【夢診断】夢の中に母親が出てきた時の心理状態とその意味とは!

夢診断

夢の中には、友達や家族など、現実の世界で自分に近い人が出てくることがあります。

知らない人が出てくる夢は記憶に残りにくいですが、親しい人が出てくる夢は妙に頭に残ることがあります。

夢に出てくる人物として、かなり頻度が高いのが母親ではないでしょうか。

もしも母親と遠く離れていたりすると、すごく気になると思います。
すでに母親がこの世にいないのなら、何かメッセージなのかと気になります。
母親と関係が悪くて、疎遠になっているのなら・・・。

このように、母親が夢に出てくるだけで、人は色々なことを考えると思うのです。
それは、あなたの心の中の母親が何か訴えているのかも知れません。

母親が夢に出てくる時、あなたの心理状態がどう影響しているのか解説しましょう。

スポンサーリンク

母親と電話で話す夢

現実に母親と電話で話す機会がある人でも、母親と電話で話す夢を見ることはあると思います。

同じ家に暮らしていても、電話で話さなければ伝えられないことはありますから。
そういう場合は、あなたが母親に言わなくてはいけないことがあるのに、まだ伝えられていないからだと思います。

もしもそれを伝えたら、母親がどう思うのかわからないので、なかなかきっかけが見つけられないのではないでしょうか。

そういう気持ちが夢の中に反映したのだと考えられます。

実家から出て遠く離れている場合や、もう母親が他界して話すことができない人が電話で話す夢を見たのは、母親の忠告や慰めを求めているからです。

母親から叱られたり、励まされたりすることが必要な心の状態ではないでしょうか。

母親の料理を食べる夢

「おふくろの味」とは、懐かしさを感じます。
誰もが幼い頃から慣れ親しんだ味を忘れることはできないのでしょう。

夢の中で母親が作った料理を食べていたのは、幼少期を懐かしむ気持ちが強くなっているので、ホームシックの可能性があります。

ホームシックという自覚がまったくないのなら、自分の身体の管理に少し不安を感じている時ではないでしょうか。

食べることは健康に直結しますから、自分の食生活を見直さなければいけないと思っているのではありませんか?

母親の手料理には、あなたの身体を心配する人の心が表れると考えられるからです。

母親と手をつなぐ夢

幼い頃に母親と手を繋いで歩いた記憶がありますか?

もしもその記憶が夢の中に表れたのなら、あなたの心細さが見せた記憶の掘りおこしです。

幼い子供にとって、母親が手をつないでくれるのは、とても安心します。
その時の記憶が残っているので、今の不安をその記憶で拭おうとしているのでしょう。

今のあなたは幼い子供ではないので、母親が手をつないでくれなくてもちゃんと一人で歩けるのでしょうが、人は時として心細さから母親の記憶を呼び起こして安心したくなるのです。

目が覚めている時にはそう思っていないとしても、眠っている間の心は正直なのですね。

タイムスリップして昔に戻る夢はこちらからチェックできます。

母親が泣いている夢

母親を悲しませることは、とても心が痛むと感じる人が多いでしょう。

もしも夢の中で母親が泣いていたら、自分が何か悲しませるようなことをしたのか不安になってしまいますね。

母親が泣いている夢を見たのは、家族に対し何か変わったことが起きていないのか心配している心理が影響していると考えられます。

離れて暮らしているのなら、忙しさのあまり連絡もしていないのではないでしょうか。

もしも家族と一緒に暮らしているのに母親が泣いている夢を見たのなら、それはあなたが母親に隠していることがあり、それを知られると悲しむことが想定できるからです。

スポンサーリンク

母親が怒っている夢

夢の中の母親が、自分に向かって怒りを向けているのは、あなたの心に「やる気」や「情熱」が芽生えている時と考えられます。

母親は子供を励まし、背中を押してくれる存在です。

その母親が夢の中で怒る姿を見せたのは、自分を奮い立たせようとしているからです。

何かにチャレンジしようとしている時ではないでしょうか。

母親と口論する夢

母親と夢の中で言い争っているのは、あなたの置かれた環境によって心理状態も大きく違います。

過干渉気味の母親がいるのなら、自立したいけれど、母親から自立する不安もあり、迷っているという表れです。

もしも母親とは良い関係が保てていて、口論することなんてほとんどない人がそういう夢を見たのは、母親とのコミュニケーション不足が影響しているかも知れません。

自分自身では良い親子関係だと思っていても、母親は寂しさや虚しさを感じているのかも知れません。

それでも子供の成長を喜び、自分の感情を押し殺している母親の気持ちを無意識に察知しているので、そういう夢を見たと考えられます。

思い当たる人は、もう少し母親と接する時間を増やしてみてください。

母親とはぐれる夢

夢の中で自分が幼い子供になったような気持ちで母親を探しているのは、とにかく今の精神状態が不安定であることを表しています。

自分の居場所が見つからない、進むべき道がわからない、孤独で不安で寂しくて、とにかく母親の温かい手を握りたくて探している・・・。

大人になっても、やはり母親という存在は特別なのです。
不安な心を落ち着けたくて、夢の中でも母親を探しているのでしょう。

母親が別人になった夢

夢の中の母親は、自分の母親とは全く別人になっていたら、とても気になりますよね。

この夢は、あなた自身の変身願望が見せたものです。

母親は、自分を産んだ人です。
その人が別人になって夢の中に出てきたのは、「もっと違い人生を歩みたい」という願望が影響していると考えられます。

職業なのか、ファッションやヘアスタイルなど容貌に関することなのかわかりませんが、今の自分とは別人のように変わりたいという気持ちが強まっているのでしょうね。

母親が倒れる夢

夢の中で母親が急に病に倒れてしまう。
そんな内容の夢を見ると、母親の身体のことが心配になりますよね。

もしもあまり母親の近況を知らないのなら、そろそろ母親が変わりなく過ごしているのか確かめる時期だと思います。

そういう環境ではなく、いつも近くにいて、元気な母親が夢の中で倒れたのなら、母親に頼り甘えている状況からの卒業だと考えられます。

母親は、子供が本当に困っている時には、きっと助けてくれるはずです。

ですが、その母性愛に甘えてばかりいてはダメだとわかっているのですよね。

これからは、あなたが母親を助けてあげられるようになりましょう。

スポンサーリンク

母親が死んでしまう夢

母親が死んでしまう夢には、様々な心理が隠されています。

現実に母親が亡くなっていて、夢の中でも母親が死んでしまう夢を見るのはつらく、悲しいですよね。

ですが、この夢は、あなた自身が母親の死を受け入れて、乗り越えているから見たのです。

親の存在がこの世から消える不安や心細さから、立ち直りつつある表れです。

母親が健在なのに、夢の中で死んでしまうのは、とても怖くなります。

もしかして、母親の身に何か起こっているのではないかと、すごく心配になると思います。

予知夢というのもあるので、念のために母親の無事を確認してみましょう。

夢占いでは、死は吉夢と言われていますが、深層心理が見せている夢として考えると、母親が死んでしまう夢には、母に対する依存度が影響していると考えます。

離れていても、ほとんど会わなくても、この世に母親が存在しているという安心感は、何ものにもかえられないからです。

まとめ

母親の夢を見て目覚めた朝、心が落ち着いているのか、それともザワザワしているのか、それだけでも心理状態はわかります。

もしも夢の中の母親の様子をおぼえていなくても、目覚めた時の自分の気持ちがどうなのか感じてみましょう。

父親の夢診断はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました