別れ話を会わずに伝えるリスクとは!会って話すのが最低限のマナー?

恋愛

恋人に別れ話をするときは、直接会って伝えるのが正しいと思っている人は意外と多いみたいですね。

付き合ってきた恋人に対して、最後はきちんと直接顔を見て使えるのが人間として最低限のマナーだとか・・。

たしかにそれもわかります。

別れ話をされる側の立場になれば、電話やメールなどで簡単に終わらせようとするのは、誠意を感じないと思うのもわかるのです。

ですが、直接会って別れを告げるのは、すごく気が重いですよね。

それに、もしも別れを受け入れてくれなかった場合のことを考えると、会って話すのはリスクもあります。

もしも泣かれたり、叫ばれたりしたらどうしようって思うと、会わずに終わりたいと思うのが普通じゃないかな。

うん。
もしも逆上されたりすると、すごく怖いよ。

女性の方の意見はこんな感じ。

「別れたくない」って人前で泣かれるのは男も困るよ

すごく罪悪感だよね

考え方は人それぞれですが、別れ話をするのに会わないのはダメな人間のすることなのか、考えてみましょう。

スポンサーリンク

別れ話を直接伝えるリスク

別れ話をするために直接会ってしまったために、とても困る結果になったという経験のある方は少なくありません。

いくつかの問題がありますので、見ていきましょう。

泣かれる

別れ話をして相手に泣かれると、やはりツラい気持ちになりますよね。

泣きながら「別れたくない」とすがりつかれたら、それを振り切るのはとてもツラいですから・・。

付き合っている間にも、泣かれることがあったのなら、別れ話の時には号泣されることも予想できます。

それを突っぱねることができずに、ズルズルと惰性で付き合い続けるケースもあります。

暴れる

もしも2人きりの空間で別れ話をした結果、相手が急に暴れ出すという問題も考えなければいけません。

いつも乱暴な態度をする人なら、2人きりで会うような危険なことはしないと思います。

ですが、今まで穏やかでやさしい人柄だと思っていた人が、急に豹変することだってあります。

「きっと穏やかに話せるはず」と油断してしまうような相手ほど、急に変わるかも知れないので、気を付けないといけないのです。

聞く耳を持たない

どんなに誠実に気持ちを伝えても、別れ話に聞く耳を持たない人もいます。

沈黙を続けたり、他の話題にすり替えたりして、別れ話と直面しないまま聞き流そうとされると、平行線のままです。

相手がきちんと向き合ってくれないと、話が進みません。

馬の耳に念仏という言葉がありますが、まさにそんな感じです。

聞き入れるつもりのない人に対して、どれほど話しても無駄な結果に終わってしまうでしょう。

別れ話を直接伝えるメリット

別れ話を直接会って伝えた方が、きちんとお互いが納得できると考える人もいます。

ですが、前項であげたような危険なことも予想されるので、自分の身の安全が確保できないのなら、無理に会う必要はありません。

穏やかに話し合いをして、お互いの気持ちを確かめ合い、それぞれの将来の幸せを祈りつつ別れるなんて、円満な別れは滅多にありませんから。

ただ、世の中には色んな人がいます。

2人の関係に微妙な空気が流れ始めても、絶対にそれを認めようとせずに、今までと変わらぬ態度で接し続けるような人です。

このような人は、別れ話を持ち出される予感を察知すると、会うのを拒み続けることがあります。

会ってしまえば別れ話を切り出されるとわかっているので、避けることで終わりを告げさせないようにするのです。

会わずに逃げ続けることで、「まだ別れたわけじゃない」と思い込み続けるような人は、自然消滅も通用しないでしょう。

このようなタイプの人との関係をきちんと終わらせるためには、やはり会って話した方がハッキリすると思います。

だたし、第三者を同席させ、人目の多い場所じゃないと危険なので、自分だけで会いに行くのはやめてくださいね。

第三者を同行させてまで直接話そうとするのは、相手にも本気度を示すことになると思います。

スポンサーリンク

会わずに別れた後に起こる問題

直接会って別れ話ができなくても、電話やメールなどで丁寧に使えれば、相手もわかってくれる可能性はあります。

それで終われば、会ってトラブルになるリスクを冒す必要もありませんね。

ですが、顔を見て話していないので、相手がその別れをどう受け止めているのか判断しかねる部分があるでしょう。

もしかしたら、本心では別れたくなくて、強い未練を残しているのに気が付かないまま自分だけは過去のことにしてしまうと、一方的に感情が残ってしまうかも知れません。

その未練に気が付かないまま、別れた恋人と再会してしまうと、トラブルの引き金になることがあるのです。

たとえば、別れた後に借りていたものを返すために会う機会を作ることになると、その時に大きなもめごとが起こる恐れがあります。

直接会って別れるのなら、そのあとに顔を合わせないように準備できます。

それができなくなるので、電話やメールで別れ話をする場合は、そのあとに会うことがないように、後始末をきちんとしておかないといけませんね。

別れ話をする前に、貸し借りを解消しておくべきでしょう。

とくにお金に関しては、貸し借りを残すのはトラブルになる確率が高いので、必ず精算しておくべきです。

こちらが貸しているのであれば、返してもらうかどうか考えて、諦めるのも一つの方法です。

会わずに別れるための準備

別れ話はきちんと会って伝えたい人でも、その時にすんなり別れられなければ困るはずです。

どんなに誠実にすべてを伝えても、相手の気持ちが別れを受け入れなければ、ゴタゴタして、ドロドロします。

会わずに別れなければいけない状況に、陥るかも知れないのです。

そうならないためには、別れを考えた時から少しずつ別れに向けた空気を作ることが必要です。

もう終わりが近いかも知れない・・・と思わせるような空気を作ることで、会わずに別れが伝えられることができれば、静かに終われる可能性があるのではないでしょうか。

まとめ

別れ話はどちらにとっても重苦しいものです。

できることならきちんと会って話すべきでしょうが、怖さを感じている相手には会わないでください。

付き合っている間に恋人の中に怖さを見抜いているので、本能的に会いたくないと思うのでしょう。

そういう直感は無視せずに、会わずに別れられる方法を考えてください。

ひとりだけで解決しようとせずに、信頼できる友達、先輩、家族に相談してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました