【夢診断】葬式の夢を見る意味!親・兄弟姉妹・祖父母・霊柩車など!

夢診断

お葬式の夢を見て目がさめれば、誰でも嫌な気持ちになると思います。

もしもあなたの身の周りの人に不幸があり、お葬式に参列して間もないのなら、その時の記憶が夢になったのでしょう。

そうじゃない場合は、何か不吉なことが起こる前兆なのかと怖くなってしまいますよね。

夢の中のお葬式は、誰とのお別れだったのか・・。

もしかしたら、自分のお葬式の夢だったのなら、ものすごく不安になるでしょう。

お葬式の夢を見たあなたの心理状態について解説します。

夢診断のページ

スポンサーリンク

お葬式の夢を見る意味とは

お葬式の夢を見れば、もれなく「イヤな夢だな」と感じると思います。

死を連想させる儀式なので、当たり前なのですが、お葬式の夢の全てが悪い意味を持っているわけではありません。

もしも「死」を新たな生への区切りだと考えている人であれば、お葬式の夢は良い意味のある夢だと考えられるからです。

お葬式の夢を見たことで、とても暗い気持ちになってしまったかも知れませんが、その夢に潜む心理と向き合ってみましょう。

親のお葬式の夢を見た

親のお葬式の夢を見て目がさめた時、あなたはどんな気持ちになったでしょう。

もしも心細くて、不安な気持ちになったのなら、あなたはまだ親にに対して甘えている部分があり、自立することへに不安があるのでしょう。

ですが、親はあなたよりも先にこの世を去るのが自然な流れです。

不安や心細さを感じたとしても、自立できるように努力しなければいけません。

それを自覚しているからこそ、親を送るお葬式の夢を見たのでしょう。

もしも親のお葬式の夢を見てめざめた時に、不安や心細さよりも親の健康が心配になったのなら、自立心は十分です。

ただ、親が心配しているのに、あまり連絡していないのではないでしょうか。

親の様子が気になっているのに、忙しさで後回しにしているので、お葬式の夢を見たと考えられます。

親孝行できるのは、親がこの世に生きている間だけです。

気になっているのなら、電話やメールでもいいので、様子を確認しましょう。

兄弟姉妹のお葬式の夢を見た

兄弟姉妹が実際にいる場合もいない場合も、兄弟姉妹のお葬式の夢は、自分自身の性格の欠点に対して自己嫌悪に陥っていると考えられます。

兄弟姉妹というのは、同じ環境で育つのに全く違う性格です。

違う人格なので当たり前なのですが、兄弟姉妹を羨ましく感じながら育った人は多いはず。

兄弟姉妹がいない人も、「もしもお兄ちゃんがいたら」とか「こんな妹が欲しかった」など想像したりします。

つまり、兄弟姉妹とは自分に欠けている部分を埋める別人格の象徴です。

兄弟姉妹のお葬式の夢は、自分の欠点に対するコンプレックスが反映しています。

自己嫌悪に陥るよりも、自分の良さをもっと認めることが大切ではないでしょうか。

祖父母のお葬式の夢を見た

祖父母のお葬式の夢を見るのは、現実世界との関係が濃いことが多いので、心配になると思います。

高齢の祖父母の体調に心配なことがあるのなら、その心配が夢に反映したと考えられます。

もしもすでに他界している祖父母のお葬式の夢を見たのなら、あなたは自信を失っているサインです。

祖父母は親とは違う視点から孫を見ています。

親が厳しくても、祖父母はやさしく、あたたかく見守ってくれる存在です。

自信を失っている時に、祖父母のようにあたたかく守ってくれる存在がそばにいて欲しいと願うはず。

そういう存在がいないことで、自信を取り戻せないのではないでしょうか。

子供のお葬式の夢を見た

あなたに子供がいるのなら、子供のお葬式の夢は最悪だと思います。

きっとひどく落ち込み、悲しい気持ちで目がさめたはず。

そして、子供のことが心配でたまらなくなると思います。

もしも子供の健康など気になることが現実にあるのなら、それが夢に反映されたので、心配なことがあるなら早く対処しましょう。

何の心配もしていないのに子供のお葬式の夢を見たのなら、子供が親から自立していくのが寂しいのではないでしょうか。

親離れできない子供と、子離れできない親にならないように、子供の自立心を邪魔しないように気をつけてください。

あなたに子供がいないのに、夢の中で自分の子供のお葬式を行っていたのなら、あなたを悩ませていることの原因があなた自身にあることを示しています。

子供のお葬式の夢は、あなた自身の命を削がれるような悲しみを伴います。

それは子供がいない人にも想像できることでしょう。

あなたの中にある悪い部分を葬りたいという願望が、子供のお葬式という夢になったと考えられます。

少しずつでもいいので、直さなければいけないと思う部分を変えていけるように努力してみましょう。

恋人のお葬式の夢を見た

恋人のお葬式の夢には、恋愛の大きな転機を示しています。

恋人だけじゃなく、妻や夫も同じです。

好きな人のお葬式の夢は悲しい気持ちになります。

でも、その悲しい気持ちは愛情の表れでもあります。

少しパートナーに対して冷たい態度をとっていたり、愛情を素直に伝えられないのではありませんか?

それで好きな人の心が離れてしまうのでは・・という不安の反映と考えられます。

もっと素直に、好きな人に接するように心がけましょう。

自分のお葬式の夢を見た

自分のお葬式の夢には、とても深い意味があります。

基本的には、自分自身の死の夢は、今までの人生を振り返る節目の意味なので悪いことではありません。

まず、自分のお葬式を家族が悲しみながらも準備している夢は、家族との関係が良好だからです。

誰にも見送られないお葬式の夢は、今までの人間関係をリセットしても良いと考えているのではないでしょうか。

人間関係も断捨離してみると、本当に大切な人が見えてくると言われますから、そういう機会なのかもしれません。

多くの人たちが参列して見送られるお葬式の夢は、今後はもっと人とのつながりを大切にするべきだと思えるきっかけになるのではないでしょうか。

自分のお葬式の夢は、今までの生き方を考える時期を迎えたという意味があるので、不吉な夢だと思い込まないでくださいね。

葬式で受付係をする夢

葬式の受付をする夢は、人生の節目を考えているときです。

受付に立って参列者を迎えるのは、人がこの世から消えるときを深く考える瞬間だと思います。

自分にはまだまだ先のことだと思っていても、死を感じるセレモニーに関わることで、これから先の人生に残された時間などを考えるきっかけになると思います。

誰の葬儀の受付をしているのかが問題ではなく、葬儀の受付というシーンに自分が立っている夢は、残りの人生を感じ始めたサインです。

年齢に関係なく、人生が終わるときは突然やってくるかも知れません。

悪い予兆ではなく、限られた人生を精一杯生きなければいけないと思う気持ちが芽生えたのだと思われます。

霊柩車の夢

葬儀場から火葬場までご遺体を運ぶ霊柩車は、街中ですれ違うこともありますが、夢の中に出てくると気になります。

霊柩車を見かけるだけ、すれ違うだけの夢であれば、あなたが新しいことに踏み出す心構えができているサインと考えます。

自分が霊柩車を運転して、葬式の会場から走り出す夢は、誰かの挑戦を手助けしたり、背中を押す役割をすることを表しています。

現実の世界では、霊柩車を見かけると「親指を隠さないと、親が早く死んでしまう」とか、地域によっては不吉な説があるので、いい気持ちにならないかも知れません。

ですが、夢の中では再生や出発という意味があるので、悪く考えないようにしましょう。

まとめ

お葬式の夢は、全てが悪い心理状態を意味するわけではありません。

誰のお葬式だったのか、その夢を見た時の気持ちはどうだったのか、よく思い出しながらチェックしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました