元カレに「もしかして復縁できるかも?」と思わせる7つの行動とは

恋愛

未練を残したまま別れると、いつかまた復縁したいと思ってしまうのは仕方ないことです。

でも、女性は一度嫌いになって別れると、好きだった感情をきれいサッパリ消せる人が多いような気もする

たしかにそういう一面もありますが、嫌いになっていないのに別れる場合はそうはいきません。

急に別れたいと言われて、気持ちの整理もつかないまま別れれば、そりゃ未練が残るでしょ

う~ん、切ないですね。

しかもムカつくことに、男って別れた彼女でも嫌われたくないって思うらしいよ

男性から別れたはずなのに、元カノにはずっと好きでいて欲しいと考える人が多いのは、たしかにそうみたいです。

とことん嫌いにならなければ、好きなままずっと思い続けて欲しいのです。

ということは、別れた後も元カレと会う可能性が残っているのなら、復縁することは不可能じゃないってことです。

元カレが復縁を意識するようになるために、どんな行動パターンが効果的なのか解説します。

スポンサーリンク

相談相手になる

別れた後も友達になれるケースは、元カレと普通に会うこともできます。

別れて時間が経過すれば、お互いに他の恋人ができることもありますから、恋愛相談になったりすることもあるでしょう。

元カレのことをまだ好きで、復縁したと思っているのに、他の女性との恋愛相談なんて、ものすごくツラいから聞きたくないと逃げてしまっては復縁のチャンスが消えてしまいます。

ただし、恋愛が上手くいかなくなるようなアドバイスをして、自分の方に気持ちを向けさせるチャンス!と思ってはいけません。

彼の近況を知ることができて、復縁のチャンスを待つための手段として、良い相談相手になってみましょう。

別れからの変化を褒める

元カレと久しぶりに再会するような機会があれば、会っていない間の彼の変化をしっかり評価すると良いですね。

髪型やファッション、体型などの変化を見つけて褒めます。

もしもとくに変化が見つからない場合は、

全然変わってなくて安心した。

というのも良いですが、

変わっていないように見えるけど、前よりカッコよくなった?

と元カレの気持ちをくすぐってみると悪い気はしないと思います。

良い思い出を共有する

元カレと付き合っていた間の思い出は、二人の共通することです。

久しぶりに再会する時の会話には、初デートのことや、記念日のことなどをさりげなく加えます。

あの時、すごく緊張してたんだよ

今でも時々思い出すよ

さりげなく、付き合っていた頃のことが頭によぎる話をしてみるのもいいと思います。

あまりにも思い出をアピールすると、過去ばかりにすがっているように見えるので、少しだけがポイントです。

シングルをアピールする

別れた後も彼女は自分のことを好きでいてくれると信じている男性は意外なほど多いです。

なんとも純粋というか・・。

でも、その純粋な男性の心には別れた後も誰とも付き合わずに一人でいることはかなり強烈な印象です。

なかなか好きになる人に出会わないから、何となく一人でいるの・・

と言われると、グラっと心が揺れるはずです。

俺よりも好きになる男に出会っていないんだな。

と思わせれば元カレの気持ちもグッと引き寄せられます。

イヤだったところも認める

別れるのは何か理由があるからですよね。

もしも彼が浮気したとか、どうしても許せないような裏切り行為をした場合は別ですが、些細なことで意見の違いが生まれてしまいケンカになって別れることもあります。

でもほんとはまだ好きだったとしたら、ケンカの原因になったことも含めて、付き合っていた頃には気に障ったことも認めるようにすると復縁できるかも知れません。

自分の変化を知らせる

元カレと再会した時に、外見的な変化は相手が気がつかないのにことさらアピールするのは嫌味になるので控えた方が良いでしょう。

外見以外の変化をアピールするのは、別れてからの時間を有意義に過ごしていることを伝えられるので、有効な手段だと思います。

例えば何か転職に役立つような資格を所得したとか、新しい趣味のために何か始めたとか。

別れた後にイキイキと生活していることを知ると、元カレは少し寂しく感じるかも知れません。

その気持ちが湧いたとしたら、復縁の可能性はあるでしょう。

大切な日に会う

元カレと再会する機会がほとんどなくて、別れてからずっと会えない状態が続いているとしたら、彼の誕生日やバレンタインデーなどに思い切って会ってみるのも復縁の可能性を作るためには必要です。

会えなければ復縁のチャンスはどんどんなくなってしまいます。

ただ、その時に元カレに新しい彼女がいた場合は、潔く引く覚悟をして連絡しないといけません。

それを知るのが怖いから、連絡できないとしたら、偶然の再会を待ち続けるしかありません。

それでは復縁の可能性は限りなくゼロになってしまうので、少しの勇気は必要ではないでしょうか。

でも別れて間もない場合は別です。

別れたてホヤホヤ状態でイベントに会うのは、またケンカしたりするリスクもあるので、少なくとも半年~1年くらいの時間の経過は必要ではないでしょうか。

復縁を意識させる前の注意点

別れてまたよりを戻してと、それを繰り返すカップルは少なくありません。

そういう繰り返しをするのは、別れられないからではなく、ただの腐れ縁です。

復縁はお互いの気持ちが一致しないとあり得ないことです。

元カレに未練があっても、彼の方はもう二度とよりを戻す気がないとしたら、復縁を意識させる行動を繰り返すのは迷惑ですし、嫌われるだけです。

一歩間違えれば、元カレは恐怖すら感じて、ストーカーだと思われる恐れもありますから、元カレの気持ちを察するアンテナを敏感にしてください。

友達としての関係が続いている場合や、顔を合わせる機会に嫌な態度をせずに接してくれれば復縁の可能性はゼロではありません。

もしも電話番号を変えられたり、着信拒否されるような場合は、それ以上の行動はやめて、新しい恋愛に向かったほうが良いですね。

まとめ

元カレに対する未練がいつまで経っても消えなくて苦しいのなら、一度は復縁に向かって行動を起こしてみた方が良いと思います。

上手く復縁できなくても、気持ちに踏ん切りをつけることができるきっかけになります。

前を向くためにも考えてみてはいかがでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました