復縁して正解だったカップルとやっぱりダメだったカップルの違いとは

恋愛

一度別れた恋人同士が、またよりを戻しても、やっぱりまた破局してしまう・・。

ダメなものはダメなんだ。

復縁して失敗してしまうと、そう思ってしまいますよね。

でも、復縁してから上手くいくようになるカップルも沢山いるのは間違いありません。

その違いはどこにあるのでしょう。

スポンサーリンク

復縁してから上手くいくカップル

復縁してからは、前よりもずっと仲の良い恋人同士になったカップルは、どんな秘訣があるのでしょう。

別れの原因に理由がある

一度は別れを決意したとしても、好きな気持ちがお互いの心の中に残っていた場合は、復縁すると上手くいく可能性が高いです。

別れたくなかったけれど、別れなければいけない事情があって離れてしまった二人だとすれば、また付き合い始めた時には、「もう二度と離れたくない」という気持ちが強くなります。

別れた後の時間に理由がある

別れて間もなく復縁するのではなく、長い間離れていた二人が復縁するのは、成功するケースが多いです。

離れている間に、お互いが成長していれば、とても新鮮な気持ちになれるはず。

また、長い間離れていた二人がよりを戻すと、相手のイヤだったところまで、懐かしく感じることもあります。

自分が成長することで、相手の欠点に見えていたところが、チャームポイントになることだってあるのです。

懐かしさと新鮮さが織り交ぜ合うので、急いで復縁するカップルよりも上手くいく可能性が高くなるのですね。

別れた後の恋愛に理由がある

別れた後に、他の人と恋愛した方が、復縁した時に上手くいきやすい傾向があります。

ずっと別れた元恋人のことを忘れられずに思い続けている一途さも健気ですが、他の人に目を向けられる気持ちの切り替えができないと、また同じ失敗を繰り返してしまう恐れがあります。

それに、他の人と付き合ったことで、別れた元恋人の良さに気がつくこともありますよね。

別れた後の恋愛経験は、あえて復縁後に話す必要もないので、モメることもありません。

スポンサーリンク

復縁してもダメだったカップル

上手くいくカップルがいる反面、よりを戻して失敗するカップルもいます。

復縁しても、また同じことの繰り返しになって別れてしまうのは、なぜなのでしょう。

妥協して復縁した

復縁と破局を何度も繰り返すような腐れ縁カップルっていますよね。

そういうカップルは、新たな相手を探すよりも、よりを戻した方が手っ取り早いと思っているのではないでしょうか。

新しい恋愛には、かなりのエネルギーが必要です。
気心知れている元カレ、元カノとなら、気を使わずにラクに付き合えるので、何となくまたくっ付いてしまう・・・。

そんな感じで復縁しても、また同じことになるのは目に見えていますよね。

お互いの欠点を受け入れられない

別れの理由は色々ありますが、復縁するからには、好きな気持ちがなければ戻りませんよね。

ですが、いざ復縁してみると、また相手の欠点ばかりが気になってしまうのなら、よりを戻す意味はありません。

誰にでも欠点はありますが、どしても気になってしまい、受け入れられないのなら、上手くいくはずはありません。

嫌いになったところをよく考えて、それを受けいられらるほどではなかったのなら、復縁すべきではないでしょう。

別れた原因を許せていない

もしも元恋人が浮気をしたとか、深く傷つけるような嘘をついたとか、そういう出来事が原因で別れた場合の復縁は難しいでしょう。

よりを戻したとしても、何か小さな意見のすれ違いなどで喧嘩になった時に、必ず被害者側はその件をほじくり返したくなるからです。

一度目の別れの原因を、絶対に持ち出さないという決意をして、それを貫き通せる自信がないのなら、復縁しても無駄だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

復縁して上手くいくカップルの秘訣は、別れた後の時間の過ごし方にあるようです。

離れている間に、元恋人がまた惹かれるような魅力を身につけることが大切なんですよね。

他の人との恋愛もして、人間的にも器の大きな人になる努力を惜しまない人は、上手くいくのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました