。

神社にいる夢には、どんな意味があるのか、そしてどのような心理状態が影響したのか解説します。

スポンサーリンク

神社でお参りしている夢

神社で参拝している夢を見たのは、あなたの中で何かとても困ったことがあり、神様にすがりたくなるほど追いつめられている心が影響した可能性があります。

普段から神社に足繁く通っているわけじゃないのに、急に神社でお参りしている夢を見るのは、神頼みしたくなるようなことがあるのではないでしょうか。

神社に向かう夢

これから神社に向かおうとしている夢を見たのは、あなたが何か目標になるものを見つけられたサインだと考えられます。

新たな目標や夢に向かって歩み出そうとする時には、成功するようにお願いしたくなる気持ちの表れではないでしょうか。

スポンサーリンク

神社の鳥居をくぐれない夢

神社の入口には、鳥居がありますよね。
鳥居をくぐりたくても、どうしてもそこから進めない夢を見てしまうと、不吉なことが起こりそうな気がしてしまうかも知れません。

神社に入れない。鳥居をくぐれない夢は、あなたの心の中に良心に耐えかねることがあることを示しています。
汚れた心の持ち主だから、神社へ入れないように拒まれているという場面です。

あなた自身の良心に従って、周りに流されずに行動することが大切です。

神社で人と会う夢

神社で誰かと出会う夢は、その人物との関係性が影響しています。

全く知らない人物であれば、あなた自身が周りの人とのコミュニケーションが上手くできていないことに焦りを感じているサインです。

友達や知人と会ったのなら、その人ともっと仲良くなりたい、信頼関係を築きたいと思っているのではないでしょうか。

神社で亡くなった人に会う夢

お寺ではなく神社で亡くなった人の夢を見るのは、その人に対する尊敬や崇拝の気持ちが強くなっているからです。

この世に居ない人は、手の届かない遠い存在として崇めたくなることがあります。

心の拠り所になるのなら、悪い夢ではありません。ただ、あまり依存し過ぎないように気をつけましょう。

神社でお守りなどを授かる夢

神社では、お守りやお札などを授与していただけます。
夢の中で神社を参拝し、お守りなどを授かったのは、何か大切なものを手に入れようとしている時です。

授かったお守りやお札などを失くさずに、大切に扱っている夢なら、欲しいものが手に入る日が近いことを意味しています。

しっかり手に入れるまで油断せず、そして手に入れたものを大切にしてください。

神社でおみくじを引く夢

神社でおみくじを引くのは、身近な占いの感覚でしょう。

ですが、夢の中でわざわざ神社まで行っておみくじを引くのは、アドバイスを求めているからです。

夢の中で引いたおみくじの内容までおぼえているのなら、ヒントにしても良いでしょう。

もしも内容をおぼえていないのなら、1人で悩まずに、誰かに助言を求めてみてください。

スポンサーリンク

神社で動物に出会う夢

神社の中で何か動物と出会う夢を見たのは、あなたがどう行動するべきなのかを示しています。

どんな動物に会ったのかによって違います。

例えば犬に出会ったのなら、仲間を大切にした方が良いという意味です。

猫に出会ったのなら、少し孤独に耐えられる強い心を育てようという意味です。

羽を持つ鳥に出会ったのなら、勇気をもって羽ばたくチャンスを逃さないようにという意味です。

動物の性質によって、あなたがこれからどう行動した方が良いのか見えてくるはずです。

まとめ

神社という場所は、日ごろはそれほど信仰心のない人でも神聖な気持ちになれる場所です。

そういう場所の夢を見るのは、悪いことではないはずです。

せっかく神社の夢を見たのなら、実際に神社に行ってみるのも良いのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました