恋愛感情のないもの同士が結婚する理由は!共生婚のメリットとは?

結婚・再婚

結婚相手は好きな人じゃないとダメだという価値観は、当たりではない時代がありました。

好きでもない相手でも、親が決めた者同士が一度も会わずに夫婦になるなんてこともあったのです。

そうやって好きでもない相手と夫婦になった人たちもいるのですよね。

幸せなことに、今の世の中は自由に結婚相手を選べる時代になったので、わざわざ好きでもない人と結婚する必要はなくなりました。

それなのに、恋愛感情のないもの同士が夫婦になるなんて、理解できませんよね。

ですが、恋愛感情のない相手との結婚には、メリットもあるようなのです。

恋愛感情の無い二人が夫婦になるというカタチについて解説します。

スポンサーリンク

恋愛感情のない相手との結婚

恋愛感情のない相手との結婚は、共生婚として注目されています。

恋愛感情ナシ婚、恋ナシ婚、共生婚など、呼び方は色々ですが、要するに恋愛感情のない者同士が、夫婦として暮らすことです。

結婚という契約の条件には、恋や愛といった目で見えず、カタチとして表せないものを条件にしているわけじゃないので、恋ナシ婚が増えたって全く問題はありません。

ですが、なぜ恋愛感情のない二人がわざわざ夫婦というカタチにこだわるのでしょうか。

べつに「同居人」とか「ルームメイト」でも問題はなさそうなのに、わざわざ夫婦となるのには、何か理由があるのでしょう。

そこには、現代ならではの背景があるようです。

周囲からのプレッシャーをブロック

結婚願望がなく、独身のまま自由気ままに暮らしていくつもりなのに、親や周りの友達などがうるさく「結婚はまだなの?」とプレッシャーをかけてくることから逃れるために恋愛感情ナシ婚を選ぶ人がいます。

同じ目的を持っている人が二人揃えば、恋ナシ婚は可能です。

私の友人は、独身を通すために同性愛者だと親に思い込ませて、独身の同性の友達と事実婚状態になって暮らしています。

ただのルームメイトでは、「早く結婚しなさい」というプレッシャーから逃れるのは難しいからです。

最初は親もショックを受けて勘当状態でしたが、そのうち孤独なまま子供を残していく不安から解放されて二人を温かく見守っています。

独居老人になる不安

独身のままでも若いうちは不安にならないと思いますが、仕事もできなくなった老後になって一人暮らしは不安もあります。

もしもカラダが思うようにならなくなった時に一人でも大丈夫なのか・・。

もしも痴呆症などの症状が出ても一人暮らしでは、気が付かないまま進行してしまうのではないか・・。

老後への不安が大きくなってくると、独身同士で一緒に暮らして支え合うカタチの結婚を考える人が増えてくるのでしょう。

最近私の周りでも「○○歳になるまでお互いが独身だったら結婚しよう」と友達と約束しているという話を聞くようになりました。

全く恋愛感情はない相手でも、人間として好きな相手だからそういう約束もできるのでしょう。

孤独死への不安

一人暮らしの時でも、病気すると急に心細くなりますよね。

インフルエンザや新型コロナウイルスのような感染症が流行すると、不安も大きくなるのではないでしょうか。

健康状態に全く問題のない人でも、高熱が出るようなインフルエンザにかかったりすると、急に怖くなることもあるはずです。

一人で生きていけると自信を持てるのは、健康な身体じゃないと無理だと気が付き始めます。

孤独死で亡くなった後も何か月も発見されなかったなんてニュースを見かけると、恋愛感情がなくても、気の合う独身の友達と恋なし婚してもいいのかも・・。と思うきっかけになるでしょう。

恋愛に振り回されない

結婚したくない人たちは、結婚前も結婚後も、恋愛感情に振り回されることを時間の無駄と感じる人が少なくありません。

「浮気しているのかも?」とか、「もう愛情が冷めてしまったのかも」なんて余計な心配するくらいなら恋愛も結婚もしない方が精神的な安定が保てると考える傾向があります。

恋愛感情を持たない者同士の恋なし婚なら、不要な感情を省いて、共同生活者として心地の良い人と過ごせると考えるわけです。

スポンサーリンク

恋愛感情ナシ婚デメリット

恋愛感情ナシ婚は双方が納得の上で夫婦というカタチの共同生活をするわけですから、お互いにメリットがなければ成り立ちません。

しかしデメリットもあります。

恋ナシ婚の場合は、戸籍上は夫婦として入籍しない事実婚を選択することも多いため、事実上は夫婦のように生活していても簡単に共同生活を解消することも可能です。

夫婦というよりも、ただの同居や同棲のようなものになってしまいがちです。

恋愛感情がベースにある相手ではないので、カジュアルでハードルが低いように感じられてしまいます。

そのため、コロコロと相手が変わってしまうような不安定な状態になることがあるので注意が必要です。

恋愛感情ナシ婚はルールが大切

恋愛感情ナシ婚というカジュアルなネーミングから、軽く考えられてしまう恐れがありますが、別の呼び方では共生婚とも言います。

共に生きるパートナーとして、恋愛感情が根底にある結婚ではないけれど、二人で支え合って生きるためのパートナーシップ協定を結ぶための結婚です。

これはある意味、恋愛感情が付きまとわないだけに、シンプルに人間として相手を選んだはずです。

それでも人間同士なので、恋愛感情がなくても一緒に生活するのが苦しくなる時もあるでしょう。

ですから、恋愛感情のない共生婚は、事前に契約の内容を書面にして残しておくことが重要です。

一緒に暮らしている間にどんなことが起こるかわかりません。

もしもどちらかに恋人ができた時や、どちらかに恋愛感情が生まれて本物の夫婦になりたいと思うようになった場合など、細かい設定を考えて書面にしておきましょう。

契約を解除する時のことも含めて、恋愛感情ナシ婚こそ結婚の細かい契約をルールとして残すようにすることが大切ではないでしょうか。

スポンサーリンク

恋愛感情が芽生えた場合

たとえ恋愛感情のない関係での結婚をお互いが納得していても、一つ屋根の下で暮らしていれば、恋愛感情が芽生えてしまうこともあるでしょう。

そのような状況になることは予測できるはずなので、事前に話し合ってルールを決めておきましょう。

どちらが一方だけに恋愛感情が生まれた場合でも、それを隠して恋愛感情ナシ婚として夫婦を続けることが可能だと考えるかも知れません。

ですが、その状況は想像以上にツラいでしょう。

すごく近くにいるし、夫婦として暮らしている相手に片思いをしているのですから。

恋愛感情を生まないことを誓約しても、人の気持ちは誓約書や契約書などの書類で押さえつけられないものです。

そうなったときにはどうするのか、これは恋ナシ婚(共生婚)の最大の問題なので、じっくりと時間をかけて話し合うべきだと思います。

まとめ

恋なし婚とか共生婚は、晩婚化が進み、生涯未婚率がこれからも上昇すると想定される世の中では、もっと増えるような気がします。

従来の結婚のカタチにとらわれない恋なし婚や共生婚なら、結婚願望の無い人も興味が持てるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました