【夢診断】遅刻してしまう夢を見るのはどんな心理状態なの?

夢診断

寝坊してしまって仕事や学校に遅刻してしまう。

または道に迷ってしまい、待ち合わせの時間に遅刻してしまう。

現実であれば、ものすごく焦りますよね。

たとえ夢だったとしても、すごく動揺した気持ちになってしまうと思います。

夢の中でも遅刻しそうで焦って目が覚めるという経験がある人もいるでしょう。

ここでは、夢の中で遅刻したり、遅刻しそうになるのは、どんな心理状態が影響しているのか解説します。

夢診断一覧ページ

スポンサーリンク

遅刻の夢の意味

遅刻する夢を見るのは、現実の世界であなたに迫っている問題に対して、見て見ぬふりしたいけれどできないという中途半端な気持ちが反映していると考えられます。

仕事に遅刻する夢は、仕事から逃れたいという気持ちと仕事しなければいけないという現実的な問題との間にあるからです。

逃げられないのに逃げ出したいと思っていては、必要な準備も満足にできないし、集中して本腰を入れて仕事に取り組むこともできません。

中途半端な気持ちが、遅刻する夢となっている可能性が高いでしょう。

遅刻して落ち込んでいる夢

遅刻してしまったことを後悔して落ち込んでいる夢は、今の自分の状態がけっして良くないことを自覚している心理状態の反映です。

遅刻というのは、社会人としての最低限のマナーすら守れない人というレッテルを貼られるようなことです。

だから、反省し、後悔し、落ち込んでいるのは、まだチャンスはあるということを示しています。

諦めず、開き直らずに、甘えた環境から脱する決意を持てるといいですね。

スポンサーリンク

遅刻しそうで焦っている夢

遅刻しそうですごく焦っている夢は、心に余裕のない状態が反映されています。

遅刻することがとても嫌いで、時間には正確なタイプの人がこのような内容の夢を見やすい傾向があります。

これは、いつも自分を時間というルールで縛っていて、心が窮屈に感じている無意識のサインです。

時間に正確なことは良いことですし、ルーズな人よりずっと好印象ですよね。

ですが、時間の使い方が上手くできていないと、たいして忙しいわけでもないのにいつも時間に追われてしまいます。

時間の配分を上手くできるようにして、心の余裕を持てるようにしましょう。

遅刻しそうなのに焦っていない夢

遅刻しそうでギリギリなのに、なぜかまったく焦る様子もなく、のんびりとしている夢を見たのは、あなたは色んな選択肢を持っていることを示しています。

遅刻は社会生活のミスとして一番シンプルであり、誰でも起こる可能性があります。

もしもミスをしても、他の選択肢があるから大丈夫だと心にゆとりがあるので焦っていないのです。

ただ、あまり余裕でのんびりし過ぎてしまうと、自分が困る結果になる恐れがあるので、注意が必要です。

遅刻を諦めてしまう夢

遅刻しそうだから・・と早々に諦めてしまう夢は、日ごろのあなたの物事への取り組み方を反映しています。

あなたは何か新たなことや、難しいことに挑戦しても、少し挫折すると早々と諦めてしまうことが多いのではないでしょうか。

遅刻しそうな時には、いつもの倍以上スピードで準備をして、急いで走れば何とか間に合うかも知れません。

まだ完全に遅刻が決定しているわけじゃないのに、諦めてしまうのは、どんなこともはじめから諦める傾向があるからです。

もう少し、粘り強く足掻いてみてもいいのでは。

スポンサーリンク

遅刻して叱られる夢

遅刻してしまい、学校の先生に叱られる、または仕事の場面では上司や先輩に叱られる夢を見たのは、気持ちのゆるみを自分自身で感じているからです。

最近、少しダラダラし過ぎていないかな・・と思い当たるのなら、気を引き締めるきっかけにしてください。

あなたの心の中では、今の状態「やばいよ」と警告を送っています。

入学や入社試験に遅刻する夢

人生を左右するかも知れない大切な試験なのに、遅刻してしまうのは一大事です。

もしもそんな夢を見てしまうと、何だか嫌な予感しかしませんね。

リアルにこれから試験を控えている人は、落ち着かないでしょうが、それは予知夢ではなく不安が見せている夢なので、しっかり準備をしようという警告だと思えば問題ありません。

試験やテストの夢の意味はこちらでも

結婚式の参列者が遅刻する夢

自分の結婚式に参列する人が遅刻する夢は、その人物との関係性によって意味が全く違います。

結婚相手が遅刻する夢や、両親が遅刻する夢はその人との関係に不安な影があるからでしょう。

結婚は幸せなことですが、人生の大きな転機なので、不安もあります。

親しい人のことをきちんと理解できていないので、上手くやっていけるのか心配している部分があるからです。

もしも結婚の予定が全くない人がこのような夢を見た場合は、遅刻した人とのコミュニケーションを考え直してみましょう。

待ち合わせに遅刻する夢

待ち合わせに遅刻する夢は、待ち合わせの相手が誰なのかによって違います。

恋人

恋人との待ち合わせに遅刻してしまう夢は、2人の関係が冷めかけているような不安が心のどこかにあるからです。

遅刻しても、恋人は怒らずに許してくれるだろうか・・・。

遅刻した理由を心配してくれるだろうか・・。

恋人の心をたしかめたくなる瞬間があるのではないでしょうか。

友達

友達との待ち合わせに遅刻する夢は、安心感の表れです。

待ち合わせした友人は、自分のことを理解してくれて、いつも味方になってくれる人だと思えるのでしょう。

緊張感を緩めることができる相手ということなのです。

初対面の人

初めて会う人との待ち合わせに遅刻する夢は、新しい出会いに対する恐怖心の表れです。

人間関係が広がれば、気の合わない人や付き合いたくない人も出てきます。

そういう面倒なことがストレスになっているのでしょう。

今以上の人間関係は負担になると感じることも、たまにはあるのではないでしょうか。

無理に人付き合いのネットワークを広げようとせずに、今の知人や友人を大切にするだけで十分だと思う気持ちの表れだと考えられます。

遅刻しそうで走っている

間に合うか間に合わないかギリギリのところで走っている夢は、自分が思い描くようにならないことへの苛立ちを表しています。

夢の中では、走っているのに進んでいないなど、もどかしさを感じることが度々あると思います。

思ったような結果にならない時には、誰もかイライラしてストレスを感じてしまいます。

今は少しガマンの時なのかも知れませんね。

まとめ

遅刻する夢は、寝過ごしそうな時に見ることもありますし、寝坊できない重大なイベントの前夜に見ることもあります。

「遅刻できない」時ほどそういう夢を見るのは、緊張感の表れなので心配ありません。

そうではく、フラットな状態で生活している時に遅刻しそうな夢を見るのは、心の状態と照らし合わせてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました