彼が彼女に対する興味を失ってきたサインとは?心の準備が必要?

恋愛

付き合い始めた時と明らかに態度が違う!!

これはお互い様なのかも知れませんが、その態度によっては別れが近いことを感じることができます。

恋愛が始まれば終わることもあるのですが、失恋のショックで深く傷つきたくないですよね。

できるだけ別れる時の傷を浅くするためには、早めに彼の気持ちに気がつくことが大切ではないでしょうか。

そこで今回は、付き合っている彼の態度から、彼女への興味が薄れているサインを見抜くポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

彼の態度が変化しても心配ないケース

付き合い始めて間もない頃と、年月を重ねた場合では、態度が変わるのは当たり前のことですよね。

彼だけじゃなく、自分も変化しているはずです。

彼の態度が分かっても、それが良いことなら安心です。

・彼女の前で居眠りできるようになった
・カッコ悪いところも見せてくれる
・彼女の悪いところをきちんと指摘する

付き合い始めの頃には、平気で居眠りしたり、オナラしたり、ダサい姿を見せたりしません。

彼女にもっと好きになって欲しいという気持ちがガマンや無理させることがあるからです。

でも、彼女の存在に安心できるようになると、その緊張感がゆるんでしまうのです。

これを倦怠期として受け取るかは人それぞれですが、いつまでもラブラブの関係でいたい彼女にはがっかりすることでしょう。

しかし、安心できる相手ということは、興味がなくなったわけじゃないし嫌いになったわけじゃないのです。

そばにいて安心させてくれる存在だからこそ、ダラッとした姿を見せられるのですから、良いことだと思った方がイイですよね。

スポンサーリンク

注意したい態度の変化とは

ここからは彼の態度の変化でも、彼女に対して興味を失いつつあることを示すのでは?と思われることです。

2人になろうとしない

彼女に対して興味がなくなって、気持ちも冷めてしまった時に多いのが、2人きりで会おうとしないことです。

恋人同士なら、2人きりの時間を楽しみたいはずなのに、デートに誘ったのに友達を連れてきたりするのは危険信号点滅です。

2人になると気まずい雰囲気を作ってしまいそうで耐えられないのか、それとも態度で別れを伝えようとしているのか。

付き合う前から友達とワイワイするのが好きな彼氏で、付き合い始めてからもずっと同じなら心配はないですが、2人で会うのを避けるようになったら気をつけた方が良いですね。

自分から話そうとしない

二人で話している時に、自分から話すことがほとんどなくて、彼女の話しを聞いているだけ、しかもリアクションも薄いのは会話を聞き流しているからです。

ほとんど聞いていないので、リアクションも適当な感じになってしまうのです。

もともと無口な彼だと気がつきにくいかも知れませんが、最初から会話のリアクションが薄いわけではなかったはず。

自分から会話を広げようという気持ちがなくなってしまったのでしょう。

会話のほとんどが無言の相槌

相槌は会話のリズムをつけるためにも大切です。
聞き上手な人は、相槌のチョイスやタイミングが上手いのですよね。

でも、相槌が無言で軽く顎を引く程度だとしたら、彼女との会話を早く切り上げたいと思っているのではないでしょうか。

あからさまに会話を切り上げるようになれば、もはや興味がないだけじゃなく、別れる寸前だと思います。

スポンサーリンク

連絡はいつもこっちから

いつもメールはこちらから、いつも電話はこちらから、LINEで話しかけても既読になっても返信までに凄く時間がかかる。

既読スルーも珍しくないとなれば、彼は彼女への興味が薄れていると考えられます。

ただし、男性にはこまめな連絡が苦手な人がいます。

自分から連絡しなくても、彼女がいつも連絡してくれるから大丈夫だと思っている可能性もあります。

いつも自分ばかり連絡しているなぁ・・・と心配になったら、一度こちらから連絡するのをやめて反応を確かめてもいいと思います。

ただ、もしも彼がそのまま自然消滅にしようとすることもあるので、今まで連絡していた頻度によって期間を決めましょう。

毎日のように連絡していたのなら、1週間くらいで十分ではないでしょうか。

どうでもいいことしか言わない

彼との会話の内容が、どうでもいいようなことばかりになった場合も注意した方が良いです。

真面目な話をしなくなるのは、自分の本心を見抜かれないようにするための防衛策の可能性があります。

何かをごまかすために、どうでもいいことばかりを話すとしたら、何か隠しているのでは?と探りを入れる方法を考えてみましょう。

お金をケチる

お金の使い方が変わるのも見逃せないことです。

デートにお金を使いたがらないとか、お金が無いことを理由にデートを断るようになったら、他にお金を使いたい人ができたかも知れません。

二人の将来のために貯金しているとか、二人の旅行のためなど、理由があるなら別ですが、お金の使い方が気持ちのバロメーターと思いたくありませんが、そういうこともあるのは否定できません。

スポンサーリンク

彼の気持ちが変わるサインを見逃さないポイント

彼の態度が明らかに変わって、自分への気持ちが消えつつあるかも?と思った時には、もうすでに気持ちは離れていて、修復不可能な状態であることが多いです。

できればその前に関係を見つめ直す機会が欲しいものです。

見逃さないポイントは、観察力を研ぎ澄ますことしかありません。

会話の時のリアクション、目線など。

あまり露骨に探るようにするのはダメですけど、ちゃんと彼の様子をいつも見ていれば少しの変化にも気がつくようになります。

まとめ

彼が彼女への興味を失ったとしても、それがすぐに別れにつながるわけじゃありません。

恋人同士でも、まるで長年連れ添った夫婦のような関係になることもあるので、興味を持っていないような態度でも慌てないようにしましょう。

新しいことを始めたり、新しい人間関係を広げたりして、彼の興味を引くような存在になる努力をしましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました