彼が副業をしているけど内容を教えてくれない!彼女に秘密にする理由

恋愛

会社員でも副業を認める企業が増えていますよね。
働き方はどんどん変化しているので、副業から起業してフリーランスになる人も今後はもっと増えると言われています。

給料だけじゃ将来が不安だと思っている人なら、副業を考えるのは良いことだと思います。

でも、もしもあなたの恋人や副業をしているのに、どの内容を秘密にしているとしたらどうでしょう。

何か怪しい副業なのか、ちょっと心配になりますね。

それに、付き合っている恋人に秘密にするなんて、信用されていないようで寂しく感じます。

なぜ恋人に秘密にするのか、その心理を考えてみましょう。

スポンサーリンク

副業の関係者のことを知られたくない

恋人に副業そのものを秘密にするのは難しいですよね。
本業以外に仕事をするための時間を作るので、デートする時間も作れなくなってしまいます。

だから副業していることは伝えるのに、具体的にどんな副業をしているのか秘密にするのは怪しい感じです。

まず秘密にする一番の理由は、他の異性の存在です。

浮気とかそういうわけじゃなく、副業する上で付き合う人たちとの人間関係で浮気などを疑われるのがめんどくさいから秘密にするという理由です。

仕事上の関係者が異性だらけだと、恋人は心配になります。
余計な心配をかけたくないという気持ちから、どんな副業をしているのか教えたくないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

副業による収入を知られたくない

本業の収入以外に副業でどのくらいの収入を得ているのか、それを知られたくなくて内容を隠しているのも理由として考えられます。
大きな収入を得ていれば、お金を目当てにされるのも嫌でしょう。
大した収入を得ていないけど、副業を楽しんでいる場合でも、「そんなちょっとした稼げないの?」なんてバカにされるのも嫌でしょう。

副業による収入をきちんと伝えなくても、夫婦でもないので問題はないはずです。

もしも収入のことが理由で隠されているとしれば、お金に対して欲深い人だと思われているかも知れませんね。

副業を反対されたくない

副業をはじめようとして彼女に話したら、反対されてしまった。
または、起業しようとして彼女に相談したら反対されてしまった。
こういう経験がある男性は多いので、そういう話を耳にして秘密にしている可能性もあります。

男性は冒険したり挑戦するのが好きですが、女性は安全に安定した道を選びたいのです。

副業を始めるのに、初期投資をする必要があるとか、起業した後の収入が不安定になることを伝ると、彼女に反対されそうな気がして、詳しく話せないのかも知れません。

仕事のことと恋愛の区別をつけたい

ある女性から相談されました。

彼氏が副業をはじめて、順調な様子なんだけど、どんな副業をしているのか教えてくれないと悩んでいると。

「彼女に秘密にするって、こんな関係で付き合っていると言える?」と相談されました。

この女性は、恋人には隠し事は一切せずに、何もかも全て見せ合うのが当たり前という価値観なのです。

ですが、彼氏の方はそうではありませんでした。

それとなく彼氏に彼女の悩みに関して話してみると、秘密にしているつもりもなく、そんなことで悩んでいることに驚いていました。
彼氏は、今の段階では彼女との結婚を考えているわけでもないので、副業の内容まで全て話す必要はないと思っているのです。

むしろ、仕事と恋愛をきちんと区別していることは、彼女への思いやりだと考えていました。

仕事の愚痴を彼女に話したりするような関係を望んでいない男性だったわけです。

お互いの恋愛観の違いが誤解を生んだ悩みだったわけですが、男性の真意を聞いても、彼女は「なんか寂しい」と言っていました。

何もかも見せてくれないと愛情を感じないタイプの女性もいるので、難しいですね。

スポンサーリンク

彼女を巻き込みたくないという理由もある

副業は、本業があるからこそ副業なわけですから、少し思い切ったことができます。

もしも副業で失敗しても、本業があれば何とかなると考えてリスクのある副業を選んでいる人は、彼女には言わないかも知れませんね。

彼女をリスクのある副業に巻き込んでしまうのを防ぐためにも、秘密にしている可能性もあります。

知らない方が幸せということもあるからです。

まとめ

彼氏が副業の内容を秘密にしている理由は、彼女に原因があるのかも知れないし、彼のやさしさかも知れません。

副業の具体的な内容を教えてくれなくても、彼の態度が今まで通りなら何も心配する必要はありません。

恋人は自分の所有物ではないし、100%見せ合うよりも、少しくらい見えない部分があったほうがミステリアスでドキドキしますよ。
彼が話してくれる時まで、何も聞かないであげるのもやさしさではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました