ママ友家族ぐるみの付き合いをしたいけど旦那が・・うまく巻き込む方法

悩み

子供が小さい間は、ママ友同士の付き合いを大切に考えている人が多いですよね。
独身時代の友達と会う時間も削って、ママ友付き合いを優先しないといけないとか・・。

でも、義務的にイヤイヤ付き合っている人ばかりじゃないよ
ママ友として知り合ってその後も仲良くできる人も多いみたい
大人になってから新たな友達を作るのは難しいからママ友は貴重な存在なのかもね

そうなんですよね。
きっかけは子供同士のつながりだったとしても、ママ友として出会った人と意気投合すれば、子供が成長した後もずっと友達になれることもあるんです。

ママ友付き合いって悪いことばかり言われるけど、良いことも沢山あるのです。

ただ、ママ同士は仲良くなってもパパはちょっと・・・・というケースで困っている人が少なくないようです。

旦那同士も仲良くなれれば、家族ぐるみのお付き合いができるので、きっと楽しいはずなのに。

子供同士のつながりから家族ぐるみの付き合いにパパたちを巻き込むための良い方法があるのでしょうか。

家族ぐるみの付き合いが苦手そうなタイプのパパを例にして考えてみました。

スポンサーリンク

人見知りタイプのパパ

人見知りで社交的じゃない男性は、家族ぐるみの付き合いとか一番苦手なタイプでしょう。

もしもママも同じように人見知りで、二人とも社交性がないのなら、無理に家族ぐるみの付き合いをすることはないでしょうが、パパが内向的でもママは社交的という正反対の夫婦もいます。

誰とでもすぐに仲良くなれる社交的な人から見れば、内向的な性格の人のことが理解できないかも知れません。
ですが、それが個性なので無理に社交的に振舞わせるのは逆効果だと思います。

人見知りの旦那さんをママ友同士の付き合いに巻き込むのなら、あらかじめ周りにも旦那さんのことを説明しておきましょう。

「人見知りだからしゃべらなくても気にしないでね」
「機嫌が悪いわけじゃなく、人見知りなだけだから」
「無理に話しかけたりしなくても大丈夫」

このように、先手を打っておくと周りも妙な気を使わなくて済みます。

旦那さんに対しては、やって欲しいことを伝えておきます。

例えばバーベキューなら焼く担当をお願いするとか。
子供たちが怪我しないように見ていてもらうとか。

人見知りの人は、無理にワイワイと賑やかな中に入るよりも、少し離れたところで静かにしている方が気がラクなのです。
何度か顔を会わせて、緊張感がなくなってから、徐々にママ友の旦那さんたちとも会話できるようになると思います。

挨拶だけしてくれたら、それ以上を求めないようにハードルを下げて付き合いをはじめてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

プライドの高いパパ

プライドの高い男性は、他の人と比べられて負けたりするとショックが大きいので、ママ友の旦那さんと張り合ってしまい、上手く付き合えないケースがあります。

旦那さんとしては、プライドを傷つけないように扱えば済むので、上手く妻にコントロールされているかも知れません。

ですが子供同士の付き合いから家族ぐるみとなると、他のパパと自分を比べてしまうかも知れません。

勝手にプライドが折れてしまい、自分だけが落ち込んでしまうようなめんどくさいことになると困りますね。

こういうタイプの旦那さんは、ちょっと大変ですが、ママのフォローで対応するしかありません。

「やっぱりパパが一番!」というフォローで簡単に立ち直ってくれるのなら、めんどくさいけど頑張りましょう。

仕事人間のパパ

仕事に対してすごく熱意があり、仕事で評価されることに生きがいを感じているようなタイプの旦那さんは、子供同士の付き合いに巻き込まれるのを嫌がる人が多いです。

仕事が休みの時には、何もしたくないほど、仕事の打ち込んでいるからでしょう。

そんなタイプの旦那さんを子供繋がりの家族ぐるみの付き合いに引っ張り出すのは簡単じゃありません。

いきなり食事とか一緒にするよりも、幼稚園や学校の行事などで顔見知りを作ることから始めてみましょう。

家族ぐるみの付き合いのメリットをさりげなく吹き込みながら、徐々に巻き込んでいきます。

仕事人間の男性は、知り合う人のほとんどが仕事関係です。

だから仕事のことで悩んだとしても相談できる相手が限定されてしまいます。

全く仕事とは無関係の人間関係があると、仕事で行き詰まった時にヒントをもらえたり、気分転換もできるので無駄ではないと思うのです。

仕事以外は興味なし!という旦那さんを家族ぐるみの付き合いに巻き込むのはとても長い時間がかかると覚悟して、少しずつメリットをすり込んでみましょう。

スポンサーリンク

大人の友達作りの魅力をアピールしよう

ママ友付き合いを負担に感じながらも、子供のためにガマンしている人でも、色んなママと知り合う内にほんとに友達になれる人と出会える可能性があります。

それが生涯の親友との出会いのきっかけになるかも知れないので、何があるかわかりません。

旦那さんも同じです。

幼馴なじみとか、学生時代の友達、会社の同僚など、色んな出会いがあるとしても、大人になると仕事関係以外で人と出会う機会が激減する人が多いでしょう、

子供たちが窓口になって、大人の友達作りの場を広げてくれると考えるようにしてみると良いと思います。

イヤイヤ付き合うよりも、どうせママ友付き合いをするなら楽しく付き合えるようにした方が良いですからね。

まとめ

ママ友とは良い関係を築いているのなら、旦那さんを巻き込む必要はないと思うかも知れません。

自分たちの家庭内に不穏な空気が生まれないように、強引に巻き込まないように一応声をかけて誘ってみる・・くらいの雰囲気で反応を見ながら流れを作ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました